観なけりゃよかった   

昨日は、アカデミー作品賞を受賞した「ハート・ロッカー」を観るつもりで、新宿武蔵野館へ行った。
なのに、例によって南口でオタオタしたせいで、初回上映(なんと朝9時半)に間に合わず。
次の回までは時間がありすぎるし、かといって、そのまま帰るのもシャクだ。
で、10時から上映の韓国映画「渇き」を観ることにした。

まぁ、これが、なんとも酷い映画だった。
吸血鬼の映画だとは思わなかったよ(トホホ)
吸血鬼だから、当然赤ワインに似た液体を渇望するわけで、「渇き」って、そういう意味だったのね。騙された。

ストーリーをなぞるのもおぞましいけど、ちょっと知りたいでしょ?(笑)
主人公は、ありふれた風貌の神父。アフリカの怪しげな研究所に行き、自ら望んでワクチン開発の実験台になる。
この人体実験からして、身の毛もよだつホラーの世界だ。顔中に水泡が出来、大量の血を吐いて死んだかに見えたが、輸血で生き返る。
だが、この輸血のせいで神父はバンパイアとなってしまう。

神父と恋に落ちた人妻も、やがてバンパイアに変貌を遂げる。
それも、神父よりずっと過激で元気なバンパイアだ。
なぜなら、神父は神に仕える身であるから、人を殺めるのをよしとしない。
寝たきりの病人や自殺者の血液を調達する。
一方、信仰心のない人妻は、生命力のある人間を殺害して血を吸う。
抑圧された哀れな人妻に見えたが、実はスゴイ女。

a0108328_18384981.jpg
← バンパイアの二人。
二人が選ぶ道は他にはないでしょうね。悲惨だが、そう思えるラストです。

一言でいうと、グロ。絶対お勧めしません!
しばらく、赤ワインが飲めなくなります。




a0108328_18392162.jpg帰りにデパートに寄って、夫へのプレゼントを買った。
実は、明日がン歳の誕生日。
いろいろ見たけど、結局平凡で実用的な品になっちゃうのよね。
その裏には、古妻のたくらみが潜んでいる。
絶対ムダにはさせまいぞ~。
[PR]

by masayama-chan | 2010-03-19 18:47 | 映画三昧 | Comments(4)

Commented by としちゃん at 2010-03-19 21:50 x
マサさんでも、失敗映画を見ることがあるのね。私も吸血鬼の映画はちょっとごめんだわ。よくこんなストーリーを考えるものね。

すぐやる課長さん、明日がお誕生日なんですか。学年で最後のほうですよね。プレゼント2つも買っちゃったんですか? 7月のお返しが楽しみね。
Commented by 真蘭 at 2010-03-19 23:12 x
妻のたくらみが潜んでいる!
何だろうと首をひねっていたのですが、
としちゃんのコメントで、「そっか」です。

でも、プレゼントの中身は?
これも何だろうと想像しているわ。

プレゼントの包装紙、はずして!
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2010-03-20 16:38 x
そうなのよ。選んでみているつもりなので、「見なけりゃよかった」という映画はほとんどないんだけどね。この日は、予定が狂って急遽変更したから、事前に調べてなかったの。それにしてもダークな作品だったわ。

としちゃん、ふたつじゃないのよ。袋から出して写したの(汗)
Commented by 真蘭さんへ(マサ) at 2010-03-20 16:47 x
真蘭さん、妻のたくらみは、もっとタチが悪いの。
使ってもらわないとムダになるから、どうせ買わなきゃいけないようなものをプレゼントするの。あ~、所帯じみているでしょ(汗)

プレゼントの中身は、あまりにありふれていて、言うのも恥ずかしいのだけど、シャツとネクタイ。つまらないでしょ(苦笑)
さすがにフツーのワイシャツではつまらないから、ストライプの地に襟とカフスが白いのにしたわ。
たぶん、似合わないと思うけど(笑)

<< 誕生日でした~♪ 久々のパーマ >>