あの夏の子供たち   

「さよならパリ。父の匂いをこの街に残して、私たちは歩いていく」

a0108328_20432922.jpg
久々に、吉祥寺へ行った。
向かったのは、バウスシアター。
夏休みだというのに、観客は6人(寂しい)
確かに地味な映画ではあったけど。



     パリを舞台に家族の悲劇と再生を描いた、「あの夏の子供たち」
a0108328_20434820.jpg

映画プロデューサーとして精力的に働き、家族思いだった男が、突然自らの命を絶つ。
悲しみにうちひしがれる妻と3人の娘たちに残されたのは、多額の借金と未完成のフィルム。

片時も携帯電話を離さないプロデューサーの男は、一見エネルギッシュで陽気で軽くて、いかにも業界人といった感じ。
でも、多額の借金を重ね資金繰りが立ち行かなくなる中で、自らの頭に銃弾を放つ。

放漫経営の挙句、家族や仲間に難題を残して逝くなんて、無責任な行動としか私には思えないが、作り手の眼差しはどこまでもやさしい。

「パパは人生を降りた。私たちを残して」と、悲しむ娘に、妻は言う。
「死は人生の数あるできごとのひとつ。パパの愛の深さを忘れないで」と。

妻は夫の思いを継ごうと会社の建て直しを計るが、借金が魔法のように消えてくれるわけではない。
「エッ?これで終りなの」と拍子抜けするくらい、淡々としたラスト。
そして、エンドロールに流れる曲は、「ケ・セラ・セラ」
「なるようになるわ、先のことなど分からない~♪」
うん、なるほどね。残された女たちは、きっとたくましく生きていくことでしょう。


*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜・*.♪。★*・゜・*♪*.♪。

サンロードを歩いていると、お買い得品が目につく。さすが、若者の街。
輪島塗(本当かあやしいが)のお箸90円。靴下100円。
ドラッグストアーが多くて化粧品が安いので、いっぱい買ってしまったよ。
[PR]

by masayama-chan | 2010-08-06 20:52 | 映画三昧 | Comments(14)

Commented by としちゃん at 2010-08-06 21:02 x
えー、お客さんがたった6人ですか。それでは劇場は寒いわね。
3人の娘を残して死んでしまったの?
残された奥さんは次の男を見つけるのかしら。
この映画の原題を知りたいわ。きっと邦題と違うような気がするの。
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2010-08-07 15:57 x
原題は、「Le Père de mes enfants」(私の子供たちの、父親)
父親を思いっきり省いちゃったわね。
「夏」は特に意味はないような気がするけど、父親と過ごした楽しかった時期は、例えれば夏なのかしら。
この映画には、モデルがいるそうです。そうあり得なくはないストーリーですものね。先週観た「インセプション」と比べたら、もうドキュメンタリーみたいなものです。
Commented by としちゃん at 2010-08-08 07:03 x
マサさんへは申し訳ないのだけれど、ひょっこりさんへの伝言板として使わせてもらいますね。
ひょっこりさん、コメントしても「拒否されています」というエラー表示が出て、受け付けてくれないの。
テンプレートを変えた時に、何か設定も変えたのかしら? えーん、拒否されて悲しいよ~。マサさんのコメントはOKのようなので、私からも載せられるようにしてくださいね。
マサさん、原題、ありがとう。
場所をお借りしてごめんね。
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2010-08-08 13:33 x
えっ~、そうなんですか。
ひょっこりさんも私と同じエキサイトブログなんですけど、最近いやらしい迷惑コメントが多いんですよね。それで、テンプレートを変えたとき、なにかしたのかな~。
ひょっこりさ~ん、そういうわけで、としちゃんのコメント、よろしくね~。
Commented by さと at 2010-08-08 16:19 x
6人の観客って寂しいですね~
金曜日に写真教室で先生がフランス映画を見たとかおっしゃってたのはこの映画かな?
というのは私の写真で前をぼかした写真をみて先生がそのフランス映画はこんな映像が多かったとか・・言ってました。
へぇ~何と言うタイトルか知りたかったんだけど聞きそびれました。

でもケセラセラの気持ちも確かに必要かもね。
私も落ち込んだり蘇ったり・・・(苦笑)
Commented by hyokkorijima at 2010-08-08 18:18
 マサさん、相変わらず玄人受けする映画をご覧になってますね~。採算度外視でさまざまな映画を上映するのがバウスの良さなのかな?そおいう映画館も必要ですよ。西島秀○さんも出没するんですよね(笑)

 ところで、としちゃんコメントの件、ごめんなさい。
せっかく来てくださったのに・・・。あの~基本背景は変えましたが、あとは何もいじってないのよ。確かにエロコメントに辟易しているのだけれど、お客さんを選別する方法を知らないので、入ってしまったらその時点で削除してるだけ。よって私は無実?です(汗)
 なしてだろう?また入らなかったら甥っ子に聞いてみますから。本当にごめんなさい。
Commented by としちゃん at 2010-08-08 19:16 x
ひょっこりさんへ
たしかにひょっこりさんのブログにはHコメントがよく来るわよね。それで設定を厳しくしたのかなと思ったの。今回のブログにはコメント入れたかったのだけど、拒否されて残念でした。またトライしてみるわね。
Commented by さとさんへ(マサ) at 2010-08-08 20:04 x
フランス映画ね、何だろう~。写真の先生だから、映像にも敏感なんでしょうね。派手なハリウッド映画より、人生のほろ苦さや男女の機微を描いたフランス映画の方が私は好きです。

例(?)のひょっこりさんが観たときは3人だったというから、6人はまだいいほうかしら。
つぶれないように、せっせと通わなきゃね(笑)
Commented by ひょっこりさんへ(マサ) at 2010-08-08 20:14 x
そうそう、西島さんがいないか、キョロキョロ探したわ。ついでに、ひょっこりさんも(笑)
ここの上映作品は、支配人の趣味もあると思うのね。そういう意味では、下高井戸シネマも同じ。
吉祥寺バウス&下高井戸シネマ、万歳!
どうでもいいことだけど、吉祥寺バウスと新宿武蔵野館は親戚だと思うの。上映作品の傾向が似ているし、同じ特集をやっているからね。ホントにどうでもいい話でした(汗)

私もね、来る人を選別するなんて高度なことをひょっこりさんがするかなぁ~って思ったのよ(失礼)
どうなってんのかしらね。
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2010-08-08 20:17 x
としちゃん、そういうことです。
う~ん、よくわからないですね~。どうしたんでしょうね。
とりあえず伝言版として、この欄をバンバン使ってくださいませ。
Commented by hyokkorijima at 2010-08-10 18:45
 マサさんへ・・・ひと言だけ。う、うるせ~や~い(大笑い)
Commented by ひょっこりさんへ(マサ) at 2010-08-10 20:35 x
ふふふ、失礼しました。
エキサイトブログに聞いてみる?

そういえば、私のパソコンから長女の携帯にはメールが送れません。怪しいアドレスと認識されているみたいなの。
パソコンは、時どき不可解な動きをしますよね。
Commented by としちゃん at 2010-08-10 20:39 x
マサさん、ひょっこりさん、いろいろとお手数をおかけしています。職場のPCからはコメントができたので、自宅のPCと何か不具合があるんでしょうね。

マサさん、長女さんの携帯の設定を変えてもらったら?
PCメールを受け付けないようになっているのだと思うわよ。それは簡単に変えられますよ。
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2010-08-10 21:00 x
それがね、娘は、「ふ~ん、私は別に何もしていないけど」というの。
まぁ私も、PCから携帯は読みにくいから、PCメールは出来ればPCへ送ってほしいかな。逆も同様よね。

<< 検診 ロール >>