「瞳の奥の秘密」   

土曜日。新宿武蔵野館で、「瞳の奥の秘密」を観てきた。
「悪人」を観たかったけど、公開初日の土曜日とあっては混んでいるに違いない。
で、師匠お奨めのアルゼンチン映画にした。
今年のアカデミー賞外国語映画賞に輝いた作品だ。

素晴らしい映画だった。オスカーを獲ったのも肯ける。
緻密なサスペンスドラマであり、上質な恋愛映画であり、私の中では今年のベストワン!!

a0108328_1829895.jpg刑事裁判所を定年退職した男が主人公。
彼は退職を機に、25年前の未解決殺人事件をモチーフに小説を書き始める。
(この国の司法制度がわからないのだが、裁判所の職員が刑事のようなこともする)

過去と現在が交錯する中で、浮かび上がるのは、ある女性への変わらぬ思い。
女性は25年前、彼の上司として裁判所に赴任してきた。
事件の真相を追ううちに、ふたりは互いに惹かれあう。
でも、言葉にできない。態度に示せない。
あるとき、女は男に精一杯の気持ちをぶつける。
「いくじなし!」

この言葉に秘めた女心が切ないが、大人の私には男の気持ちもわかる。
女は、アメリカの名門大学を卒業し法学博士の肩書きを持つ若きエリート。
男は女の部下であり、有能で辣腕だが高卒の事務官だ。

25年という時を経て、事件は衝撃的!な結末を見せる。
一方、男と女はこれからどうなるのだろう。
「手強いわよ」の女の言葉で、扉が閉まる。

紛れもなく大人のラブストーリーだ。
[PR]

by masayama-chan | 2010-09-13 18:33 | 映画三昧 | Comments(2)

Commented by としちゃん at 2010-09-14 19:20 x
ほー、辛口映画評論のマサさんがベストワンと言う映画なのね。上質の恋愛映画ですか、興味ありますね。
それにしてもこの邦題、何とかならないのでしょうか。
気恥ずかしいわ。オリジナルは何なのでしょう。
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2010-09-15 20:01 x
原題は、「THE SECRET IN THEIR EYES」、らしいです。
犯罪加害者のみならず、被害者の夫も何かを隠しているかのような揺れる眼差し。
あちらの人は目が大きいから、主人公の男女にしても、目がすべてを物語っている感じなの。
陳腐なタイトルに思えるかもしれないけど、まぁ許せるかなぁ~。

<< 「悪人」 今宵は映画音楽~♪ >>