「僕と妻の1778の物語」   

皇后さまもご覧になったという「僕と妻の1778の物語」を、昨日、府中のTOHOシネマズで観てきた。
a0108328_17553317.jpg


その3日前には、同じ映画館で「いぬのえいが」を観たのだけど、実は、「僕と妻」とどっちにしようか、迷ったのね。
でも、日曜日だし、「僕と妻」はカップルが多そうな気がして(それがどうした!)、やめたわけ。

「僕と妻の1778の物語」は、SF作家の眉村卓氏とその妻の実話がベースになっている。
夫婦役は、草なぎ剛と竹内結子。

末期ガンで余命1年と宣告された妻のために、作家である夫は1日1篇の短編を書く。
毎日欠かさず書き続ける。たったひとりの読者に笑ってもらうために。
それが、1778日続いた。
日記でも、エッセイでもなく、小説というところが、さすが作家よね。

100%夫婦愛の話である。
こんなにも妻思いの優しい夫が、世の中にはいるのだろうか。
妻もまた、自分のことより残していく夫のことを最期まで気遣っている。

草なぎくんは、優しく穏やかで、どこか浮世離れしたSF作家の役にピッタリ。
でも、ちょっと思ったのだけど、もし彼がSMAPのメンバーでなかったら、果たして映画の主役を張れるんだろうか。
特に美形というわけではなし、棒読みと言ってしまえば棒読みだし(汗)
まぁ、セリフを棒読みという点では、仲良しの香取○吾もいい勝負ではあるけれど。
SMAPの5人の中で、SMAP(超アイドル)という肩書きがなくても役者として成立するのは、稲垣○郎だけ!、と私は思うのである。
なぜなら、フツーに脇役が出来るから。

話が逸れました。
とにかく、最後は、涙、涙。
最近感動して泣いたことないなぁ~って思われてる方には、お奨めです。


a0108328_17561359.jpg
映画のあとは、「けんちんそば」
体が温まった。

「映画&美味しいお蕎麦」が、私のささやかな楽しみのひとつかな。
 
[PR]

by masayama-chan | 2011-01-27 18:03 | 映画三昧 | Comments(6)

Commented by としちゃん at 2011-01-27 21:39 x
マサさん、映画って一度見ると次々に見てしまうものなんですね。私は最近はご無沙汰していますけれど。
草なぎくんと竹内結子ですか、なんだか想像できますね。
私も稲垣吾郎が一番役者だなと思いますね。
Commented by しいの実 at 2011-01-28 14:02 x
マサさん、お久しぶりです。コメントはなかなか書けませんが、いつもブログは見ています。私も、先週この映画を見ました。アース以来だから何年ぶりかしら。いつも免許証は持っていますが見せろとは言われませんでしたよ。いいんだか悪いんだか。
感動はしたけれど涙は出ませんでした。途中少し寝てしまいましたし。
SMAPの中ではくさなぎクンが一番好きです。好青年という感じで好感が持てますね。私もこの役にピッタリだと思いました。
またいい映画があったら教えてね。
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2011-01-28 17:53 x
としちゃん、近江の国ではなかったんでしたっけ?帰って早速コメントをくださったのかしら。ありがとうございます。
この映画、調布パルコでも上映しているんです。でも、府中のTOHOの方が席がゆったりしていて落ち着いて見られるんですよね。
草なぎクンと竹内結子は、何年か前に「黄泉がえり」で共演していますよね。
ふたりには、あれからいろいろありましたね。何の話やら(笑)
Commented by しいの実さんへ(マサ) at 2011-01-28 18:03 x
まぁ、しいの実さん、本当にお久しぶりです。お元気でした?
フフフ、私の場合、これまで年齢証明を求められたのは、新宿バルト9だけです。顔パスで通るのも、なんだかちょっと寂しいよね(苦笑)

そうそう、映画の中盤あたりで高いびきをかいている人がいましたよ。女性でした。しいの実さんじゃなかったわよね?(笑)

しいの実さんは、どんな映画が好きなのかしら?
私は重い文芸ものが一番好きだから、お役に立てないかもしれないけど、観てきた映画はかかさずUPするつもりです。
Commented by さと at 2011-01-31 22:07 x
私もこの映画気になってます!
草なぎ君はこういう役はいいんじゃないかと勝手に思ってますが〜
スマップのメンバーはみんなが個性豊かなので素晴らしいと思ってますが役者としては稲垣君なのね。
あまり目立たないけどいい演技をするのかしらね。
冬は忙しくて映画も見る時間がとれないけど良さそうなものはぜひ見たいわ。
教えてね♪
Commented by さとさんへ(マサ) at 2011-02-01 18:37 x
さとさん、役者としては五郎ちゃんというのは、あくまで私の偏見と独断に基づく意見ですので、どうか参考になさいませんように(汗)
それに、私は特に五郎ちゃんのファンでもなんでもないのよね。
草なぎクンは適役でしたよ。素なのか演技なのか、わからないところが役者としては魅力なのかも。
すすり泣きも、大イビキも聞こえた映画でした(笑)

<< 「相棒-劇場版Ⅱ」 いぬのえいが >>