ゴミの分別(貝殻の場合)   

このところアサリをよく食べる。今が旬ということだ。
我が家では酒蒸しにして、酒のつまみにする。そして、殻がたくさん出る。
殻は生ゴミ(燃えるゴミ)として出していたが、きのう夕飯の後片付けをしながら、ふと思った。
「これ、燃えるんだろうか。ひょっとして、燃えないゴミ?」

気になったので、今日早速、市役所の担当部署に電話して聞いてみた。
「あの~、つかぬ事をお伺いしますが、アサリの殻は生ゴミと一緒に出していいんでしょうか」(恐る恐る切り出す)
「はい、燃えるゴミで出してください」(即答)

「はぁ、じゃあ、牡蠣の殻も燃えるゴミでいいんですか」
「はい、燃えるゴミで出してください」
「ふ~ん、じゃあ、ホタテの殻も同じですよね」(しつこいマサ)
「はい。燃えるゴミでお願いします」

「でも、燃えないですよね」
とは、この私に限って言えるはずがなく、
「わかりました。ありがとうございました」

あ~、スッキリした。
そして、今までの分別が間違っていなくて、ホッとした。小心者よ(笑)


a0108328_16251172.jpg
  よく通り抜けする大学構内の花壇。
  赤、白、黄色のチューリップが、
  新入生を歓迎しているかのようだ。
[PR]

by masayama-chan | 2011-04-18 16:31 | Comments(2)

Commented by としちゃん at 2011-04-18 21:07 x
マサさん、うちは生ごみは電気の焼却器(?)で粉砕してカサを小さくしてから燃えるゴミとして出しているんですけれど、この器械、実は貝殻は混ぜてはだめなんですよ。それで貝の酒蒸しとかすると分けるのが面倒なの。
骨付きの肉とかもっと固いものでもOKなのに、貝殻だけはだめらしいの。
それにしても市役所に問い合わせをするなんて偉いわね。
チューリップ、私の大学でもきれいに咲いていますよ。
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2011-04-19 18:52 x
へぇ~、生ゴミの焼却器ってあるんですか。
私は、よく水気を切るぐらいだけど、そこまでやるとしちゃんの方こそ、偉いわ。
私としては、貝殻は燃えないゴミとして埋めてもいいんじゃないかと思うのよね。アサリの殻はともかく、牡蠣やホタテの殻は大きくて硬くて、絶対に燃えないと思うもの。
そうしたら、いずれ貝塚になるでしょ??

桜とチューリップは、どの学校にもたいていありますよね。

<< 金澤翔子展 「心と体にプラスワン!」 >>