ステキな金縛り   

このところ映画を見る気分になれないでいたが、今日は気分転換を兼ねて、久々に府中の映画館まで足を運んだ。


a0108328_23473166.jpg
見たのは、もちろん?あの作品。
笑えること間違いなしの、三谷幸喜脚本・監督、「ステキな金縛り」

とある殺人事件。
被告人は無罪を主張するが、アリバイの証人はただひとり、落ち武者の幽霊。
まあなんとも現実離れした、奇想天外な話であることよ。



主役の弁護士役に深津絵里、落ち武者に西田敏行。
脇を固める俳優陣も超豪華。
弁護士事務所のボスの阿部寛や、敏腕検事の中井貴一はともかく、佐藤浩市や唐沢寿明が、ほんのチョイ役で出ているの。

う~ん、確かに笑えたけど(大真面目な中井貴一が可笑しい)、期待ほどではなかった。
私としては、前作や前々作の方が笑えたし、どちらかといえば初期の「ラヂオの時間」や「みんなの家」のほうが好き。
出演陣はどんどんゴージャスになっていくけど、内容は架空の度合いが増し、どうなんでしょう。
でも笑いのツボは人それぞれなので、「最高に可笑しい!」という人もいるでしょう。
笑いに元気をもらいたい人は、どうぞ映画館に足を運んでみてください。

*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜・*.♪。★*・゜・*♪*.♪。

ところで、今日11月22日は、「いい夫婦の日」だそうです。
こういうのって、大きなお世話だわ(笑)
[PR]

by masayama-chan | 2011-11-22 23:52 | 映画三昧 | Comments(3)

Commented by としちゃん at 2011-11-24 21:09 x
マサさん、私も「ラヂオの時間」や「みんなの家」のほうが好きですね。最近のは有名俳優さんがゴマンと出てくるのに、なんとなく面白くないというか・・・。
A新聞では毎週、三谷さんのエッセイが掲載されているのですが、それも最近はちょっと鼻につく感じもしないでもないですね。
まあ、あれだけたくさん脚本を書けば、いつもいつもすごく面白いということにもならないでしょうが。

今朝、うちのだんなが朝イチで「1911」を見にいったら、300人くらいの劇場にたった5人しかお客がいなかったとかで貸し切り状態だったらしいですよ。平日の朝ならうんと安くしてもらいたいわね。
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2011-11-26 16:49 x
「1911」は、見応えのある作品だと思うけど、5人ですか。いくら平日とはいえ、5人は寂しいですね。
もっと沢山の人に見て欲しい映画ですものね。私も、できれば夫を誘って(たぶん夫好みだと思うから)見に行きたいと思っています。まぁ、カレの時間が許せばですが。

「金縛り」は、火曜日の朝9時20分の回で見たのだけど、30人ぐらいはいましたよ。
なにしろ、大ヒット上映中ということですから(笑)
Commented at 2012-07-26 22:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 日本みつばち みしらず柿と、悲しい出来事と >>