ヒミズ   

昨日、新宿バルト9で今年初めてとなる映画を観てきた。
園子温監督の「ヒミズ」
主演の2人が、ベネチア国際映画祭で新人俳優賞を受賞して話題となった作品だ。
a0108328_23543133.jpg

大震災後の被災地が舞台。
主人公は、住田佑一(染谷将太)、中学3年生。
家は川辺の貸しボート屋。彼の境遇はかなり悲惨だ。
自堕落な母親は男と駆け落ちし、たまに帰ってくる父親は、「お前なんか死ねばよかったんだ」と暴言を吐き、暴力をふるう。
彼の希望は、誰にも迷惑をかけずに普通に生きることなのに。

クラスメートの茶沢景子(二階堂ふみ)は、住田に恋し、まとわりつく。
邪見にされ疎ましがられてもめげない。
彼女もまた、母親の奇怪?な虐待に苦しめられていた。
ある日、父親の激しい暴力に耐えかね、住田は衝動的に父親を殺してしまう。普通に生きたかったのに。

原作がコミックとあって、登場人物のキャラが際立つ。
暴力シーンも多く、若い2人は頬を引っ叩きあうのがまるで会話のよう。
正直ついていけない部分も多かった。
でも、後味は悪くない。とことん悲惨な話なのに、暗くはない。
若い2人の、荒々しく、ほとばしるような生命体に圧倒されたか。

染谷将太クンは、新人俳優賞受賞も納得の演技。というか、演じているとは思えないほどの自然さ。
二階堂ふみさんは熱演だけど、高校の文化祭で精一杯大声を張り上げ頑張っている感じかな。
雰囲気が宮崎あおいさんにちょっと似ている。

ところで、「ヒミズ」とはモグラの一種とのこと。
映画を見る前は何のことだろうと思っていたけど、言われてみれば、なるほどね。
「日見不」(日を見ず)
[PR]

by masayama-chan | 2012-01-26 23:58 | 映画三昧 | Comments(5)

Commented by としちゃん at 2012-01-27 16:13 x
へー、ヒミズはモグラのことだったの!
何の意味かなと思っていました。
今年初の映画がマサさん好みだったようで、よかったですね。
私は「3丁目の夕日、64」を見たいのだけれど、3Dってどんなののかな?
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2012-01-27 16:52 x
私も、「変わったタイトルだな」と思っていたけど、モグラだったのよね。主人公の住田がそんな話をする場面があって、「なるほどね~」と思ったわ。住田は自分のことを、日の当たらない人生を生きるヒミズだと思っていたのでしょう。

3Dといえば、おととし?「アバター」を見ました。
立体画面は迫力があるけど、疲れますね。
私は、レオ様の「J・エドガー」を観たいと思っているの。
Commented by さと at 2012-01-28 09:13 x
ヒミズって知らなかったわ。
ひとつ勉強になったけどこの頃すぐに忘れて悲しい限り(泣)覚えておけばいいけど。。。
マサさん好みの映画ですね。
このところ忙しくておまけにスキーシーズンでしょう。
映画に頭が回ってなかったわ。
またお奨め映画がありましたら教えてね!
Commented by さとさんへ(マサ) at 2012-01-28 20:55 x
この映画は、100%さとさん向きの映画ではありませんので、できたら見ないことをお勧めします(笑)
今は、いろいろお忙しいでしょうけど、落ち着いたらお二人で楽しんでくださいませ。
としちゃんが観たいといっている「3丁目の夕日」はお勧めだわ。
懐かしい時代を共有したご主人とは、見終わったあとの話も弾むことでしょう。
Commented at 2012-07-26 22:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 赤ちゃんの絵本 海路 >>