「J・エドガー」   

クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演の「J・エドガー」
見逃すわけにはいきません!

FBI(アメリカ連邦捜査局)の初代長官を務めたジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記映画だ。
a0108328_19505124.jpg


1924年に長官に任命され、72年に他界するまで、半世紀近くに渡り長官として君臨したJ・エドガー。
その間、カルビン・クーリッジからリチャード・ニクソンまで、8人の大統領に仕えた。
私には馴染みのない人物だが、アメリカでは知らぬ者はいない伝説の男に違いない。

科学捜査の基礎を確立し、犯罪者の指紋管理システムを構築し、FBIを犯罪撲滅のための巨大組織へと発展させた。
国家を思い国家を守るという強い信念を持った男だ。
その一方で、他人の手柄を自分のものとし、大統領の私生活(秘密の!)を盗聴する。
巨大な権力を握るためには手段を択ばない醜悪な面も併せ持った男だ。
正義か悪か、英雄か権力亡者か。
謎に満ちた男の半生を、ディカプリオが見事に演じている。

晩年のJ・エドガー・フーバー。
レオが演じて違和感がないことに逆にショックを受けた。
あのタイタニックの美しい青年も、歳を取ったら実際こうなっちゃうのかと。まさか。
a0108328_19522121.jpg



左は、部下(副長官)のクライド・トルソン。
a0108328_19525527.jpg

仕事の片腕であり、生涯の伴侶だった。
「必ず1日1回、ランチかディナーを共にする」というトルソンの申し出を、フーバーは受ける。
「強い男と美しい男は、男を好きになる傾向がある」というのが、私の独断と偏見に満ちた持論です。


  晩年のフーバーとトルソン。
  ここまで来ると、なんだか微笑ましい。
a0108328_19533694.jpg

衰えたトルソンに、フーバーは「はっきりと話せ。何を言ってるのかわからん」となじりながらも、思いやっている。
2人は死ぬまで愛を貫いた。

レオの演技は、これまでの作品の中で一番だと思ったけど、オスカーにはノミネートされなかった。どうして?納得できません!!
まさか、FBIから横やりが入ったんじゃないでしょうね??
[PR]

by masayama-chan | 2012-02-01 20:01 | 映画三昧 | Comments(3)

Commented by としちゃん at 2012-02-02 18:25 x
ふーむ、今回は本格的な大型映画ですね。

アメリカではこのように実在の人物を映画化することが多いですね。戦前から戦後まで活躍した人なのね。

ほんと、デカプリオもこういう役どころをするようになったのは時の流れを感じるわね。
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2012-02-04 16:41 x
1924年から72年までって、戦争をはさんで相当長い年月ですよね。その長い期間、権力を維持することができたのは、ホントに凄いこと。きれいごとばかりでは務まりません!

マザコンで女装癖があり同性愛者、謎に満ちたダークな権力者は、美しい青年役より、はるかにやりがいがあると思うわ。
Commented at 2012-07-26 22:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 一周忌 赤ちゃんの絵本 >>