「そこのみにて光輝く」   

おととい、テアトル新宿で「そこのみにて光輝く」を観た。
41歳で自ら命を絶った佐藤泰志の唯一の長編小説の映画化だ。

函館の一夏が舞台。
ある出来事から仕事を辞め、人生の目的を失ったかのように無気力に暮らす達夫(綾野剛)。
ある日、パチンコ屋で妙に人懐っこい拓児(菅田将暉)と出会って、誘われるまま拓児の家に行く。
粗末なバラックには、脳梗塞で寝たきりの父親、その世話に疲れたような母親、そして姉の千夏(池脇千鶴)がいた。
どこか人生を諦めたかのような千夏に達夫は惹かれる。
最初は達夫を拒んでいた千夏も、次第に彼の一途さに心を許し、彼を愛するようになる。

達夫が仕事を辞めた理由が次第に明らかになって行く。
千夏の哀しい現実も。
寝たきりでも性本能は衰えず、うめき続ける父親。千夏に頼りっきりの母親。事件を起こし仮釈放中の弟。
彼女は、昼は水産加工会社で働き、夜は8000円で体を売っている。不倫相手からは執拗に迫られ、ときには父親の欲求を満たしてやる。
今どきありえないような、不幸を絵に描いたような女だ。
逃げたくても、家族を置いてはいけない。背負っているものが、あまりに重い。
それでも、達夫と生きることを夢見たのに、事件が起きてしまう……。

ラストの、光あふれる海辺のシーンが美しい。
そこだけにしか生きられない人にも、そこにだけ輝く光があるのだろう。

a0108328_20224439.jpg


綾野剛にしても池脇千鶴にしても、この役は彼ら以外には考えられない。そのくらいピッタリはまっている。
池脇千鶴の弟役の菅田将暉は、朝ドラ「ごちそうさん」で杏の長男を演じた俳優ですよね。
「ごちそうさん」では好青年を演じていたけど、今回は粗野で思慮に欠けるチンピラ風。
「共喰い」では、男子高校生を瑞々しく&生々しく演じていた。
作品ごとに違った顔を見せる。

a0108328_22551354.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2014-05-15 20:24 | 映画三昧 | Comments(4)

Commented by としちゃん at 2014-05-16 06:36 x
この前、伊勢丹に行ったとき、この映画のミニ上映(?)をしているコーナーがありました。若い女性がキャーキャー言って綾野剛のポスターを必死になって写していました。
私は横目で眺めていただけでしたが、辛そうな映画だなと思いましたね。音楽もなんだか寂しそうで。この原作者の方、自殺されたんですか。そんな雰囲気も漂っていましたね。
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2014-05-16 13:58 x
原作者のことは知らなかったのだけど、何度も芥川賞の候補になっては落選を繰り返していたそうです。
亡くなって20年以上になるけど、その作品が最近になって注目を浴び相次いで映画化されているとか。
時代の先を行き過ぎていたのかもしれませんね。

綾野剛の人気の割には、映画館は空いていたわ。
初めてのテアトル新宿に迷わずに行けたのがなにより嬉しい。やったぁ~!(笑)
Commented by ひょっこり at 2014-05-19 00:10 x
 マサさん暫くです。ブログを閉店してしまうとなかなかPCを開かなくなってしまって・・私って生来怠け者なのだなと呆れています(汗)
 Tラちゃんは夏仕様の髪型でお目目のクリクリした表情がとても可愛いわ。お母様もお元気で羨ましい。旅行ができるなんていいなあ~。 実は大型連休前母を半年ぶりに2週間預かり、連休はずっと仕事。五月晴れでもどこにも出かけられない母の相手と無愛想な夫、そして仕事家事三昧の日々にチックと潰瘍性大腸炎になりました。 予測はしてたんですけど・・・。
 うっぷんをペンでぶつければ救われるかと思いつつも、夜はぐったりぶつけるひとかけらの元気も残ってません(泣)
 
 としちゃんのブログもだいぶご無沙汰しちゃっているなあ~。
 どこから入っていけるかしら? 今、娘に励まされ少し治癒中のひょっこり・・・近況でした。
Commented by ひょっこりさんへ(マサ) at 2014-05-20 16:54 x
ひょっこりさん、お久しぶり~。そして、コメントありがとう♪
お母さま、もう帰られたんですね。お疲れさまでした!
たくさんお話されて(たぶん)、親孝行できたことだろうと思います。
私は、実家へ行くと母のお喋りに30分で帰りたくなります。でも、一週間顔を見ないと気になるのよね。親子ってそんなものかも。
我儘でうるさくても孫は違うぞ(笑)

週末はたいてい子守りなので(娘の夜勤のため)、私もこの期間はパソコンを開く余裕がありません。時間的にも、気持ちの上でも。
ブログってヒマ人のやるものなのね(苦笑)

体調は、回復しましたか。励ましてくれるお嬢さんがいて心強いですね。
私もなんだかんだと雑事に追われるばかりの日々だけど(ホントです?)、新緑を眺めると生命力を感じて少しばかり前向きになれます。
ひょっこりさんにも、元気を与えてくれることを願っていますね。


<< 「野のなななのか」 母の日 >>