「あの日の声を探して」   

連休の一日、娘と映画を観に行った。
新宿武蔵野館で上映中の、「あの日の声を探して」

a0108328_1653153.jpg

娘とふたりで映画を観るのは久しぶり。

独立を求めるチェチェン共和国にロシアが軍事侵攻した第二次チェチェン紛争が背景だ。
1999年のチェチェン。ロシア軍に両親を殺された9歳の少年ハジは、赤ん坊の弟を連れて逃げるが、途中で民家の前に置き去りにしてしまう。
両親が殺されたショックと、小さな弟を置き去りにした自責の念から声を失ってしまったハジ。
収容された施設を飛び出してさまよっていたところを、EU職員のフランス人女性キャロルに声をかけられ一緒に暮らすようになる。

並行して、ロシア軍に強制入隊させられた19歳の青年コーリャが描かれる。
軍隊内部の理不尽な暴力に、次第に人間性を失っていくコーリャ。

ハジとコーリャとの間には接点はない。
ハジの結末に救いがあることに対し、陽気で無邪気な若者だったコーリャが非情な兵士に変貌を遂げるラストは、戦争の残酷さを見せつけ心が凍る。

キャロルがEUの会議場でチェチェンの実情を必死に報告する場面が印象的だ。
各国の委員の反応は冷たい。関心を示さない。
かくいう私も、チェチェン紛争には関心がなかったというか、よく知らなかった。
無関心も無知も、また罪なのだろう。

チェチェンの風景や人々の様子は、まるでドキュメンタリー映画をみているよう。
感動的な場面もあるが、教えられることの多い作品だった。


新宿武蔵野館には久々に行ったが、座席がネット予約できるようになっていてビックリ。
以前は早めに行って、整理券(番号札)を貰っていたのにね。
それはそれで懐かしい。
[PR]

by masayama-chan | 2015-05-09 16:57 | 映画三昧 | Comments(0)

<< 「ユトリロとヴァラドン 母と子... 四十九日 >>