「クリーピー 偽りの隣人」   

昨日、府中の映画館で「クリーピー 偽りの隣人」を観た。
想像以上に、気持ちの悪い映画だった。

a0108328_1514948.jpg


犯罪心理学者の高倉(西島秀俊)は、元捜査一課の刑事。
ある出来事をきっかけに刑事を辞め、大学で教鞭をとっている。
刑事時代の後輩・野上(東出昌大)から、6年前の一家失踪事件の分析を頼まれ、好奇心から深入りしていく。
一家失踪事件では、長女・早紀(川口春奈)がひとりだけ残された。
彼女から当時の記憶を引き出そうとするも、なかなか核心にはたどり着けない。
一方、高倉と妻(竹内結子)が引っ越した新居の隣人は、どこか変だった。

香川照之が演じる隣人・西野が実に不気味だ。
捉えどころのない言動に、恐怖がじわじわと押し寄せる。
ある日、西野の娘・澪の言葉に、高倉は愕然とする。
「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」

不気味な隣人と、6年前に起った一家失踪事件との間に接点はあるのか。
ネタばれになるのであまり書けないが、隣人・西野の家は恐怖の館だ。
鉄製の扉の向こうで広げられる、クレイジーで猟奇的な光景には身の毛もよだつ。
その恐ろしい世界に、高倉の愛する妻・康子もいつしか堕ちていた。
まさに驚愕のサイコスリラー。

香川照之が、狂気に満ちたサイコパスを怪演している。
あまりの不気味さに途中で席を立とうと思ったほど、すごい。
その一方、東出昌大の棒セリフは、どうなの?
警察の無能ぶりにもイライラさせられる。

精神衛生上、よろしくない作品だ。
でも恐怖のサスペンス映画としては、面白い出来なのでしょう。
[PR]

by masayama-chan | 2016-06-29 15:21 | 映画三昧 | Comments(0)

<< 「葛城事件」 納骨 >>