放送塔   

今日(39日)の読売新聞「放送塔」に投稿が載った。

「放送塔」は番組面の片隅にある読者投稿欄で、テレビ・ラジオへの感想や意見が掲載されている。
                                                

a0108328_19240377.jpg
                                               

時代背景は現在だが、ナレーションが時代がかっていて、昭和の大映映画の雰囲気だった。

久々に拝見する瀬戸朝香さんは相変わらず美しかったが、板谷由夏さんは女優として刻々と変貌を遂げている気がする。
                                                        

投稿の最後には、こう書いた。

往年の名画「太陽がいっぱい」を彷彿させるラストシーンが心に残った。」
                                               

これ、私としては一番言いたかったことなんだけど、見事削られました(苦笑)

字数がかなり限られているから、仕方ないかな。


[PR]

by masayama-chan | 2017-03-09 19:24 | Comments(0)

<< 今日も、神代植物公園まで散歩に... 「たかが世界の終わり」 >>