「三度目の殺人」   

府中で、是枝裕和脚本・監督の話題作「三度目の殺人」を観た。


a0108328_15394669.jpg


感想を一言でいうなら、消化不良。

観終わった後なんかスッキリしない。
法廷ドラマなのに真実によって解決されないからなのか。

でも、それが是枝監督の狙いなのかなぁ。

判決をどうとらえるのかは、観客にゆだねられているのだ。


主人公は、勝つことにこだわる弁護士・重盛(福山雅治)。

事件の真実や、依頼人(被告)への共感・理解などは必要ないと言い切る。
大事なのは、
裁判で勝利を収めることだ。

そんなクールな重盛が担当することになったのが、強盗殺人の容疑で起訴された三隅(役所広司)という男。

解雇された工場の社長を殺害し、財布を奪った上、亡骸に火をつけた。
三隅には殺人の前科があり、このままでは死刑は確実だ。

重盛は、なんとか無期懲役に持ちこもうとする。

難しい裁判ではないはずだった。
だが、重盛の思い通りには事は運ばない。

三隅の話は面会の度にコロコロ変わり、動機が見えない。真実は何なのか?
                                              

重盛と三隅が面会する接見室のシーンが見せ場だ。

ガラス越しに対峙する2人。横顔のクローズアップ。

a0108328_15393287.jpg


掴みどころのない三隅に、重盛は翻弄されていく。
得体のしれない三隅は不気味だ。観客も翻弄される。

被害者の妻に、斎藤由貴が扮している。

三隅との不倫疑惑が週刊誌に書きたてられる下りには、失笑した。

間がいいのか、悪いのか。

事件のカギを握るのは、被害者の娘・咲江(広瀬すず)。

彼女がつぶやいた言葉は、監督のメッセージかもしれない。

「誰を裁くのかは、誰が決めるんですか?」

「ここ(法廷)では誰も本当のことを話さない」

派手な法廷シーンはないし、主人公が福山雅治でなければ地味な映画です。
役所広司の演技は、さすが!ですが。


[PR]

by masayama-chan | 2017-09-16 15:42 | 映画三昧 | Comments(0)

<< 敬老の日 「夜明けの祈り」 >>