ミス・ポター   

 ミス・ポターを観てきた。
 平日にしては、そこそこ混んでいた。私がTOHOシネマズ府中で観た映画の中では、一番席が埋まっていたかもね。自分としては、特に観たい映画でもなかったけど、なぜなんだろう。
 誰でもが知っているうさぎ、「ピーターラビット」の作者である女性(ビアトリクス・ポター)の話である。
 ストーリーは平坦だけど、中盤そこかしこで、すすり泣きがした。もらい泣きしちゃったよ。
 20世紀始めの、ポター家の属するイギリス上流社会の暮らしが興味深い。この時代、上流階級の女性が仕事をするなんて、あり得なかったのね。彼女の母親が出版社の男性を、「商売人」とすごく見下すのだけど、彼らにとって、働いてお金を得るなんて、卑しいことなのでしょう。a0108328_2127064.jpg
 ポターがロンドンから移り住んだ湖水地方の田園風景が、とにかく美しくて癒される。
 欲を言えば、湖水地方での暮らしをもう少し見たかったなぁ。終わり急いだというか、なんかしり切れトンボ。もの足りなさが残る。
 ところで、主演女優のレニー・ゼルウィガーなんだけど、含み笑いの表情が風吹ジュンに似てない?似てないか。
[PR]

by masayama-chan | 2007-09-27 21:29 | 映画三昧 | Comments(0)

<< 秋の花火 読売新聞「気流」に載りました♪ >>