永遠のアラン・ドロン   

 昨日の「SMAP×SMAP」にアラン・ドロンが出演!!かつて、美青年の代名詞だった、あのアラン・ドロンである。
 テレビを見ていいものか、迷った。美青年の面影を未だに残しているだろうか。時の流れは残酷な老いをいやおうなく映し出すかも。
 見たくない。でも、見たい。恐いもの見たさ。思い切ってチャンネルを合わせた。
 う~ん、確かに歳はとったネ。72歳とか。美青年と呼ぶのは、さすがに難しい。でも、ショックではない。歳を重ねても、それなりに魅力的だもの。
 堂々とした体躯。ユーモアと皮肉を交えた話術。決して過去の人ではない。自信に溢れている。SMAPの面々とは格が違うよ。

「出演した映画の中で好きな作品は?」と問われて彼があげた5本。
①太陽がいっぱい
②太陽が知っている
③山猫
④暗黒街のふたり
⑤高校教師
私の好きな作品とぴったり一致する。感激!
 代表作の「太陽がいっぱい」や「山猫」はともかく、「高校教師」のような地味な作品もノミネート。「暗黒街のふたり」は、彼が出演した、いわゆるフィルムノワールの中では一番好き。私たち感性が合うみたい(^^♪。

「太陽がいっぱい」のトム・リプリーは、今のアラン・ドロンには重ならない。でも、私の中のアラン・ドロンはリプリーのままで永遠だ。
[PR]

by masayama-chan | 2007-10-09 21:07 | 映画三昧 | Comments(0)

<<  エディット・ピアフ~愛の賛歌~ 新デジカメ♪ >>