犬と私の10の約束   

a0108328_22122968.jpg昨日、「犬と私の10の約束」を見てきた。
 もっと泣けるのかと思ったけど、最後にちょっとウルウルしたぐらい。涙の量は、「マリと子犬の物語」の、10分の1にも及ばない。

 主人公の少女が中学生のとき、子犬がやってくる。やがて、少女は獣医師を目指し、獣医学部へ進学。ひとり暮らしを始めると、忙しくてなかなか家に帰れない。
 このあたりは、どこぞの家と似てるなぁ~。ラブとゴールデンの違いはあるけどね。

 
 犬はかわいいけど、ストーリーがあまりにもありきたりというか、ご都合主義。
 やさしく美しい母親(高島礼子)が不治の病で亡くなったり、ギタリストになった幼なじみと再会して恋が実ったり。おまけに、就職したのは旭山動物園ですぞ。陳腐な展開に、苦笑するしかない。
 いくらトヨエツ(父親役)が出演しているとはいえ、わたくし的には☆ひとつデス。

 ただ、犬との10の約束は、心に残った。特に、終わりのふたつ。

 ・ 私は10年くらいしか生きられません。
  だから、できるだけ私と一緒にいてください。

 ・ 私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。
  そして、どうか覚えていてください。
  私がずっとあなたを愛していたことを。



a0108328_22142077.jpg

  あくびする、我が愛犬チェリー
  フツーにしてると、もっとかわいい。
  できるだけ長く一緒にいようね。
[PR]

by masayama-chan | 2008-03-19 22:25 | 映画三昧 | Comments(6)

Commented by のっこ at 2008-03-20 16:43 x
どこぞの家に似てるって下のお嬢さんのことかしら。家でも雑種だけど16年飼っていたのよ。子供がすごく飼いたがったから飼ったのだけど、中学になると部活や塾で忙しくて、ほとんど世話をしなくなったわね。
よその犬を見るとまた飼いたくなるときがあるけど、もう死ぬときそばにいて上げられるかわからないし。
あくびするワンちゃん、おかしいわね。
Commented by としちゃん at 2008-03-21 06:58 x
チェリーちゃんの顔が面白いわ。ボールでサッカーをしているのかしら?
Commented by のっこさんへ(マサ) at 2008-03-21 11:04 x
そうよね。我が家も、チェリーが最初で最後の犬だと思う。次に飼うときは、最後までそばにいてあげられるか、わからないものね。
でも、最近は犬の介護施設もあるらしいわよ。飼い主が高齢になり世話できなくなった場合もありかなぁ。こっちの需要の方が、多い気がするけど。
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2008-03-21 11:08 x
ボールが大好きなの。ボールをとって持ってくるのが、レトリバーの習性みたいね。
ヘン顔を撮ってみました。本当はもっと可愛いのよ(笑)
Commented by ふみ at 2008-03-21 11:38 x
この映画、マサちゃん絶対に観ると思っていました(笑)。 犬好きですもんね。 そうでしたか、☆、やっぱり作りこみかたが安易に過ぎると、しらけるということもあるんですね。
ところで、放送聴かせていただきました♪ 落ち着いたトーク、さすがです。 内容もマサちゃん、そのもの。 イイ放送聴かせていただいて、ありがとうございました。
Commented by ふみさんへ(マサ) at 2008-03-21 20:01 x
ハハ、そう思っていました?
でも、「マリと子犬」や「クィール」のような感動はありませんでしたね。実話に基づくものとは、やっぱり違うみたい。
放送を聴いていただいて、ありがとう♪。落ちついたトークといっていただいて、嬉しいです。緊張していましたから。

<< 久々の居酒屋で 「調布わくステ」のCD 出来ました♪ >>