クライマーズ・ハイ   

~1985年8月12日 ジャンボ機が消えた!~

 昨日、強烈な暑さの中を、頑張って?映画を見に出かけた。
「クライマーズ・ハイ」
 説明する必要もないと思うけど、山登りの映画じゃありませんよ。(山登りのシーンもあるけどネ)

 23年前、群馬県御巣鷹山に日航機が墜落した。死亡者数520名、生存者4名。日本中に衝撃を与えた大惨事を、今も忘れるはずがない。
 この映画は、未曾有の航空事故を追いかけた、地元(群馬)の新聞記者たちの物語。


a0108328_23132654.jpg異様な興奮状態に包まれた新聞社内の有様が、圧倒的なリアリティーで迫ってくる。
 全国紙とのスクープ合戦、激高する議論、混乱、イラ立ち、焦り、プライド、嫉妬、対立……。現場だけでなく、記者たちにとっては社内も戦場だ。


「クライマーズハイ」とは、登山時に異常な興奮状態で恐怖心が麻痺してしまうことを指すらしい。
 スクープを追いかける記者たちの心理状態にも、似たものがあるのだろうね。

 追い詰められた状況の中で職務を遂行しようとする男たちの、なんてカッコイイこと。
 心底、羨ましくなった。男に生まれ変わったら、私は新聞記者になる!
 
 今年見た映画の中で一番に推してもいいはずが……。残念なのがラスト。
「父と息子の感動の再会!」とでも、いいましょうか。焦点がボケてしまった。

 ★★★★☆
 堺雅人が、すご~くよかったので、☆ひとつ、おまけ♪


a0108328_2385765.jpg 全権デスク役の堤真一。
 NHKドラマでは、佐藤浩市が演じた。
 佐藤浩市の方が、ずっとよかったな。なにが?と聞かれると困るけど、佐藤浩市だから(笑)
 だいたい、全権デスクにして、このポロシャツ姿はどうなの。


a0108328_2392182.jpg
 県警キャップ役の堺雅人。辣腕記者役にピッタシ。
 確か、ドラマでは大森南朗がやったのよね。大森南朗も悪くはなかったけど、彼はただ熱いだけだった。
 堺雅人は、熱血漢にして、クールでもあるの。冷静で、知的。
 今年のアカデミー最優秀助演男優賞に、私は決めました♪
[PR]

by masayama-chan | 2008-07-26 23:31 | 映画三昧 | Comments(8)

Commented by としちゃん at 2008-07-27 08:29 x
いやーん、この堺雅人、かっこよすぎる!! こういう役も似合うのね。熱血漢でクール、というのに惹かれるわ。

原作はかなりややこしい親子関係と時代の流れが設定されていたのだけれど、映画だと新聞記者という側面を前面に押し出したのかな?
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2008-07-27 09:47 x
私は、本を読んでいないので、息子に会いに行くラストシーンをとってつけたように感じたのだけど、原作ではテーマのひとつでもあるのね。映画に描かれているのは、墜落後の一週間の記者たちの姿がほとんどなの。○○年後の山登りのシーンがときどき出てくるのだけど、時代が交錯して、本を読んでいないと、ちょっとわかりにくいかな。

堺雅人、かっこいいでしょ。こうした役は、今まであまりなかったような気がするけど、熱血漢&クールな記者役がピッタリでした。時間が許せば、ぜひ、見てみて。
Commented by 紅蓮 at 2008-07-27 10:22 x
堺雅人って、母の病院で会った(すれちがった)ことがあるのだけど、線が細い感じの人なんですよね。でも、実際に演じると、ちがう面があらわれるのよね。特にこれは違う感じ。最近うまいなあと思います。
この映画みてみたいわ。山ばかりいっているので、なかなか映画館に行けないのだけど。
Commented by ふみ at 2008-07-27 10:24 x
佐藤浩市に続くマサちゃん的次世代には堺雅人、で決定みたいですね。 私にとって、大河新撰組の山南敬助の印象が強いんだけど、こういう役もこなす、うまい役者さんなのね。
観にいってみます♪
Commented by ひょっこり at 2008-07-27 16:44 x
 もう毎日暑くて暑くて、出かけるのはつい億劫になるけど・・・この映画は私も気になってたの。実はこの事故の時、私偶然あの山の近くをたまたま車で通っていたの。鮮明な記憶があります。このブログ読んでやっぱ行かなきゃ! あの~堺雅人は朝ドラ「オードリー」のときから私は眼をつけていたのよ、確か早稲田で演劇を学んでいるはず。家定もいい味だしてたよね。死んじゃったけど・・・。 ところで新聞記者という職業かっこいいよね、ノウタリンな私は歩くインテリって思って憧れてました。でも人にもよるみたいよ。ウチの夫は遠い昔新聞記者だったけど・・・今はただただユーモアのない頑固爺だもん!言っちゃった(^-^)
Commented by 紅蓮さんへ(マサ) at 2008-07-27 21:44 x
なんと、紅蓮さんは本人に会ったことがあるんだ。知っていたら、私も行くんだったわ(笑)撮影だったのかしら。病院は、ドラマの撮影に使われることが多いみたいですよね。昨日、久々に帰ってきた娘が、「山下智久が、来てたよ」って言ってました。といっても、「誰、それ」ですよね(汗)
時間の都合がつけば、見てね。山登りのシーンが、ところどころに出てきます。私など、「え~、なんでこんな危険なところに」って思ったのですが、紅蓮さんが見れば、また違った感想を持つことでしょう。
Commented by ふみさんへ(マサ) at 2008-07-27 21:51 x
そうそう、山南敬助がとても印象的だったわ。それ以上に、インパクトがあったのは、家定公ですよね。この映画の記者は、両者のようにエキセントリックな役ではありませんが、そこがまたいいのよ(笑)
ふみさんのタイプではないような気もしますが、見てみてね。次のオフ会は、堺雅人で盛り上りましょう(笑)
Commented by ひょっこりさんへ(マサ) at 2008-07-27 21:58 x
まあ、ひょっこりさん、「オードリー」のときから眼をつけていたの。さすが、お目が高いこと。残念ながら、私は、「オードリー」は知らないの。
ご主人、新聞記者だったのですか。初耳。きっと、颯爽とした辣腕記者だったんでしょうね。うん、ひょっこりさんが、憧れて、ついていった気持ちが、なんとなくわかるような。昭和(?平成)の、大ロマンデス♪

<< 冷蔵庫、買い替えました! 病院にて >>