おくりびと   

a0108328_2244221.jpg

土曜日、娘と夫と3人で、「おくりびと」を見てきた。
「おくりびと」とは、遺体に死装束を施し、棺に納める納棺師のこと。






 二週間前に父の葬儀を済ませたばかりの私たちにとって、実にリアルなテーマ。
でも、ぜひ見てみたいと思った。父を送りだしたときに、納棺師の存在を始めて知り、その見事な仕事振りに圧倒されたから。気持ちは、たぶん娘も同じ。

 主人公の納棺師には、本木雅弘。旅立ちの死装束を施すモックンの繊細な手の動き。そのなんと美しいこと。まさに芸術的。
 重いテーマだけど、暗くはない。どこかコミカルで、温かい。死者や残された家族に向けるまなざしがやさしく、思い切り泣けた。

 モックン始め、脇を固める山崎努、吉行和子、余貴美子、笹野高史、みなすごくいい。でもねぇ~、モックンの奥さん役の広末涼子がイマイチなのよね。どこまでも、アイドル「ヒロスエ」で、ひとり浮いてるの。空気が違うっていうか。

 言っとくけど、私は広末涼子が嫌いなわけじゃありませんよ。透明感があって、独特のオーラがある。日本を代表する女優になってほしいと思っている位なんだから。

 ★★★★
[PR]

by masayama-chan | 2008-09-28 23:00 | 映画三昧 | Comments(8)

Commented by としちゃん at 2008-09-29 08:33 x
紹介ありがとう。おお、こういう映画、見たいですねぇ。私ももっくん、大好きですよ。しぶがき隊(だったっけ?)のころとは大違いよね。
私も広末涼子はそういう存在だと思う。美少女のまんま、という感じよね。本当はお母さんなんだろうけれど、いつまでたってもヒロスエだね。
伊丹監督の「お葬式」もそうだったけれど、死がテーマの映画って、いろんなふうに描けるのね。
Commented by ふみ at 2008-09-29 10:41 x
いい映画みたいですね。 ブログ読んで、ますます観たくなりました。
広末、あのブリッコなしゃべり方が、歳相応にもう少しなんとかなればイイと思うのですが。
Commented by hyokkorijima at 2008-09-29 20:51
 さすがマサさん、つかみが早い! この映画って「モスクワ映画祭」?だっけ?賞とったの。モックンがず~っとあっためていて(企画)できた作品らしいですよ。観たくなりました。どこでやっているのかしら? ちなみに私は今週は リチャードギヤとダイアンレインの「最後の初恋」ってやつ観てこようかな~と思ってますが(^-^)

 それと皆さん、ヒロスエにはいろいろあるようで(笑) 私も決して嫌いではないの、青春映画のころの小百合様を彷彿とさせるような透明感があるかな?と、、、小百合様に失礼ですかね(汗)でもいつまでたってもそのまんまなんだよね~。

 
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2008-09-29 22:07 x
お葬式をメインテーマにした映画って、どこか滑稽なところがあるのよね。伊丹監督の作品もそうだけど、この作品もしかり。泣けるけど、笑える。
もっくんが好きなら、ぜひ見てみてね。華麗な手の動きに、「ここまでよく練習したね」って、感動を覚えるから。
Commented by ふみさんへ(マサ) at 2008-09-29 22:11 x
深刻なテーマだけど、楽しめます。客席はね、年齢層がかなり高め。「ペア割引かなぁ~」って人たちが多かったわ。人のこと、言えないけど(苦笑)
Commented by ひょっこりさんへ(マサ) at 2008-09-29 22:19 x
おぉぉぉ、ひょっこりさんは、「最後の初恋」ですか。乙女心!を刺激するタイトルですねぇ。思いっきり、ロマンチックな気分を楽しめそう。見たあとが、なんだか心配だわ。なにが?、といわれても困るのだけど(笑)

「おくりびと」は、府中のTOHOシネマズで見ました。上映館は少ないのかしら?

小百合さまねぇ。確かに、どんな役でも、「小百合さま」よね。大女優は、「そのまんま」が大事なのかしら。
Commented by さと at 2008-09-30 16:49 x
ありがとう。
本木くんは素敵だと思いますね。
手の動きね、俳優さんはホントに凄いですね。何でも出来なきゃ!
私ね、余貴美子さんという女優さん何だかとても魅力的なんだけど、詳しくは知らないけど印象に残る人です。

広末涼子は私もイマイチ(笑)
同感でよかったわ、映画を見ないのにね。
Commented by さとさんへ(マサ) at 2008-09-30 18:54 x
モックンは端整だけど、スマートな二枚目って感じはしなくて、ちょっと情けない役が似合う。そこが、また、いいのよね。この映画に主演するに当たって、納棺師のこと、ずいぶん勉強したのではないかと、思います。
余貴美子さんは、私も好き。脇役だけど、しっとりした味がありました。お芝居も上手だし、不思議な魅力がありますよね。
それにしても、ヒロスエさん、女性(おばさん)には、人気ないのね。

<< じゃがポックル 淡彩風景スケッチ展 >>