「チェ 39歳別れの手紙」   

a0108328_231666.jpg

「マンマ・ミーア!」にも、「誰も守ってくれない」にも気持ちが動いたが、とりあえずこれを観なくちゃね。
「チェ 歳別れの手紙」
2週間前に観た「チェ 28歳の革命」の続編だ。



1959年、キューバ革命成功。
名声を手にし、キューバ政府の要職についたチェ・ゲバラ。
だが、家族に別れを告げ、盟友カストロに手紙を残し、チェは姿を消す。
「今、世界の他の国々が、僕のささやかな助力を求めている」

1966年、独裁政権下にあるボリビア。貧困にあえぐ人々を救うため、ゲリラとして政府軍と戦うチェの姿が、そこにあった。

でも、キューバのときのようには、うまくはことは運ばない。ボリビア共産党の支援を絶たれ、農民の支持は得られず、食糧も満足に調達できない状況の中で、チェ率いるゲリラ軍は苦しい戦いを強いられる。

革命を成功させた前編「28歳の革命」に比べ、敗戦に追い込まれていく後編「別れの手紙」は、見ていてつらい。苦しい~。
341日に及ぶ過酷なゲリラ戦。負傷したゲバラは、ついに政府軍に捕らえられる。そして、処刑。

「革命においては、勝利、さもなければ、死しかない」
自らの言葉どおりに、生き、そして死んだ男だった。

観客は前編よりは多くて、20人はいたかなぁ~(朝9時15分の回だからね)
ぶれず惑わず、信念を貫いた強く優しい男の生き方を、もっとたくさんの人に観て欲しい。
 
チェ・ゲバラ。20世紀最大のカリスマ。皆、あなたを決して忘れない。

a0108328_23184170.jpg

映画のあとは、たいていお蕎麦さんでランチ。
今日は、「葉わさび蕎麦」
わさびの香りが、なんともいい感じ~。
[PR]

by masayama-chan | 2009-02-03 23:04 | 映画三昧 | Comments(9)

Commented by としちゃん at 2009-02-04 07:01 x
お、マサさん、続編をご覧になったのね。
ゲバラは39歳で死んじゃうのね。この人は奥さんいたのかしら。
もしいたとしても、こういう人の恋人は大変だったでしょうね。
私、大昔にボリビアに行ったことがあるんですが、貧しいところでした。
Commented by さと at 2009-02-04 19:29 x
先日テレビでゲバラのお孫さんと言う女性が確か出てたので奥さんがいたのではないかしら?
魅力的な人のようですね。
この映画も見たいけど行けるかどうかは難しいからマサさんの解説読んで勉強します。
万が一お客様から映画の話題が出ると少しは会話についていかないとね(苦笑)
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2009-02-04 22:36 x
私は、「ボリビア」ってどこにあるのか、よく知らなかったの(汗)
としちゃんは、訪れていない国の方が少ないのじゃないのかしら。
ゲバラはこの国の貧困にあえぐ人々に胸を痛めていたのよね。彼の思いは挫折したけど、今のボリビアは、どうなんでしょうか。

としちゃん、ビックリしないでね。ゲバラは、奥さんはもちろんのこと、子供が5人もいたんです。よく、そんなヒマがあったわね。どんなことにも、熱い男だったんだわ。
Commented by さとさんへ(マサ) at 2009-02-04 22:46 x
さとさん、ゲバラにはお子さんが5人もいたそうよ。その中の一人(女性)を、私もこの間テレビで観ましたよ。なんかね、とってもふくよかで、なんといったらいいか、私の中では父親がゲバラだとは、イメージできなかったわ(苦笑)

生きていれば、今年ゲバラは81歳。今の世の中を、どう思うでしょうね。
私の、偏見に満ちた感想が参考になるかしら。1%(?!)でも参考になれば嬉しいです。
Commented by さと at 2009-02-04 23:11 x
あぁ~あの方は娘さんでしたか?
ホントふくよかな方でしたね(笑)
そうかまだ81歳、現実味のあるお話なんですね~
Commented by 真蘭 at 2009-02-05 18:48 x
私も娘さんをテレビで見ました。
ちょっと、ギャップが大きすぎたわね。

ゲバラの優しさは信念に裏づけされていたのね。
凄い人だと思いました。
でも、疲れそうなので映画館にはきっと行かないわ。

サトさんと一緒で、解説を読んで会話の参考に
させて頂きます。
Commented by さとさんへ(マサ) at 2009-02-05 22:55 x
父や母より若いというのが、ちょっとショック。子供が5人もいるのも。なにがショックか、よくわからないのだけど(汗)

でも、共産主義の社会を目指したゲバラが、今の世界を観なくて済んだのは、幸せだったかもしれないわ。
Commented by 真蘭さんへ(マサ) at 2009-02-05 23:01 x
あら、真蘭さんも見ましたか。特集番組で、やっていたんでしたっけ?
革命家の遺児、っていう雰囲気はなかったですよね。失礼かしら(苦笑)

そう、確かに疲れた~。楽しい映画じゃないですもの。なんていうか、使命感というのもヘンだけど、観ておかなくては、という私のこだわり、かな。
Commented by k at 2009-02-06 20:37 x
おじゃまします

報道されない、国籍法改正案、人権擁護法案 外国人参政権 国立国会図書館法改正案、沖縄ビジョン

大手メディアは、圧力に屈しているので日本人のための報道をしていません。「麻生政権の実績」「安倍政権崩壊の真実」「韓国はなぜ反日か」で検索推奨、テレビで報道されない重要な情報を伝えるチャンネル桜も、ネットで無料で視聴できます。視聴者のコメントを投稿された画像に書き込めるニコニコ動画デイリー政治も、真実を知る人の民意が、確認できます。
最近では超人大陸コンテンツという政治家サイトに西川議員が、「真実の報道をしない今のメディア」をあげました。


日本の将来に関わることです。

<< 立春過ぎて~♪ エコ?カレンダー♪ >>