「劔岳 点の記」   

a0108328_23101130.jpgこのところ映画づいている。
今日は、「劔岳 点の記」を観てきた。
原作は、新田次郎の同名小説。

立山連峰にそびえる剱岳。
その険しさと信仰ゆえ、登ることが恐れられていた山に、初登頂を挑んだ男たちの物語だ。

日露戦争後の明治40年。国防のため日本地図の完成が急務だった。地図の空白を埋めるべく、陸軍陸地測量部は、測量のため剱岳登頂を計画する。

この手の映画は、あまり好みじゃないのだけど、大自然の映像の、あまりの美しさに、ただ息を呑んだ。
延べ200日に及ぶ撮影。CGは一切遣わず、すべて本物の映像というから、偉い!!

剱岳の初登頂には、陸軍陸地測量部だけでなく、日本山岳会のメンバーも挑む。陸軍の威信にかけて、遊びの連中に先を越されるわけには行かないぜ。
このプレッシャーは、測量部のメンバーにとって、過酷な登山より大変だったのでは。

ちなみに、山岳会のリーダーは仲村トオル♪
ダンディで、恐るべし山中でも毎日シャワーを浴びているかのようなさわやかさ。むさくるしい?山男のイメージはなかったわ。

ひとりヘタな女優がいると思ったら、原作者・新田次郎の長男の嫁ですって。
つまり、あの「日本の品格」の藤原正彦氏の奥さま。
これってどうなの?ご愛嬌?
[PR]

by masayama-chan | 2009-06-30 23:15 | 映画三昧 | Comments(10)

Commented by としちゃん at 2009-07-01 07:05 x
ふーむ、ハンナの次は、剣岳ときましたか!
私は今回も原作からはいっちゃおうかな?

仲村トオルは山男らしくなかったのかしら。
清潔すぎる?

新田次郎のお嫁さんっていっても、かなりのお年でしょ?
その方が女優さんなの?
なんかおかしいわね。

Commented by 新米 at 2009-07-01 13:35 x
仲村トオルと山・・・といえば、NHKの朝ドラ"こころ"で、医師役の彼が 山での不慮の遭難で死んだシーンがよみがえりました。
だから山岳会のリーダーの彼を 観てもいないのに目に浮かぶような。爽やかすぎるのも(笑)

それより以前、藤原正彦さんの本の中に、新婚時代の奥様との二人の写真が掲載されていたのですが、教え子の彼女は多分ご主人とは年齢が少し離れていた様な・・・それととってもお綺麗でビックリ(何故?笑)した記憶があるのですが、年齢を重ねられてもやっぱりお綺麗でしたか?
すみません、ミ-ハ-で(・_・;)
Commented by 紅蓮 at 2009-07-01 17:38 x
マサさんも見に行ったのね。私がめずらしく同時進行で、話題にのれる唯一の映画だわ。いつもはでおくれ。

仲村トオルさん、いい役所だったけど、あの格好。ダンディーすぎるな~。あんな格好で山には登らないよな~と思ったけど、時代考証するとどうなんでしょうか。あのようなコートを着てその頃は登ったのでしょうか。映画を見た時から、ずーーっとそれが疑問です。ほんとうのところを知りたいわ。

Commented by としちゃんへ(マサ) at 2009-07-01 22:57 x
え~と、新田次郎のご子息(藤原正彦)の奥さまなのだけど、私たちより若いと思うわ。役所広司の妻役だし。
もちろん、女優ではなくて、肩書きは、教授夫人?舅の作品だし、記念出演でしょうか。
とてもキレイな方ですよ。喜んで出演をOKしたらしいから、ご本人も自信があるのでしょうね。
Commented by 新米さんへ(マサ) at 2009-07-01 23:13 x
一言セリフがあるだけのチョイ役(失礼)なんですが、お綺麗でしたよ。藤原先生、一番美貌の学生を妻に選んだと、私は睨んでいるの(笑)今の時代、ひとつ間違えば、なんとかハラと言われちゃいますよね。ちなみに、藤原氏のご子息2人も出演されているそうです。

そう、そう。「こころ」で、名誉の死を遂げる医師を演じまたよね。真面目に見た朝ドラはこれぐらいです。中越典子が雪の中に膝をつき、「ギャー」と絶望的な悲鳴を上げて倒れこんだシーンが忘れられないわ。でも、最後の方は、玉木宏と結ばれそうな予感を感じさせましたね。許せない(苦笑)

え~と、なんの話でしたっけ?(苦笑)剱岳でしたね。山の中でも、ダンディで爽やかそのもの。こんなに爽やかでいいのって、気もしたけど~♪
Commented by 紅蓮さんへ(マサ) at 2009-07-01 23:23 x
私ね、紅蓮さんは絶対にこの映画を見に行くって確信してたの。見事に、当たったわ(笑)

私も、都会を歩くような格好で山に登るんだろうかと思いながら見ていた。
でも、昔見た父の写真。どこかの山で写したみたいなのだけど、ハット(中折れ帽)を被って、長めのコートを着ていたわ。もちろん、トオルさんのように、爽やかではないけど。
低い山なら、この格好もありなのかなぁ~。剱岳では、どうなんでしょう。その辺の検証は、なされているかも知れませんね。
Commented by ふみ at 2009-07-02 09:46 x
ふみ的には、記事の中の「…リーダーは仲村トオル」 のあとの「♪」 が気になります。 ひょっとして、恋人佐藤Kから、う、う、浮気? それとも、軽いノリの♪?
Commented by ふみさんへ(マサ) at 2009-07-02 23:21 x
おぉ、ふみさま。鋭い指摘!そうなの、ファンなのよ~♪佐藤Kと二股をかけてると言われても、弁解の余地はないわ。
昔は、チンピラみたいで興味なかったんだけど、数年前から惹かれ始めたの(汗)
でも、ふみさんは、どちらかというと主役を演じた浅野T信の方が、タイプでしょ?最近渋くなって、役所広司の域にさしかかっていない?
Commented by さと at 2009-07-04 14:22 x
行ってきました、休みの木曜日。
家にいると一日中家事に追われるのでこれからは出ることに(笑)
それでこの映画を見てきました。
やっぱり香川さんがピカイチでした。山が綺麗でしたね。音楽は音が大きすぎ?
アッそれから仲村トオルは私にはイマイチ(ゴメンなさい)カッコよすぎで?あんな格好で登ったのかなぁ。。。浅野さんもいい感じでした。

びっくりしたのはこの頃の映画館椅子の背は高いし、クッションはいいし、おまけに入会したら1回ただで映画も見れるというのにつられて(苦笑)会員になりました。次は愛を読む人を見に行きますね。

マサさんのお勧めを書いてね。
これを見てから行くことにします(笑)
Commented by さとさんへ(マサ) at 2009-07-04 20:32 x
あらっ、さとさんも行かれたのね。映画は久しぶりですか。
やっぱり、仲村トオルはカッコよすぎ?確かに、ちょっと浮いたかな(苦笑)
それにしても、紅蓮さん、剱岳に登ったというから凄いわね。

私もシネマイレージの会員ですよ。6回見ると1回ただで見られるのよね。夏休みに入ると、お子さま向きの映画が多くなるので、「愛を読むひと」は、ぜひお早めに~。

<< 「悪人」 愛を読むひと >>