ココ・シャネル   

a0108328_2049794.jpg
久々の新宿武蔵野館で、
「ココ・シャネル」をみてきた。
映画を見るのは、「HACHI 約束の犬」以来、1ヵ月ぶり。

誰もが知っている世界的ブランド「シャネル」
その生みの親「ココ・シャネル」の、言うなれば、サクセスストーリー。

でも、去年「エディット・ピアフ」を見たときほどの感動がないのよね。なぜ?
貧しい生い立ちながら、頂点にまで登りつめたのは同じなはずなのに。

たぶん、きれいに描き過ぎているからだ。
孤児院育ちのお針子だったココ・シャネルが、世界的ファッションデザイナーになるまでには、きれいごとばかりではなかったはず。
そうした裏の部分が、描ききれていないの。
ヒロインの舞台裏こそ、私は見てみたいのよね。

若いときは、お城のような別荘に囲われた愛人生活。
それが、彼女の成功の始まりか。

戦時中はドイツ軍占領下、ドイツ人将校の愛人となり庇護を受けた。
これ、ちょっとは知られた話でしょ。映画では、もちろん、カット、カット、カット!

この作品、実はテレビドラマとして作られたとか。
で、ガッテンです~。明るいお茶の間で見るのなら、健全で前向きなストーリーでなくちゃ。

晩年のココを、「アパートの鍵貸します」(古い!!)の名女優シャーリー・マクレーンが演じている。
老いも皺も隠そうとはせず、さすがの貫禄だ。

シャネルには縁がないやと思いきや、おぉ、かなり昔に買ったスカーフがあった。
3回くらいは使ったっけ??
なぜ、こんなものを買ったのか、今となってはナゾです。
a0108328_20493156.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2009-09-10 20:55 | 映画三昧 | Comments(6)

Commented by としちゃん at 2009-09-10 21:54 x
今年はシャネルばやりね。
私も、この前、大地真央のシャネルの舞台を見て来たばかりなので、シャネルの人生、興味があります。
そうか、シャーリーマクレーンがするのね。まだご健在だったんだ!
マサさん、久しぶりに映画館の暗闇に入って、どきどきしませんでしたか?
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2009-09-10 23:41 x
そうか、としちゃんは真央さまの舞台を見たのね。
このところのシャネルばやりは、なにか理由があるのかなぁ~。
私も映画を見て、もっとシャネルのことを知りたくなった。劇的な人生よね。
マクレーンの演技は、鬼気迫るものがありました。老いを隠そうともしないのが、嬉しい。

一ヶ月ぶりの映画館、画面がすごくはっきり見えて嬉しかったわ~♪
Commented by さと at 2009-09-12 21:52 x
くっきりはっきり見えたのね!
やはり目は大事ですね、より楽しめたでしょうね。
もう大丈夫ですか?
マクレーンという名前、ほんとに久し振りに聞きました~
懐かしいね。

昨日いつもの映画解説で火天の城だったかな(題名がはっきりしないけど・・・)面白い制作上のお話を監督さんがしゃべってました。
燃やしてしまうお城が900万の見積もりだったけど何んとか400万で作りぶっつけ本番で撮られたそうですよ。
映画の裏話も興味津々でお聞きしてこれも見てみたくなったわ。
私は滅多に行かないのにね(苦笑)
Commented by さとさんへ(マサ) at 2009-09-13 22:22 x
わりと後ろの席だったけど、すごくよく見えました~。メガネもコンタクトも不要の生活なんて、ちょっと前までは想像も出来なかったわ。
ただ、習慣とは恐ろしい?もので、目を覚ますと無意識に手を伸ばしてメガネを探すのよね。もう、要らないんだってば!(苦笑)

火天の城、たしか安土城築城の話よね。スケールの大きな映画みたいですね。主演は西田敏行。それで、観にいくのを迷っているの(苦笑)
Commented by 真蘭 at 2009-09-14 18:13 x
友人に誘われて新宿まで観に行きました。
ココシャネルの生い立ちをはじめて知ったわ。
シャネラーの友人はきれいに描かれ過ぎていると
失望していました。

何時の世も男性を踏み台にして上り詰めるしかない
境遇の人は居るものですね。
シャネルのように自分の腕に自信ありの人は一時踏み台を
利用しても才能が花開いたのですから、許されるわ。

シャーリー・マクレーンには老いも皺も隠そうとはせず感動でした。
Commented by 真蘭さんへ(マサ) at 2009-09-14 22:53 x
シャネラー(凄い!)のお友だちの言葉、嬉しい~。私と同じ感想だもの。
どんなに才能があっても、ココシャネルの場合、最初の一歩は金持ちの男性の資金援助がなければムリだったでしょうね。それだけ彼女に魅力があったということでしょう。まぁ、女性としての魅力も才能といえば才能でしょうかね。

ラストシーンは、さすがに魅せましたね。続々と登場するシャネルスーツに酔ったわ。

シャーリー・マクレーンはホントに素敵な女優さん♪若い頃のシャネルを演じた女優と似てないけど(苦笑)

<< 一周忌 よさこい >>