サガン-悲しみよ こんにちは-   

a0108328_22584097.jpg連休明けの今日、下高井戸シネマで、映画を見てきた。
「サガン-悲しみよ こんにちは-」

18歳のとき、「悲しみよ こんにちは」で衝撃的な文壇デビューを飾ったサガンの半生を描いたもの。

彼女の半生は、その作品以上にドラマチックでスキャンダラスだ。
酒、タバコ、ドラッグ、ギャンブル。
ドラッグで逮捕され、釈放された直後のセリフもサガンらしい。
「破滅するのは私の自由」
「法を人に合わせるべき」
涙の会見のNピーより、正直というか、潔いというか、開いた口がふさがらないというか(笑)

「悲しみよ こんにちは」は、22カ国で翻訳され、印税5億フラン(約364億円)をもたらしたという。なのに、後年は税金も払えないほどの困窮ぶり。
浪費も半端じゃなかった。確かに破滅型の人である。

サガンの作品で、私が一番好きなのは、「ブラームスはお好き」、かな。
彼女の作品には、フランスの香りがする。大人っぽくて、洗練されていて、もの憂くて、ちょっと不健康。サガン、その人みたいだ。


玄関先のハイビスカス。過ぎ行く夏を惜しむかのように、咲いています~。
a0108328_2311328.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2009-09-24 23:05 | 映画三昧 | Comments(6)

Commented by ひょっこり at 2009-09-25 00:13 x
 おお~サガン! 懐かしい響き。私は大好きだった落合恵子さんや森瑤子さんの本から、10代の終わりころ彼女の本に入りました。 でも当時はお子ちゃまで難しくって、読んでもさっぱりプ~だった。
 今は、充分熟したはず?だけど・・・たぶん?(^-^)それでも入り込めないかも? サガンてパリ大学に落ちて失意のさ中の18歳であの、悲しみよ・・・を書いたのよね。
 型にはめられないぶっ飛んだ人生送ったんだね~。 マサブログ読んだら、私も読みたくなってきた、サガン。ラインナップだけはそろってるんだ。 見ないで飾ってある百科事典みたいに(汗)
 
 読書に映画に・・・季節をちゃんと先取りだね、すんばらし!マサさん♪ 私、映画は「ゼロの焦点」「沈まぬ太陽」の公開待ってるの。
Commented by ひょっこりさんへ(マサ) at 2009-09-25 23:13 x
サガンの本は、大人の私たちにピッタリだわ。秋の夜長に読んだら、おしゃれで切ない恋をしたくなるかもよ。フフ、ひょっこりさん、ご用心。

印税を貯めこんでいたら大金持ちになっていたんじゃないかと思うけど、そんな俗物はしょせん作家なぞにはなれないよね。マネのできない破滅的な生き方が、彼女の作品の魅力にもなっているのでしょ~。

すんばらしと言われるほど、すんばらしことをしているわけじゃ……。恥ずかし~。こうなったら、縄跳びに挑戦します!!??
Commented by としちゃん at 2009-09-26 20:16 x
マサさん、仙台から戻ってきました。
今、ビールをがぶ飲みしたところで、ちょいと酔っ払っています。

マサさんのブログを開けてびっくり。
そうか、サガンご覧になったのね。

私が見たのは、例のノリ○○事件のちょうど最中のときだったので、
けっこうドキドキハラハラしてみていましたけれど、そんじょそこらのタレントとはサガンはスケールが違うわよね。

私の感想はこちらに書いてあります。

8月13日のぶろぐをご覧ください。
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2009-09-26 22:57 x
としちゃん、お帰りなさい~。お疲れさまでした。私も今、お風呂上りにビールを飲んでいますよ~。
としちゃんのブログを読んで、ぜひ私も観たい~って思ったの。待っていれば、絶対下高井戸シネマに降りてくると確信していたわ。そういう映画館なのよね。
サガンに詳しくない人には消化不良の面もあったけど、犬の活躍にはちょっと笑えましたね。
主演の女優は、「エディット・ピアフ-愛の賛歌」では、ピアフの友人を演じていた。すごく地味で主役を張れるような女優には見えなかったけど、この作品ではサガンを見事に演じていましたよね。向こうの女優は、日本のキレイキレイ女優とは、魂の入れ方が違う。老いもシワも醜さも、ときには裸!さえも、役のためなら隠さないもの。
Commented by さと at 2009-09-27 21:10 x
364億円なんて想像がつきませんね。
びっくり~
私は忙しくてあれから全然映画も見に行けません(泣)
会員になったのにね・・・

ハイビスカスは丈夫なのかな、店の前に置いてる鉢もまだ咲いてくれるので助かってます。
煉瓦の壁も素敵ね!
Commented by さとさんへ(マサ) at 2009-09-27 22:07 x
ギャンブルでの賭け方も、半端じゃなかったみたいよね。友だちなのか、たかりなのか、わからないような人たちもいたし。彼女にとってお金は何だったのでしょうね。少なくとも人生を豊かにするものでは、なかったみたい。

ハイビスカスは、真夏に咲くイメージがあるけど、ウチのは今ごろ花開くのよね。2年目からは、背がどんどん伸びすぎて困っているの。風が強く吹くと倒れてしまいそうで心配。

<< 秋の味覚 井の頭自然文化園 >>