「母なる証明」   

「静かな街で起こった女子高生殺人事件。容疑者となった息子を救うため、真犯人を追う母親の姿を極限まで描くヒューマン・ミステリー」

a0108328_19311840.jpg今年の初映画は、韓国映画「母なる証明」

母親役には、「韓国の母」と称され国民的人気を誇るというキム・ヘジャ。
なるほどね、見た目も、強くて働き者のオモニそのもの。

知的障害を持つ息子役には、韓国四天王の一人として絶大な人気を誇るウォンビン。
う~ん、韓国のキムタクみたい。

子を想う母の無償の愛情を描いた作品と、この映画を単純に捉えてしまっていいのだろうか?
サスペンスタッチで途中まで面白く見たが、意表をつく終盤の展開に唖然とした。
後味の悪さを感じたのは、私だけでしょうかね?

映画館を出て思った。
「母なる証明」とは、母の無償の愛を超え、子供を守るためなら何でもするということなのか。この「なんでも」は、我々の想像を遥かに超えたものだ。
一方で、母親の狂気ともいえる愛が、多くの人の感動と共感を呼ぶのだろう。

今年初めて見る映画は、まぁ~、なんとも重く暗く、ちょっとグロな作品でした~(ため息)


a0108328_19304116.jpg吉祥寺バウスシアター。
初めて行った映画館。
すご~く、小さかった。わずか、50席。
なんか、小屋みたい。
でも、このちっちゃさが気に入った。
私好みのマイナーな作品を上映してくれそう~。

もしかして、ひょっこりさんがいるんじゃないかと探したけど(笑)、そうか、今は本場韓国でしたよね~。
[PR]

by masayama-chan | 2010-01-06 19:34 | 映画三昧 | Comments(4)

Commented by としちゃん at 2010-01-06 20:21 x
吉祥寺バウシアターって、HPを見たら西友の向かいにあるのね。
気付かなかったわ。こんど行ってみよう。
マサさんの選ぶ映画って、独特の基準があるような気がするの。
私は韓国映画は娯楽的なものしか知らないのだけれど、これはなかなかハードな映画のようですね。あちらの国の母子関係はすごく緊密なんではないでしょうか?

私は今日もまたまた雷蔵さまの映画を見てきました。
予告編で「人間失格」をしているのだけど、生田斗真とかいう若い男の子がすごくきれいで、美形にはあまり興味のない私もいいなーと思った次第。韓国の男優はイマイチ、区別がつかない私です。
Commented by さと at 2010-01-07 08:28 x
パッと見たとき白川由美かと思ったわ。
韓国映画なんですね。
この頃の韓国ドラマはみんなよく見ているようですね。私の友人が食事会を設定するときに韓国ドラマの日は絶対外してくる人がいます(笑)ハマってるのよ!
私もいまいちよくわからないけどいつかたまたま見た韓国のドラマは面白かったです。
この映画は重い映画のようね、マサさんの好きな分野かな。
母と子、うーん難しいねぇ~
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2010-01-07 17:57 x
としちゃん、映画館はわかりやすい場所にあって、方向オンチの私もさすがに迷わずに行けたわ。
バウシアターは3館あって、私が今回見たのは一番ちっちゃいスクリーンだったみたい。50席だもん。

映画を選ぶ基準を特に意識したことはないのだけど、アクションものやSFやホラーは好きじゃないわね。アニメやファンタジーっぽいのもちょっとね。
どちらかというと、地味な文芸作品が好みかな。人生の深淵を描いたような。あと、犬が出るヤツ(笑)

としちゃん、雷蔵さまにはまってますね~。私は、時どきBSでお会いしています。
Commented by さとさんへ(マサ) at 2010-01-07 18:09 x
私はね、馬渕晴子(ご存知?)をちょっと思ったわ。キツそうなところがね、似ていなくもないの。
私は知らなかったのだけど、「韓国の母」と称される大女優だそうで、その存在感は圧倒的でした。ウォンビンも名演でしたが、彼女のための映画でしたね。

韓流ドラマファンは、今もたくさんいるのかな。
ちなみに、私はパク・ヨンハが好き。
イ・ビョンホン命のオバさま(8ン歳)には、「何言ってるの。少しもセクシーじゃないじゃない」と怒られましたけど(苦笑)

<< 「告白」 お正月三が日♪ >>