2013年 08月 24日 ( 1 )   

ホテルローヤル   

Tさんから貸していただいた、桜木紫乃「ホテルローヤル」を読んだ。
話題の、第194回直木賞受賞作だ。

a0108328_2133564.jpg

北海道・釧路の湿原を背に建つラブホテル。
ここを舞台にした7つの物語からなる連作短編集である。

第1話「シャッターチャンス」
今は廃墟となったホテルに、カップルが投稿ヌード写真を撮影にやってくる。
「夢と希望」を口にしてシャッターチャンスを押しつけてくる男と、そんな恋人に急速に冷めていく女。

廃墟のホテルを舞台にした話から始まり、一話ごとに時間を遡って行く。
第2話「本日開店」は、貧乏寺を支えるため檀家衆に体を開く住職の妻の話。

第4話「バブルバス」は、生活に追われる主婦の話だ。
必要なくなったお布施を手に、夫をラブホテルに誘う。
「この5千円があれば、5日分の食費になる。息子と娘に新しい服の一枚も買ってあげられる。中華飯店で一人1200円のセットメニューを頼める。一か月分の電気代。あれもこれも」
でも、引き下がれない。

ラブホテルを舞台にしていても、いやらしさは感じない。
登場する人々の生(性)の営みは、哀しくて切なくて、ちょっぴり滑稽で、いとおしい。
そして、女はたくましく、男は情けない。
背景に閉塞感は漂っていても、読後が爽やかなのは、女のしなやかな生命力を感じるせいか。
[PR]

by masayama-chan | 2013-08-24 21:08 | Comments(6)