2017年 12月 01日 ( 1 )   

ゴッホ展   

昨日は、東京都美術館で開催中の「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」を観てきた。

a0108328_13324865.jpg
                                             

 

木々が色づいた上野の森。

小雨がちらつく寒い日だった。

a0108328_13323068.jpg
                                                    


     東京都美術館。

a0108328_13321358.jpg
                                                   


会場に入ると、自画像が出迎えるかのように展示されていた。

よく見ると、目が充血して?赤い。

a0108328_13301894.jpg
                                                  


展覧会の見どころは2つ。

1.ゴッホのジャポニズム

ゴッホは日本に高い関心を寄せ、浮世絵に影響を受けた。

浮世絵を模写した「花魁」等、日本への憧憬を思わせる作品が展示されている。
                                        

2.日本人のゴッホ巡礼

一方、ゴッホの死後、彼に魅せられた日本の芸術家や知識人が、墓のあるオーヴェール・シュル・オワーズを巡礼していた。

その時の芳名録や関連資料が紹介されている。
                                        

日本美術がゴッホに与えた影響を検証し、日本とゴッホの結びつきを強調した展覧会だ。

とはいえ、ゴッホの絵はどこまでもゴッホらしいし、芳名録は見たところでたいして面白くもない(笑)
                                        

ゴッホは、27歳で画家になると決心した。

37歳で亡くなるまでの10年間で、800点以上の油彩を描いている。

だが生きてる間に売れたのは、たった1枚だったとか(泣)

画家の生活は、弟のテオが仕送りをして支えた。
                                        

ゴーギャンとの共同生活が破たんした後、自分の耳を切り取ったのは有名な話。

その後、精神病院へ入院する。

どういうわけか、そのころからゴッホの絵はどんどんよくなり芸術性を増す。

力強いタッチ、明るい光と色。

精神に変調をきたした最晩年に、素晴らしい作品をたくさん残しているのだ。
                                        

私の、最も好きな絵。

「ポプラ林の中の二人」

亡くなった年の作品だ。

a0108328_13300258.jpg
                                                


「ポプラ林の中の二人」を観られただけでも、この展覧会にきたかいがあったと、思えた。

そのくらい素晴らしい絵!
                             

美術展に足を運んだときには、クリアホルダーかマグネットを買うことにしているが、今回はマグネットにした(左下)

冷蔵庫は、私の名画コレクションだ(笑)

a0108328_13294618.jpg


[PR]

by masayama-chan | 2017-12-01 13:40 | Comments(0)