<   2008年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧   

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師   

 a0108328_22303079.jpg

 今日は寒さも一段落。3月を思わせる陽気の中、映画を見にいった。
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
「陰日向に咲く」にしようかどうか、迷ったのだけど。私らしからぬ選択でしょ?

 何の予備知識なく行ったから、初っ端2人の男が船上で歌い始めたのには、ビックリ!
「え?~、ミュージカルだったの!」
「もう~、早く言ってよ」の気分……。

 悪魔の理髪師は、ホントに悪魔デス。パイ屋の二階の理髪店で繰り広げられる残虐なシーンに身の毛もよだつ。カミソリ、血しぶき……。もう、正視できない。
 でも、下のパイ屋のほうが、実はもっともっと恐い。ミートパイの材料は何だと思う?おぉぉぉ、とても口にはできないや。

 グロテスク、猟奇的、いうなればホラーミュージカルです、これは。パイを焼くかまどの火の海に性悪女が投げ込まれるラストは、なんだか童話チックでもある。「本当は恐い○○童話」の世界。

 それはそうと、ジョニー・デップの映画は初めて見た。な~んだ、ちっともステキじゃないじゃない。白塗りで、デーモン小暮かと思ったよ。(ファンの方、すみません)
 やっぱ岡田クンにすればよかったか。

a0108328_22311235.jpg


ミートパイは、しばらく食べられないよ
[PR]

by masayama-chan | 2008-01-30 22:37 | 映画三昧 | Comments(6)

患者のプライバシー   

 このところ、月曜日は皮膚科通い。いつも混んではいるのだけど、今日は座る席もないぐらいの混み様。ただ待っているのもつまらないので、本屋やパルコをブラブラして時間つぶした。そろそろ自分の番かな、と思って戻ってみると、まだ半分も進んでいないや。

 まあ、医療機関で待たされるのは、しかたないよね。けど、ちょっと気になることが……。

 ここは、診察室に数人ずつ呼び入れる。なので、診察室で待っている間、患者と先生の会話が、他の人にまる聞こえなのだ。
 私のひとつ前は若い男性だった。すごく背が高くてワイルドな感じ。

 先生「どうしましたか」
 男性「あの~低温やけどを」
 先生「どこ?」
 男性「あ、足です」
 先生「なに、湯たんぽ?」
 男性「アンカ、です」
 先生「アンカって、あなた寒がりなの?」
 男性「あ、はい、冷え性です」
 先生「冷え性?こんなにいい体格してるのに、冷え性なの?」
 男性「はぁ~、現代社会のストレスから、というか……」
 先生「え~、現代社会のストレス?それで冷え性になったの?現代社会はあなたたちみたいな若い人に頑張ってもらわなきゃ困るじゃないの。ストレスで冷え性になってる場合じゃないんじゃない」
 男性「はぁ……」

 私はカーテン越しにこの会話を聞いていて、噴出しそうになった。でも、人のこと笑っている場合じゃないか。いいのかなぁ~、患者のプライバシーがここまで筒抜けで。個人情報保護とやらが、やたら叫ばれる時代なのに。

 私の診察は、30秒。もうこなくていい、と言われた。皮膚科通いも、やっと、終った♪
[PR]

by masayama-chan | 2008-01-28 23:11 | Comments(6)

我慢できない寒さじゃない!   

 寒い日が続いている。先週、札幌の娘から電話があったとき、
「東京は、このところ寒いんだよ」と話したら、「ふふ」と、笑われた。
「雪が降ったんだよ」と言おうものなら、「フン」と、鼻先で軽くあしらわれるだろうね。

 自慢じゃないが、我が家には暖房器具というものが、ほとんどない。電気コタツもカーペットも石油ストーブも、ない。部屋を暖めるのは、エアコンと居間の床暖房だけ。
ただ、冬にエアコンを使うことはない。床暖房だって、早朝と(家人在宅時の)夜に入れるだけだもんね。やっぱ、エコ人間か、私は(^<^)

 二階の私の寝室は、もう冷蔵庫並みだ。でも、「寒い、寒い」と震えながら、木製の粗末なベッド(子供のお古、これもか!)にもぐり込むのは、実は嫌いじゃない。「小公女セーラ」の気分だもの。

 東京は、我慢できない寒さじゃない、と私は思う。少なくとも、部屋の中で過ごすぶんにはね。どうしても我慢できなければ、着込めばいい話でしょ。

 ところで、都心に暮す長女は、このところ全く顔を見せない。
「ウチは寒いから、イヤ」なんだと。
 若いのに、この軟弱ものめ!


a0108328_22404046.jpg
寒い~私の部屋は、粗末なベッドと小さいタンス(これも子供のお古)があるだけ。狭いこともあるけど、このシンプルさ、というかチープな感じが気に入っている。だって、小公女セーラですもの(笑)
[PR]

by masayama-chan | 2008-01-27 22:51 | Comments(3)

さよなら、パスネット   

a0108328_22423273.jpg「パスネット」がこの3月で使えなくなると、わりと最近知った。
 というわけで、未使用のパスネットを、ここにきてせっせと使っている。まあ、「せっせ」といったところで、寂しいかな、それほど行くところがあるわけじゃなし。
 未使用のものは、かわいい図柄が多い。というか、たぶん、かわいいから使わずにとっておいたのだろうね。

 いちいち切符を買う必要がなく便利よね~と思ったのも、つかの間だったね。まさか使えなくなる日がくるなんて、かつては夢にも思わなかったよ。

 そういえば、似たような運命をたどったものに、テレフォンカードがある。
 こちらは、今でも使える。が、使う機会がなくなった。度数が減っていくのを気にしながら電話をかけたのは、そう昔のことでもないのに。

 時代は、どんどん進化する。これから先、ついていけるかなぁ~。いや、もうついていってないのかもしれない。
[PR]

by masayama-chan | 2008-01-25 22:46 | Comments(8)

初体験・ラジオ収録!   

 雪でしたね!!午後には雨に変わったけど、芝生の上はうっすらと雪化粧。寒~い一日でした。

 そんな中、ムクムク着込んで、お出かけ。というのも、今日は、調布の文化会館「たづくり」でラジオ番組の収録があったんですよ。
 調布FMのトーク番組、「調布わくわくステーション」(みんなdeねっと
)に、この私がゲスト出演♪

「なんで、マサが?」って思うでしょ。テーマは、なんとも、おこがましいのだけど、
投書の達人
「人生、なんでもありだぁ~」と、引き受けたものの、収録が近づくにつれ、「大丈夫かなぁ~」と不安が募るばかり……。だって、私は、すごく話しがヘタなんだもの。

 でも、心配ご無用。インタビュアーの「としちゃん」始め、スタッフの方は皆フレンドリーで温かく、和やかな雰囲気の中、(喋りは当然ヘタなんだけど)楽しく収録を終えることが出来た。ホッ

 放送は、<調布FM 83.8MHz>で 2月24日(日)、12時半~12時45分の予定。放送は調布住民でないと聞けないけど、後日ネットで聞くことが出来ますよ~。
 恐いような、楽しみのような、であります。

としちゃん、スタッフの方々。そして、ご紹介くださった紅蓮さん、貴重な体験を、ありがとうございました。
         
a0108328_2231994.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2008-01-23 22:34 | Comments(7)

抜糸♪   

 今日起きたら外はうっすら雪景色、とばかり思っていた。昨日の天気予報では、「明日は都心でも雪になるでしょう」な~んて、しつっこいくらい言ってたもの。

 でも、朝起きてカーテンを引くと、あれっ??雪なんて降ってないじゃない。騙された~。
 まあ、降らないにこしたことはないけど、構えていただけに、なんか、拍子抜けだよね。

 雪の予報ははずれたが、寒いのは確か。なにしろ今日は大寒である。そんな寒さのなか、H皮膚科へ行った。
 いよいよ、抜糸で~す♪
「四本?白い糸だから、見えにくいねぇ。」「抜けたかな?どうかなぁ?」と、例のH先生。
(トホホ、先生、頼みますよ。お歳のようですが、目は大丈夫ですか)
 不安になりかけたが、手術にも立ち会ったナース(すごくしっかりした感じ)が、
「大丈夫です。4本抜けました」と言ってくれたので、まあ、一安心。

 これで、粉瘤騒動も終息。サヨナラ、粉瘤。なんだか、ちょっぴり、寂しくもある。
[PR]

by masayama-chan | 2008-01-21 23:11 | Comments(2)

永遠の小百合さま   

 昼どきのテレビで、2、3年前の映画「北の零年」を放映していた。昼食を取りながら、見るとはなしに見てた。
「いくらなんでもさ、こんな小さい子のお母さんはないんじゃないの」と、主演の吉永小百合に物申すと、
「吉永小百合だから、そんなことはいいんだ」と、一緒に見ていた夫が言う。
 途中、来週公開の映画「母べえ」のCMが何度も入った。これだって、小学生の少女の母親役。おまけに、夫は浅野忠信だよ。
「60過ぎてるのに、ありえないよ」と、懲りずに突っ込むと、
「吉永小百合だから、なんでもありだ」ですって。ふ~ん、そうかい。

 ところで、NHK大河ドラマの「篤姫」。主演の「宮崎あおい」が出てくるたび、夫は、「かわいくない子だなぁ~」って、うんざりしたように繰り返す。
 そうかなぁ~。美人ではないけど、すごくかわいいと私は思う。男性の「かわいい」は、イコール「美人」なんだよね。

 吉永小百合が10代の篤姫を演じても、「小百合だから、なんでもありだ」と、夫は言うかもね。
 サユリストにとって、吉永小百合は、幾つになっても、「永遠の小百合さま」なのである。
[PR]

by masayama-chan | 2008-01-19 22:28 | Comments(6)

「ぎんなん」と「粉瘤」   

a0108328_2245415.jpg ここ数年、秋深まるころになると、知人から「ぎんなん」を、たくさんいただく。
 気持ちはすご~く嬉しいのだけどね。その~臭いが……。ムムム、強烈!!
 新聞紙に幾重にもくるんで厳重管理しているのだけど、少しづつ食べていかないと、また秋が巡ってくる。

 ということで、皮をむいて塩茹でした(といっても、私がやったわけじゃない)。
 ビールのつまみにぴったり、と言いたいところだけど、う~ん、……。どうやって調理すると、おいしいんですかね。

 
「ぎんなん」で思い出したのだけど、例の粉瘤(似てる!)、今週の土曜日に抜糸のはずだった。ところが、火曜日に皮膚科へ行くと、
「背中だから、来週でいいんじゃない」と、H先生。「背中だから」というのが、よくわからん。
「抜糸の前に運動しても大丈夫ですか。ヨガとか体操とか」と、H先生に訊ねると、
「大丈夫ですよ。切れるものなら、切ってみろ、ってんだ!」
 (@_@)(@_@)(@_@)(@_@)
 ちなみに、H先生は女医さん、です(^_^;)
[PR]

by masayama-chan | 2008-01-18 22:15 | Comments(5)

去年観た映画の話   

 昨日の夜8時から今日の正午にかけて、当ブログに不具合が発生!
 不具合の内容は「コメントが入力できない」というもの。原因は、ブログサービス側のシステムトラブルのようですが、なにか変更作業でもしていたんでしょうかねぇ。
 既に復旧していますが、皆さまには、大変ご迷惑をおかけしました。

 ところで、映画の話。
 おとといは今年初の映画鑑賞(「アース」)。
 今年は何本観ることができるかなぁ。昨年は何本見たのか、数えてみた。

    愛の流刑地
    ディパーテッド
    それでもボクはやってない
    ドリームガールズ
    ブラッドダイアモンド
    ボンボン(2回観た)
    バベル
    プレステージ
    あるスキャンダルの覚え書き
    ボルベール帰郷
    HERO
    ミスポター
    エディットピアフー愛の賛歌ー
    自虐の詩(試写会)
    サウスバウンド
    ヘアスプレー
    クワイエットルームにようこそ
    マリと子犬の物語

 18本ナリ。自分ではかなりガンバって観たつもりでいたけど、こんなもんか。今年も、目標は20本ということにしておこう。年間100本以上は観るという○オ○ンさんは、やっぱりすごいよなぁ~。

 この中でベストスリーを挙げるとしたら……。ウ~ン、悩ましい。一応選んで観ているつもりだから、「つまらなかった」というのは、基本的にはない。
 ベストスリーをしいて挙げれば、バベル、ブラッドダイアモンド、ボルベールの順かしら。
 異議あります?

        プログラムも、だんだん貯まっていく
a0108328_22522050.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2008-01-16 23:04 | 映画三昧 | Comments(8)

アース   

a0108328_21362793.jpg
 珍しく夫と映画に行った。「珍しく」なんてもんじゃないか。結婚以来、たぶん初めてよ。子供が小さいときに家族でアニメを見に行ったことはあるけど、二人だけで映画へ行くなんてね。

 その映画は、「アース」。
 夫が観たいと、言ったのだ。もう、こんなことは二度とないだろうな。「アースⅡ」でも作成されない限り。

 公開直後の祭日とあって、ほぼ満席。子供も多い。お父さんと少年の連れが目についたけど、微笑ましいよね。お母さんと娘は「マリと子犬の物語」か?

 内容は、説明するまでもない。NHK「プラネットアース」劇場版だもの。
 キャストは、ホッキョクグマ、アフリカゾウ、ザトウクジラ、ライオン、オオジロザメ、アムールヒョウetc……。そして、主役は、もちろん地球。
 
 壮大な地球の映像に息をのむ。圧倒される。動物たちの驚くべき生態や、弱肉強食の厳しい現実にも。

 でも、「すごい~」と感動するだけでは終わらない。そこには、深刻なメッセージも。
 
 一頭のホッキョクグマの餓死を予想させるラストシーン。地球温暖化は動物たちの環境に過酷な変貌をもたらしている。氷上で獲物を獲るホッキョクグマにとって、北極の氷が解け始めたら生きる術はない。このまま温暖化が進めば、2030年には絶滅の危機に!

 たくさんの人に観てほしい映画だ。きっと誰もが、この地球を守りたいと、思うだろう。

a0108328_21341864.jpga0108328_21343518.jpg
[PR]

by masayama-chan | 2008-01-14 21:41 | 映画三昧 | Comments(2)