<   2008年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

 春ウララ、お雛様、そして……   

 a0108328_2255136.jpg
 すっかり春の陽気の今日、雛人形を出した。段飾りは面倒なので、メインの2人だけ飾った。雛あられの代わりは、バレンタインデーの義理チョコの残り。娘たちもいないことだし、許して(苦笑)。
 娘といえば、次女が月曜日に札幌から帰京したが、翌々日にはスペインへ行ってしまった。まるで、春の風のよう。


 ところで、私がゲスト出演した調布FMの番組が、あさっての日曜日、いよいよ放送される♪
 Yさんという方が、下記のような紹介文を書いてくださった。う~ん、誉めすぎ。恥ずかしい。照れる(汗)

***********************************

 ◆今度の「調布わくわくステーション」のお客さまは、 
 投書の達人 ○○マサさん 
 放送予定は 3月2日(日) 12時30分~12時45分 調布FM83.8MHz

「投書の達人」、インタビュアーから頂いたマサさんのネーミングですが、珍しいと言うか、興味津々に感じませんか?でも、ご本人は「普通の主婦よ」と、おっしゃっているそうです。声も優しくて、ちょっと目には普通の主婦と言う印象なのですが・・・

 マサさんはある大手損保会社に32年勤め、5年前に早期退職。文を書くのが好きだったそうで、読売新聞の「ぷらざ」欄に投書し、初めて掲載されたのが4年半前だそうです。

  ~ 中略 ~

 その後、「ぷらざ」はもちろん、朝日の「ひととき」、毎日の「女の気持ち」など、各紙の投書欄を総なめ(「総なめ」なんて、“品”がない表現ですが)し続けていらっしゃるようです。
「どうしたら掲載されるの?」
「心に感じたことを素直に書くだけ。」と、マサさんは簡単におっしゃいますが、これって、そんなに簡単なことでもなさそう。「投書」は「おしゃれ着」なのだそうです。会話の端端に、ヒントがありそうですね。

**********************************

 当日の放送は調布市在住の方でないと聞けませんが、後日HPに載ったらブログでお知らせしますね♪
[PR]

by masayama-chan | 2008-02-29 23:08 | Comments(6)

坂東眞理子講演会「日本人の品格」   

 a0108328_2225358.jpg

京王プラザホテルで開かれた坂東眞理子さんの講演会へ出かけた。テーマは、
「日本人の品格」

 会場に一歩足を踏み入れると、その人の多さにビックリ。数えたわけではないが、1000人近くはいたかも。熟年女性が圧倒的に多いが、年配の男性の姿もちらほら。

 キョロキョロしているうちに、真打ち・坂東眞理子さん登場。
 真っ赤な上着に長めの黒いスカート、大きめのイヤリングにネックレス。ネックレスは一見凝ったもののようだが、セーターの柄に被ってよく見えない。残念!
 まあ、そんなことはどうでもいいか。

 公務員(官僚)時代の話には、自分の会社員時代を重ねて、ウンウンとうなずくばかり。私などとは比べようもないが、東大出のキャリア官僚にしてさえ女性ならではの苦労はあったようだ。
 熟年世代より、これからの若い女性に聞いて欲しい話かも。

 あっという間の一時間半。どれもこれも納得のいく話。上から目線でないのが共感を呼ぶ。そして、最後の言葉が印象に残った。
「小さな小さな力を、周りの人たちのために使いませんか」

 蛇足だが、著書「女性の品格」は290万部売れたとか。昨秋発売された、「親の品格」も売り上げ好調のよう。「女性の基礎力」も同様。
「今日の講演会は、本の拡販のためではないですよね」なんて勘ぐるのは、全くもって、品格ありません!!
[PR]

by masayama-chan | 2008-02-27 22:05 | Comments(6)

訪問者数 変、変、変!?   

 私のブログの訪問者数は、とても控えめ。公にするのが恥ずかしいくらいデス。訪れて下さる方の詳細を知るすべはないのだけど、ほとんどお友だちだと思う。

 ところが、です。
昨日、パソコンを落とす前にちょっと見てみたら、お、お、お、お、私にしては、天文学的数字!!もう、びっくり。
 真っ先に思った。システムエラーだ。
 で、ブログサービスの掲示板に、
「訪問者数が変です。システムエラーが発生していませんか」
 という、メッセージを書き込んだ。こうした不具合は、多くの利用者に起きている可能性があるからね。
 
 でも、全く反応がない。???かといって、絶対ありえない現象。幾つもの条件が重なって発生する、レアなエラーケースかもしれない。

 今日は、いつもの控えめな数字に戻った。
 なんだか、ほっとしている(笑)

 ところで、今日も風の強い日だった。札幌から娘が帰るはずだったのに、悪天候のため飛行機が飛ばず。久々の再会ならず(泣)
[PR]

by masayama-chan | 2008-02-24 23:00 | Comments(8)

殿下と「百年の孤独」   

 風が強くて、犬の散歩のとき吹き飛ばされそうになった。
 風当たりが強いといえば、今日2月23日は、皇太子殿下の48歳の誕生日らしい。
「あのナルちゃんも、そんな歳になったのね」
 な~んて、親類のおばさんのセリフか。

 誕生日に先立つ先週、宮内庁長官の微妙な発言があった。遠まわしな言い方だが、要するに、
「もっと、実家(皇居)に行って、孫の顔を見せてあげなさいよ」
ってことでしょ。

 夫の実家に足が向かないのは、世間ではよくある話。世間一般の家庭とでは立場が違うとわかっちゃいるけど、記者会見でこんな発言をされたら、嫁(雅子妃)の立つ瀬がない。雅子妃が傷つかなければいいがと、私は心配する。(私のようなものが心配しても、いた仕方のないことだが)

 a0108328_22393150.jpg

ところで、不確かな週刊誌情報によると、皇太子殿下の愛飲するお酒(焼酎)は、
「百年の孤独」とか。
 殿下は酒豪らしいですが、夜ひとり静かに飲まれるんでしょうか。
[PR]

by masayama-chan | 2008-02-23 22:40 | Comments(4)

ロザンナさん   

 先週、ロザンナさんをテレビで久々に拝見した。あの「ヒデとロザンナ」の、ロザンナのことです。

 ロザンナさんとは、その昔、会ったことがある。それも、珍しい場所で。
 その場所とはね、世田谷の保健所。実は、子供の3ヶ月検診が一緒だったわけよ。長女のときだった。彼女も娘さん(末っ子)を連れていた。当時私は、世田谷区南烏山に住んでいたのだけど、ご近所だったのかしら。
 
 ロザンナ&お子さんは、私の隣で検診の順番を待っていた。
「もう、すご~くいい子なのよ。ミルクはたくさん飲むし、よく寝るし、泣かないし」
 誰に話しているやら、自慢げだった。
 「ヒデが車で送ってくれて、近くで待ってるのよ」なんて、関係ない話もしていた。

 私は、その話に落ち込んだ。ちょっぴり、妬いていたかもしれないかな。
 それは、ロザンナさんが芸能人だからではなく、ダンナがヒデだからでもなく、純粋に母親として。

 私の方は、娘が哺乳瓶のミルクを全く受け付けなくて、困りきっていた。すでに職場復帰していたので母乳というわけにもいかないしね。体重は思うように増えず、ぐずってばかり。もう、悩みのどん底にいたわけ。

 だから、ロザンナさんの言葉に、「そんなに自慢しなくてもいいじゃない」ってひがんだのかなぁ。新米ママの私は、ミルクをいっぱい飲む子が、羨ましかったのね。

 先週、テレビに映ったロザンナさんは、だいぶやつれて見えた。あのあとのロザンナさんには、私とは比較にならないくらい、いろんな出来事があったのでしょう。
 今は、頑張っている彼女を応援している。
「袖振り合うも他生の縁」だから。
[PR]

by masayama-chan | 2008-02-21 21:56 | Comments(6)

「歓喜の歌」   

 今日、「歓喜の歌」を見てきた。「奈緒子」にしようか迷ったけど、プレミアスクリーンで上映されていたこともあって、「歓喜」にした。
 プレミアスクリーンは座席がゆったりしているから、隣の人が気にならない。サイドテーブルに飲み物を置いて、リッチな気分よ。

a0108328_22225020.jpg地方都市の文化会館の主任が主人公。小林薫が演じている。かなりテキトーな市職員だ。テキトーゆえ、大晦日の公演予約をダブルブッキングしてしまう。
どちらもママさんコーラスで、「みたま町コーラスガールズ」と「みたまレディーズコーラス」。
はは、ダブルブッキングもありえるか。
 
両者の間で右往左往する主任・小林薫が、なんともおかしい。セリフが一本調子な役者と思っていたけど、実はかなり味わい深い。ウケる。

 a0108328_2223765.jpg
「 コーラスガールズ」のリーダー安田成美は、まあ、相変わらず、おきれい!他のメンバーは、その辺のママさんコーラスにいても、ちっとも不思議じゃないんだけど、彼女の美しさは別物だ。

 ヘラヘラ笑って油断していたら、最後にぐっときた。
[PR]

by masayama-chan | 2008-02-19 22:30 | 映画三昧 | Comments(2)

主婦のランチ   

 a0108328_2335775.jpg

 D通大の食堂で、「としちゃん」とランチした♪大学の食堂でランチすることは、もう一生ないと思っていたけど、今日は学生気分でルンルン!

 メニューは、「サーモンフライ・タルタルソース添え、小鉢2つ、味噌汁、五穀米」
 これで、700円はお得でしょ。けど、学生さんには高いようで、ついぞ姿を見かけなかった。学生向きの食堂は、別にあるそうだ。

 
 ランチといえば、ず~っと昔、会社に勤めていたころの話。職場の近くに、おしゃれなレストランがあって、プチ行事とかでたまに利用すると、主婦たちのグループによく居合わせた。
「マダムたちは、優雅でいい気なもんだわよねぇ」と、当時はやっかみ半分で揶揄したもの。だって、ランチメニューは最低でも1800円(?2300円だっけ)はしたもの。

 でもね、今思うと、彼女たちだって毎日おしゃれなレストランでランチしていた訳でもないでしょうよ。普段のささやかな昼食に代えて、たまに味わうリッチなお昼ごはんだったかもしれないよね。な~んて、今は他人事ならず。

P.S)
 食堂のある建物の入り口に、パンの自動販売機があった。なつかしい!
 OL時代、地下の食堂にあった自動販売機でよくパンを買ったんだもの。
 当時の私のお気に入りは、「チーズコロン」
 真ん中に、大きなチーズがコロンと入っていた。
[PR]

by masayama-chan | 2008-02-18 23:09 | Comments(3)

「風が強く吹いている」   

 今日、東京マラソンがあった。雨の中で開催された去年と違い、天候に恵まれてよかったね!
 東京マラソンって、ただ?の市民マラソンとばかり思っていたけど、すごい選手も出ているのね。今回は、北京五輪の選考も兼ねているとか。そんなすごい大会だとは、知らなかったよ。
 
 a0108328_21491148.jpg
 マラソンといえば、三浦しをん著「風が強く吹いている」を、さっき読み終えたばかり。
 娘に勧められて読んだけど、これが、期待以上。すごく、おもしろかった!!娘は、繰り返し繰り返し、何度も読んだそうだ。
 
 おんぼろアパート「竹青荘」に住むK大の学生10人(住人は10人しかいない)が、箱根駅伝を目指す話。目指すだけでなく、本当に箱根を走っちゃうのだ。
 陸上の経験なんてほとんどない彼ら。おまけに、監督は大家であるご老人ときている。
 
 こんな素人集団が箱根駅伝に出場するなんて、夢物語といえば、まあ、その通りなんだけど、それをいっちゃあ、お終いよ。

「俺たちが行きたいのは、箱根じゃない。走ることによってだけたどりつける、どこかもっと遠く、深く、美しい場所」

 読みながら、爽やかな風が心を通り抜ける。こんなストレートな青春小説に感動できる自分も、悪くないかなぁ~!ハハ
 
[PR]

by masayama-chan | 2008-02-17 21:59 | 本だな | Comments(6)

「J:COMオンデマンド」利用開始   

a0108328_2322734.jpg

遅まきながら、今日から我が家でも、「J:COMオンデマンド」のサービスを利用開始。
といっても、筋金入りの機械オンチゆえ、どんなものやら、よくわからんが、うたい文句は、
「配信タイトル数は約1万、リモコンひとつで観たい番組だけを24時間いつでも視聴できる!」


 工事を終えて、便利だなぁ~と思ったのが、録画するのにビデオテープなどの媒体がいらなくなったこと。チューナー(レンタル)に大容量ハードディスクが搭載されてるからね。もちろんビデオデッキをセットすれば、同時録画できるし、マ~くんに代えてマ~くん(注:ダビング)も可能。 

 あと、同じ時間帯の番組を同時録画もできるとか、なにやら、おいしい話がいっぱい。
 でもね、はたと考える。私って、そもそも、テレビはあまり真面目に見ないのよね。ビデオはもっと見ない。この、「J:COMオンデマンド」のサービスを享受する局面が、はて?どれほどあるのやら。

 あ~あ、娘が帰ってきたら、言われるかなぁ。いや、絶対に言われる。
「猫に、小判」
[PR]

by masayama-chan | 2008-02-15 23:26 | Comments(2)

車内の化粧・新バージョン   

 電車の中で化粧をする女性は、今どきそう珍しくもないが(というか、私も経験者だった(^_^;))、今日はその発展形?を目撃した。
 座っている子供(小学4、5年位の女の子)に、前に立っている母親が、せっせと化粧をほどこしているのである!

 ファンデーションをたたいたり、チークを塗ったり、眉を整えたり。はて?これはいったいどういうことなんでしょう。
 なにかのオーディションでもあるんでしょうか。バレエの発表会のようには見えないし。
 子供は母親になされるまま。嬉しそうには見えないけど、文句を言うわけでもない。

 一方、母親のほうは真剣そのもの。かなり、気合が入っている模様。失礼とは思いながら、つい目がいってしまう。
 親として、一番幸せなときかもしれないね。子供と同じ夢を見て、精一杯かまってられるうちが。まあ、そのうち……。
 
 ところで、電車に乗って今日はどこへ行ったって?それは、内緒です♪♪♪
[PR]

by masayama-chan | 2008-02-12 19:19 | Comments(0)