<   2009年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

沈まぬ太陽   

a0108328_21525578.jpg
観てきました!
映像化不可能といわれた、山崎豊子の小説を映画化した超大作、「沈まぬ太陽」

史上最大のジャンボ機墜落事故(御巣鷹山)を核に、1960年代から80年代までの激動の時代を生き抜いた、信念の男の壮大なドラマだ。

上映時間は3時間22分と、近年稀にみる長さ。

でも、「眠ってしまうかも」の心配は、杞憂だった。主人公を巡る奇々怪々?の人間模様は、飽きさせません!
トイレの心配も、ご無用。休憩時間(トイレタイム)が設けられています。

主人公の恩地元には、渡辺謙。日本を代表する航空会社、国民航空(NAL)の社員だ。
労働組合の委員長として会社側と過激な闘争を繰り広げ、要求を貫徹する。
結果、持っていたのは、報復の左遷人事。カラチ、テヘラン、ナイロビと、10年に及ぶ僻地の海外勤務。
理不尽な処遇にも不屈の精神で耐える男を、渡辺謙が熱く演じている。
「絶対に演じたい」と、自ら作者にアプローチしてまで望んだ役だ。

そして、帰国後に起きた史上最悪の航空機事故。
遺族係りに命じられた恩地は、悲嘆にくれる遺族に誠心誠意で対応する。
遺族による遺体確認の場面は、涙なくしては見られない。

一方、恩地と対照的なのは、三浦友和扮する行天四郎。
労働組合副委員長として恩地とともに闘ったにもかかわらず、出世と引き換えに組合を分裂させ弱体化をたくらむ。
己の出世のためなら、どんなに汚い手段もいとわない上昇志向の極めて強い男だ。

印象的なセリフがある。
行天が恩地に、日本勤務に戻りたければ謝罪しろと言う。
「形だけでいいんだ。頭を下げたフリをすればいいんだよ」
恩地が信念を曲げるわけがない。二人の男の、対象な生き様が浮き彫りになる場面だ。

企業のどんな不条理にも強固な意志で矜持を貫き通した恩地の生き様は、文句なしに感動的だ。
でも、私は上昇志向の強い行天のような男も、実は嫌いじゃない。愛人スッチー松雪泰子の気持ちも、少しはわかる。

フィクションとうたっていても、NALでしょ。御巣鷹山でしょ。連想しないわけないじゃない。
J○Lの経営再建が大きなニュースとなっている今、なんともタイムリーな映画だ。

西村雅彦の取締役はどうかと思うし(軽すぎ!)、加藤剛(首相役)のやつれ方も気になるし、会長役の石坂浩二は顔が丸くなった気がするし……。
言いたいことがまだ沢山あるけど、長くなるので、ハイ、この辺で。
[PR]

by masayama-chan | 2009-10-29 21:59 | 映画三昧 | Comments(6)

芸能大会   

朝出かけようとしたが、突然の寒さで着るものがない!秋冬物は、まだ出していないのだ。
急を要したので、娘の部屋にあったスクールセーターを借りることにした。
Tシャツの上に、紺色のスクールセーター。ジャケットは脱げませんね(苦笑)

ところで、金曜日。皇居で格調高い舞楽を鑑賞したあと、急いで調布に戻って、駅前のホールに駆け込んだ。
母が、老人クラブの「芸能大会」で踊るのだ。年に一度?の晴れ舞台~♪

平均年齢は、幾つでしょう~。
遠くからだと、みなさん、キレイですよ~♪
a0108328_1831139.jpg


a0108328_18314729.jpg
母、82歳。
手と足が、なかなか色っぽいでしょ??

この老人クラブ「芸能大会」、
舞踊、民謡、合唱、カラオケ、フラダンス、なんでもあり。
お世辞にも上手とは言いがたいが(汗)、出演することに意義あり。
舞台に上がって、スポットライトを浴びることが重要なのだ。
緊張感、高揚感、期待と不安、誇らしさと楽しさ。
こうした機会は、老後の生活に、どんなに張りと刺激を与えてくれることでしょう。



私も、将来に向けて何か考えなくちゃ。
合唱がいいか、はたまた、フラダンス?
[PR]

by masayama-chan | 2009-10-26 18:37 | Comments(10)

秋季雅楽特別演奏会   

昨日は、皇居内で行なわれた、「秋季雅楽特別演奏会」に行ってきた。
天皇陛下御即位20年記念として行なわれたものだ。

演目は、「太平楽(たいへいらく)」と、「狛桙(こまぼこ)」のふたつ。

楽曲にあわせて、舞人が舞台で舞う。
その、あまりの格調高さ、スローな動きに、つい、ムムムム~~。
でも、みなさん、背筋を伸ばし、見入っている。どうして眠くならないのでしょう~。観客も格調高いみたい。

a0108328_21575936.jpg
「太平楽(たいへいらく)」

絢爛な甲冑装束をまとって、4人の舞人が太刀と鉾を持って舞う。





a0108328_2215634.jpg
「狛桙(こまぼこ)」

五彩の棹を持って、4人が清楚に舞う。

スローで退屈なんて、言ったらいけません(汗)。
フツー見られないでしょ。こうした舞楽は。なかなか、興味深かったデス。


皇居の中の石垣。
ここを入って演奏会場(楽部)まで、かなり歩いた。
広い皇居内は整然としてゴミひとつ落ちていない。でも、太り気味のネコがいた。そのへんに、ヘンな落し物をしないでね~。
a0108328_21583965.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2009-10-24 22:07 | Comments(8)

ノスタルジー   

所用で「明大前」に行った。
その帰り、昔住んでいたアパートを訪ねてみようと思い立った。
今では都心へ向かうときの通過駅でしかないが、かつてこの街で暮らしたことがある。
何を隠そう~。新婚だった神田川?時代の3年間を送った、なつかしい街だ。

駅からの道を、思い出を辿って歩いた。
住所は、確か杉並区和泉2丁目・・・…。
そのあたりに行き着いたけど、記憶に残る風景は、どこにも見当たらない。
あたりをウロウロしてみたけど、まるで見知らぬ土地。

そうだよな~。あれから、何年経ったんだろう。
当時でさえ古いアパートが、今さら残っているわけないか。
当然予想されたこと。でも、楽しいプチ散歩だったわ(負け惜しみ)

a0108328_1856538.jpg
駅前もずいぶん変わった。
かつては、改札を出るとパン屋があった。
富士銀行があったはずの場所には、駅ビルが建っていた。
[PR]

by masayama-chan | 2009-10-22 18:57 | Comments(6)

さまよう刃   

a0108328_2221580.jpg妻を亡くした私にとって、娘はただ1人の肉親です。かけがえのない宝です。あの子がいるからこそ、これからの人生に生きていく意味を持てました」

その最愛の娘が、少年らによって陵辱され、殺された。

東野圭吾のベストセラーを映画化した「さまよう刃」を、昨日観てきた。
悲しさとせつなさと憤りで、胸が詰まるような作品だ。

愛する娘が、まるで肉の塊のように扱われるシーンを収めたビデオテープ。
それを目にした父親の、戦慄と慟哭。果てしない怒りと憎しみ。
なのに、加害者は少年法に守られ、重い刑を課せられることはない。
父親は、自らの手で裁こうと、逃亡した少年を追う。

この父親の行動は極端だが、娘を持つ身として、わからなくもない。
法が守ろうとしているのは、被害者の家族の心情ではなく、未成年である少年たちの未来なのだから。

父親役に寺尾聡。寡黙な中に静かな悲しみと絶望を漂わせて、見ているのがつらいほど。

法は誰の味方か。自分たちのしていることは正しいのか。被害者の父親への心情と、職務との間で心揺れる刑事役に、竹野内豊(カッコイイ!)
竹野内刑事の胸に残るのは、きっと限りない虚しさと、やるせなさ、でしょう。
[PR]

by masayama-chan | 2009-10-19 22:32 | 映画三昧 | Comments(6)

禅寺丸古木~   

「禅寺丸」とは、小坊主?!の名前ではなく、甘柿の一種。
江戸時代、このあたり(武蔵野周辺)の農家で盛んに生産されたらしい。

その古木が、近くのお宅の庭にあると聞いて、散歩がてら見に出かけた(ヒマ人)。
なにしろ現在は、「都指定天然記念物」なのだ。
念のため市の郷土博物館に、「よそのお宅の庭に勝手に入って構わないでしょうか」と聞いたところ、「大丈夫ですよ」との返事。

どんなすごい木かと思ったけど、圧倒されるほどではない。素朴に大きいというか。
長い年を風雨にたえ、健気に生きてきた歴史を感じさせる。
よく見ると、柿が実っていた。

すごいのは、むしろお家のほうかも。
「旧家の庭先にある」と聞いてはいたが、確かに旧家!瓦葺の屋根!だもの。
人里離れた場所じゃないのよ。すぐ前は、車や人の往来が激しい三鷹通り(たぶん)。このお宅の周りだけ、別の空気が流れている。

表札があったし、家の前には傘が置かれていたから、住んでいらっしゃるのでしょう。
私のように見知らぬ人間が敷地内にずかずか入ってくるのだから、天然記念物を守っていくのも楽じゃないでしょうね。

勝手にお庭に入り、見させていただきました。ありがとうございました~♪

a0108328_21335010.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2009-10-17 21:39 | Comments(4)

私の中のあなた   

a0108328_15331453.jpg最初のシーンから、ずっと切なかった。
バケツ一杯分くらい泣けそうでいて、涙はまぶたのふちに留まって、こぼれ落ちない。
なぜだろう?
キャメロン・ディアスが母親役を演じる、
「私の中のあなた」

妹は、難病の姉を救うためのドナーとして、遺伝子操作によって生まれた。
臍帯血、骨髄移植、輸血。出生直後から数え切れないくらいの犠牲を強いられてきた。
やがて姉は腎不全を起し腎臓移植が必要に。
でも、13歳になった妹は、ドナーとなるのを拒む。
「もう、自分の体を傷つけたくない」
そして、ドナー提供を強いる両親を相手に訴訟を起すのだ。

「腎臓を提供したら、激しい運動もできないし、チアリーダーもなれない」

確かにそうだろうなぁ~、13歳の女の子だもん、って思うでしょ。
でも、実は……。これ以上書くとネタばれになっちゃうのだけど、そこには姉妹の美しい絆があった……。

一見感動的なエンディングだけど、う~ん、どうなんだろうか。
両親の愛の結晶ではなく、姉のドナーとなるべく遺伝子操作で生まれた妹。
訴訟に驚き怒り、裁判を受けて立った母親。
妹の心に、両親(特に母親)に対するわだかまりや不信が残ることはないのだろうか。
いや、そう深く考えず、素直に感動しましょうか。なにしろ、家族の愛と絆を描いた作品なんだから。
[PR]

by masayama-chan | 2009-10-14 15:36 | 映画三昧 | Comments(2)

秋晴れの3連休   

お天気に恵まれた3連休。みなさん、いかがお過ごしでしたか(手紙みたい、笑)

昨日は、駅前に買い物に出かけたついでに、市の文化会館でジャズを聴いてきた。
「Big Band Jazz & Funky Vocal NORIKO LIVE」

アンコールの2曲を含めて、2時間たっぷり。
Jazzはよくわからないのだけど、演奏も軽妙なトークも、とても楽しめた~♪
無料というのが、嬉しいじゃない。

文化会館の周りでは、商工まつりが行なわれていて賑やか。
a0108328_2219658.jpg


おとといは、散歩がてら神代植物公園へ行った。
午前中突然降った雨のおかげで、植物が生き返ったみたい。
雨のしずくが残るバラがきれいでしょ。
a0108328_22193091.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2009-10-12 22:20 | Comments(4)

45年前の東京オリンピック   

2016年のオリンピック招致に涙を飲んだ東京。
残念だけど、こんなことだろうとは思っていたよ。
なんでも、勝者リオデジャネイロは、開催地が決まるその日を、休日にしたとか。
既に、この時点で東京は負けていた。
環境五輪という、東京の目指したものは素晴らしいと思うけど、オリンピックに必要なのは、なにより「国民の熱い思い」じゃないの。

45年前の今日10月10日は、東京オリンピックの開会式。日本中が期待と興奮と感動に沸いた。
成熟した今の日本で、あの45年前の情熱を再現するのは難しいかもしれない。

そういえば、今日の読売朝刊「気流」に、こんな投稿が載っていた。
おやっ?見覚えのある名前だわ。フフフ。

a0108328_21554630.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2009-10-10 21:59 | Comments(12)

一ヶ月検診   

赤ちゃんの生後一ヶ月検診ではありませんよ~。車でもない。
「目」です。先週、術後一ヶ月検診に行ってきた。

待ち時間の長さは相変わらずだけど、今回は検査にもかなりの時間を割いた。

さまざまな距離で視力を測る。
遠くは、1.2。 直近は、1.0。 30cmの距離では、0.6(だっけ?) 50cmでは、0.4。
多焦点眼内レンズは中間距離が見えにくいと説明されたけど、それが如実に証明された。
「遠くも近くもよく見える」がうたい文句のレンズだが、(若いころの)人間の目のようにピントを自由に合わせることはできない。
これが、人工レンズの限界か。

ただ、本人は、中間が見えにくいという意識は特にない。
無意識に顔を近づけたり遠ざけたりして、調整しているのかもしれない。

手術直後はパソコンの画面がすごく見にくかったけど、今はだいぶ慣れた。
本や新聞を長時間読むのはまだ疲れるけど、これもそのうち慣れる(と希望を持っている)

ウ~ン、満足度100%というわけにはいかないけど、80、いや90%満足かな♪今のところ。

*.♪。★*・゜ 台風一過 昼前から青空が広がった。
昔は、「台風一家」だと思っていたよ(笑)

オンシジューム ずいぶん長く咲いています~♪
a0108328_14461729.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2009-10-08 14:48 | Comments(10)