<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

今年の終わりに(今年の漢字)   

世間では、今年の漢字は「新」
でも、私にとっての今年の漢字は、これしかない。
「目」!!

私が手術によって快適な視力を得たのは、8月末。
2ヶ月後、愛犬チェリーが視力を失った。
そして今度は、母。緑内障が悪化し、先週手術を勧められた。
東大病院を紹介され、来月受診することになっている。

いいことも、悪いこともあった。
喜びに浸っていると、思わぬ落とし穴がある。
それでも家族みな健康で平穏に過ごせたことに感謝しよう(チェリー、ゴメン)

この1年、つたないブログに付き合って下さった皆さま、ありがとう~♪
来年も、どうぞよろしく~~。
そして、どうか、よいお年を。

毎年、知り合いの陶芸家から、備前焼の干支が送られてくる。
a0108328_1612521.jpg


手前は、12年前のもの。
さらに、その前(24年前)のトラも健在。
というわけで、どんどん溜まる。
a0108328_16122096.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2009-12-31 16:13 | Comments(8)

リコーダーアンサンブル コンサート   

暖かく穏やかな日が続いている。
大掃除日和と言えそうだが、我が家では大掃除は先週で終わっている。
というか、私の気持ちの中で終わらせた。強制終了!(笑)

a0108328_1842405.jpg昨日の夜は、調布市の文化会館「たづくり」へ、リコーダーアンサンブルを聞きに行った。
結成25年周年を迎えたリコーダーサークルの記念コンサートで、私のお友だちが出演している。

14人の乙女(!?)たちの奏でるハーモニーの、なんと軽やかでさわやかなこと~♪
やさしく、どこかなつかしい響きだ。
(← たづくりのエントランス)

リコーダーといえば、子供たちが小学生のとき使っていたものを思い浮かべるけど、大きさはいろいろ。
ものすごく大きな大バス・リコーダーには、たまげた!

それにしても楽器が弾けるのって、ホント羨ましい。音符が読めて楽器の弾ける人は、たいていスポーツも得意だから(友だちもそうだし)、重ねて羨ましい。

来客中だったので、第1部を聞いて会場を後にしたが、帰り道余韻が心に広がった。


a0108328_18433962.jpg
ところで、今日は、こんなものをいただいた。
一瞬、「何よこれ、気持ち悪い」って思ったけど、ほう~アワビじゃないの。
クネクネ動いている!!
[PR]

by masayama-chan | 2009-12-28 18:52 | Comments(7)

第九~♪   

a0108328_1962141.jpg天皇誕生日の23日、年末の風物詩ともいえるベートヴェン「第九交響曲」を聴きに出かけた。
場所は、新宿文化センター。

友だちが合唱団の一員として舞台に立つということで、興味半分で双眼鏡を持って行ったのだけど、そんなもんなくても、よく見えた(苦笑)


友人によると、今回の指揮者の4楽章はSPEED重視で、めちゃくちゃ速いとのこと。
なにより、言葉(独語)の意味と発音を重視し、音程や長さ、強弱を多少犠牲にしても、肉声がベートーベン(シラー)の趣旨どおりに観客に届くように、と。

う~ん、クラシック音痴の私には違いがよくわからなかったけど、壮大な歌声は心に響いた。そして、なぜだろう、涙が出そうになった。

指揮者にも、魅了された。身振り手振りが魅力的だし、けっこうカワイイ!

アンコール曲は、「きよしこの夜」
客席に向かって、指揮者がタクトを振ってくれた。
もちろん、私も歌ったさ~♪

PS)
帰り、新宿3丁目駅に向かったつもりが、気づけば厚生年金会館前。
新宿で迷子になってしまった私(涙)
[PR]

by masayama-chan | 2009-12-25 19:09 | Comments(4)

朝日新聞「ひととき」   

朝、友だちからの「見ましたよ~」のメールに、コンビニまで走った。
我が家では購読していない新聞を買うため。

そう、今日の朝日新聞「ひととき」に、私の投稿が載りました~♪
内容は、ブログでさんざん嘆いたチェリーの失明の話。

「犬を飼っていない人にはどうでもいい話かなぁ~」とイマイチ自信がなかったので、先週新聞社から、「掲載予定です」と電話があったときは、嬉しかった。

一時は悲嘆にくれたけど、これで気持ちの整理がついた気がする。

a0108328_12171522.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2009-12-23 20:18 | Comments(8)

お気遣いなく~   

「ピーンポーン」
この時期、我が家のチャイムを鳴らすのは、99%宅配便のお兄さん(おじさん)。

今日は、カニが届いた。松葉ガニの足だ。
半端じゃない量に、冷凍庫も悲鳴~!古い方には出て行ってもらわないと。
a0108328_2084150.jpg


ここだけの話(ホントにホントに申し訳ない話だけど)、心こもった盆暮れの品も、ふたり暮らしの我が家では、最近は困惑ぎみ~。
特に生ものは、悩ましい。冷凍庫の整理に追われる日々だ。

このところ、夫は出張や忘年会やらで家で夕飯を食べないことが多い。
いっぽう私ときたら、なんせ小鳥?ほどしか食べないもんね。

今年は、礼状にこう書いた。
「どうか、お気遣いなさいませんように」
果たして、真意が伝わったでしょうか。


ところで、閉幕したCOP15。
COPって、コペンハーゲンの略だと思っていた(汗)
締約国会議(Conference of Parties)の略ですってね。勘違いしていたのは私だけ??
[PR]

by masayama-chan | 2009-12-20 20:12 | Comments(12)

「ゼロの焦点」   

「私が、……殺した」

公開されてしばらく経つ、「ゼロの焦点」
今日やっと見てきた。

a0108328_2229211.jpg中谷美紀が光っていた。
凄みがあるというか、鬼気迫る演技だ。
女優陣の中では、抜群の存在感。

広末涼子は、相変わらず甘ったれた声を出して演技も深みに欠ける。
ただ、もともと幸薄そうな顔立ちなので、役にはまっていると言えば、言えるか。

地味ながら、さすが!の木村多江。
薄幸の女性を演じて、この人の右に出るものはいません。


あと忘れていけないのが、広末の夫役の西島秀俊。けっこうファンなの~♪
もの静かで、どこか陰がある。こういう人がいたら、私は絶対惹かれると思う。
そして、広末と同じように悩むに違いない。
「私は、本当の彼を何も知らない」ってね。

日本がアメリカ軍に占領されていた時代があったことを、普天間基地移設問題に揺れる今、改めて思った。
この映画のように、悲しい女たちが存在したことも。
[PR]

by masayama-chan | 2009-12-17 22:32 | 映画三昧 | Comments(8)

「女の子ものがたり」   

「おとなになったら幸せにはなれないと思っていた」

a0108328_18395780.jpg土曜日、調布パルコシネマのレイトショーに出かけた。
深津絵里主演の「女の子ものがたり」
少女時代の友だちとの思い出が、スランプから抜け出せない漫画家(深津絵里)の回想というかたちで描かれている。
漫画家・西原理恵子の同名ベストセラーが原作だ。



a0108328_18405128.jpgのどかな田舎町で過ごした少女時代。ノスタルジックな風景がスクリーンに広がる。
ふたりの友だちと過ごしたかけがえのない日々。おかしくて切ない記憶。
大切な思い出は、主人公を大スランプから救ってくれるのか?


大人になった主人公菜都美と夫の暴力で顔の腫れた友人キイとの、泥まみれの取っ組み合いのケンカが見もの。
もうひとりの友人ミサも、やはり夫の暴力で頭に傷を負い(かなり痛々しい)、それでも彼女たちは菜都美に言う。
「私は、幸せよ」

私の率直な感想は、製作者の意図とはずれるだろうが、
「不幸な子は、どこまでいっても不幸なの(怒)」

だって、ダンナに酷い暴力を振るわれて、それでも「幸せ」なんて言うのは、生い立ちが影響しているとしか思えない設定だもの。
といっても、この映画はDVが主題ではなく、話のツマみたいなものですが。

観客は、若い女の子が多いと思うでしょ。
ところが、意外や意外、男性が多かった。
それも、30代~50代の「ひとりおじさん」
どういうこと~?スッピンでもキレイな深津絵里が目当てかしらん??

PS)
帰宅したら、夫が、またもやドッグスペースで犬と寝ていた!
夫もヘンだが、夜遅くひとりでガールズ・ムービーを観に行く私もヘンか???
[PR]

by masayama-chan | 2009-12-14 18:48 | 映画三昧 | Comments(8)

治療終了   

「自己主張せず、
いいなりにならず、
何事もうやむやにする。
とりあえず笑顔。
弱腰でもいいではないか。」

先日Y新聞で目に留まった文章だが、これ、処世の基本らしいですよ。
「日本辺境論」の書評の1節だが、妙に納得。
いろんな人の顔が思い浮かぶもの。鳩○サンとか(苦笑)

ところで、今日は冷たい雨の中、日本獣医生命科学大学の付属動物医療センターへ行ってきた。
今回は、肝臓の状態をチェックするためだ。
網膜の炎症を抑えるステロイド剤を服用していたため、その副作用で肝臓機能の数値が悪化。
で、ここ2週間ほど肝臓の薬を服用していた。

結果、投薬の効果あり。肝臓の状態は改善した。
そして、そして、治療は今日で一応終了ということだ。
つまり、それは、チェリーの目は二度と見えるようにはならないということでもある(泣)。

獣医師の推測では、かなり強い炎症が起きて視神経がダメージを受けた。
ステロイド剤の投与で炎症は治まったが、ダメージを受けた視神経が復元することはないと。
う~ん、この最終通告をどのように受け止めたらいいのだろう。

沈痛な面持ち(に見えた)で説明された獣医師は、学者タイプの静かなたたずまいの青年(私からすると)だ。
治療は終わったが、予断を許さない。
来月にでも、炎症が再発していないか眼底検査をしましょう、とのこと。

最後に、「お嬢さん、お正月には帰省されますか」と聞くので、「ええ」と答えると、
「次回は、帰省中に一緒に来られるといいですね」と言う。
「いえ、それはムリです。三が日が明けたらすぐ帰ると思います。授業が年明け早々始まりますので」

← なんと、そっけない私の返事。
もう少し社交辞令的な言葉もあったでしょうに(大反省)


最近は、こんなふうに小屋に入って寝るチェリー
a0108328_22523624.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2009-12-11 22:58 | Comments(8)

切り干し大根   

先月大根堀りのイベント?で大根を5本収穫。
せっせと食べているつもりが、なかなか減らない。まだ4本残っている。
で、切り干し大根を作ることにした。

a0108328_22534256.jpg
これで、2本分。
いちょう切りにした。切るのが一番楽だから。
母が見たら、「こんなに厚く切って」と小言を言うだろうね(汗)


相当な量に見えるが、干しあがると手のひらに乗るくらいになってしまう。
スーパーで一袋100円で売られているのが、恨めしや~。

そういえば、母は6本収穫して持ち帰った。
一人暮らしになのに、いったいどうするんだろうね。

こちらは、先月送られてきた会津の「みしらず柿」
さとさんちと一緒でしょ~♪
渋柿だけど、甘い~。時間がたつと柔らかくなるので、要注意。
私は、柔らかくてトロ~ンとした柿が、大、大、大の苦手。見るのも嫌なくらい。
a0108328_2254986.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2009-12-08 22:57 | Comments(6)

忘年会~♪   

昨日は、どしゃぶりの中、忘年会へ出かけた~♪
メンバーは、長女が保育園に通っていた頃の、パパママ&先生。毎年恒例の会だが、子供たちの年齢を考えると、四半世紀は続いているかもしれない。
調布を離れた人も多いけど、この日のために遠くから集まってくる。
なんてステキな会なんでしょう~。
再会を喜び、「変わらないわね~」と、お互いを慰めあい?ながら、いつものように楽しいひとときを過ごした。

奥のテーブルでは、お父さんたちが盛り上っていた。何を話しているんでしょう。

a0108328_2102350.jpg


PS)
私は、二次会(カラオケ)に出席して、午前様。
帰宅すると、一次会で帰った夫が、ドッグスペース(=犬小屋)で、犬と一緒に寝ていた(驚)
犬と遊んでいるうちに寝てしまったらしい。
「風邪ひくよ」と言ったら、「犬は温かい」ですって。コタツ代わりか!??
[PR]

by masayama-chan | 2009-12-06 21:02 | Comments(19)