<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

「インセプション」   

    昨日は、暑さも一休みということで、久々?に映画館へ行った。
    レオナルド・ディカプリオと渡辺謙が共演した、「インセプション」
   「壮大にして高密度なSFアクション」というふれこみだ。
a0108328_15393415.jpg

主人公コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、いうなれば産業スパイ。
といっても、その手口は想像を超える。
人が夢の中にいる状態のときに、その潜在意識の奥底に潜り込み、他人のアイデアを盗みというもの。
よくわかんないでしょ?人の夢の中に入リ込むって、どういうこと?
私も、最初から最後までよくわからなかった(汗)

激しいアクションが繰り広げられるが、夢の中の死は、覚醒を意味する。
でも、どこまでが夢なのか?
夢の中へ~、夢の中へ~、夢の中へ~。
よくわかったのは、渡辺謙が「サイトー」であることぐらいだ(苦笑)

2時間半の上映時間は、SFやアクションが苦手な私には厳しかった。
でも誤解なきように言っておくと、友だちの感想は、「すご~く面白かった」
たぶん多くの人にとっては面白い映画なのでしょう~。

レオが出演した映画で私が一番好きなのは、伝説の実業家ハワード・ヒューズを演じた「アビエイター」
これで、オスカーを獲っておくべきだったよ。
[PR]

by masayama-chan | 2010-07-31 15:44 | 映画三昧 | Comments(8)

玄関の写真   

久々の雨で、猛暑も一休み。4日ぶりに買い物に出かけた。

そして、気になっていた玄関の壁の写真を、変えた。
(菖蒲(季節はずれ) → 柿&鳥)

絵のように見えるが、正真正銘の写真。
柿も鳥も水差しも花も、ぜんぶ本物。作り物みたいでしょ。
a0108328_1814058.jpg


私が撮ったわけではなく(言うまでもないか)、夫の会社の同僚が映した写真。
他にも何枚かもらったが、どれも一見写真には見えない。
鳥もヤラセではなく、向こうからやってくるのをひたすら待つそうだ。何時間も、何日も。

夫に、「○○さん(同僚)に弟子入りしたどう?」と勧めたが(老後の趣味に)、たぶんすぐに破門されるでしょう。
夫は超せっかちだから、シャッターチャンス(鳥とか花の開く瞬間とか)を待てないと思う。



こちらは、またまた、アデニウム(しつこいですね。汗)
3鉢あるが、次から次へと花を咲かせている。
a0108328_18142790.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2010-07-29 18:18 | Comments(6)

府中まで、○金請求へ   

a0108328_1911173.jpg今日、府中にある年金事務所へ、○金の請求手続きのため行ってきた。

多少待たされることを覚悟していたけど、申込書を書く間もなく番号を呼ばれた。
待ち時間0分。
例の年金記録漏れ事件は、落ち着いたんでしょうかね。


私の加入履歴は単純そのものなので、手続きもすぐ終わった。
それにしても、32年も勤めたのに、こんなもんなの?(ためいき)
女ひとり、細々と食べていけるかも怪しい額だ。
○金額の算出プログラム、間違ってない?(苦笑)

そういえば、土曜日の内視鏡検査、無事終わりました。
結果は、「虚血性腸炎」とのこと。
詳しいことは、一週間後に詳細な検査結果が出たあと、聞くことになっている。
例のムーミンパパ(笑)から教えてもらお~っと。

検査前、2リットルの洗腸剤が飲めるか心配だったけど、なんのことない、楽勝だった。
暑くて喉が渇いていたので、グイグイいけた。4リットルぐらいは、たぶん平気。
それほど痛くもなかったし、検査着がヘンなことを除けば(笑)、この検査にすっかり自信がついた。(そんなもの、ついてどうする)

見ごろのアデニウム。あっちこっち、好き勝手な方を向いて咲いている。
「砂漠のバラ」というだけあって、情熱的で奔放な感じがする。
a0108328_1925355.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2010-07-26 19:04 | Comments(10)

今日も病院へ   

「○○は、あやしいよ!」との娘の言葉に、なんだか不安になった私。
で、今日、◎◎医師に改めて診てもらうことになった。
◎◎医師は、娘から話を聞いて、
「じゃぁ、ボクが診てあげるよ」と、言って下さったらしい。
娘によると、とても信頼のおけるドクターらしいです。

受付で事情を説明すると、
「◎◎医師は手術中なので、別の医師でよろしいでしょうか」とのこと。
仕方ないか。
でも、結果としては、別の医師でよかったみたい。女医さんだったからね。
理由は推して知るべし(汗)。心の準備がなかったから、心底あわてました(大汗)

腹部のレントゲンを撮り終わったら、(手術を終えた?)◎◎医師が診察室で待っていてくれた。
おぉ、(笑い)
外科医というから、伊原剛志タイプを勝手にイメージしていたけど、フフ、大きくて可愛い。
ぬいぐるみ!みたいじゃないの。
終始ニコニコ笑いながら、話しかけてくる。今日は、何かいいことがあった?
けど娘によると、「いつもニコニコしている」
誰かに似ていると思ったら、そう、「ムーミンパパ」

「カメラを入れてみましょうね~。早いほうがいいですね~」
ということで、早速あさっての土曜日に、内視鏡検査を受けることになった。
胃の内視鏡検査は何度もやったことがあるが、腸は初めて。
どんなものやら、恐ろしや~~。

そして、今日は、娘がずっと付き添ってくれた。
かつては父の通院によく付き添ったものだが、今度は逆に付き添われる立場。
親子の力関係は、ある時期を境に逆転するという。
私と娘たちの関係も、そんな時期にさしかかったのかなぁ~(しんみり)



a0108328_2236297.jpg
これは、次女が送ってくれた、誕生日プレゼントのひとつ。
干し終えた洗濯物に、シュシュッとスプレーする。
ほんわかと、リンゴのようなまろやかな香りが広がる。
こんなのが、欲しかったのよね。
[PR]

by masayama-chan | 2010-07-22 22:46 | Comments(10)

夏負け?   

このところの暑さに早くも負けたか。体調は絶不調。

昨夜の8時過ぎ、猛烈な腹痛に見舞われた。激苦。油汗。
日付が変わっても症状は治まらず、頻繁なトイレ通い。
おちおち寝てもいられない。

そして、今朝になって気づいた。
トイレで前夜からトマトとばかり思っていたのは、なんと血液!だった。(血液が混じっていたからトマトに見えた。そして、どんどん鮮紅になった。キタナイ話でスミマセン)

びっくりして、ヘトヘトの状態で近くのK病院へ行った。
いつも空いてる病院なのですぐ診てもらえると思ったのに、
「今日は、担当の医師がいないので、消化器内科のある病院へ行ってもらえませんか」とのこと。
もう、ガックリ。

紹介された駅近くのT病院へ、タクシーを呼んでいった。炎天下を歩いていける状態では、とてもなかったもの。

そこはK病院と違って、まぁ混んでること。休み明けということもあるかもしれないが。
3時間近く待って、診察は一分足らず。
「整腸剤を一週間分出しておきますね。これで様子を見てください」

ちょっと拍子抜け。それでも、
「たいしたことなかった」とノーテンキに構えて、娘にメールをしたら、凄まじい勢いで返信がきた。
「○○はあやしい!!出血してるんでしょ!内視鏡検査をすぐやってもらって!」
ショボン。なんだか恐ろしそうな検査だ。

ちなみに、○○とは私を診察した医師。
○○を知ってる娘は何者だろうね?(笑)


そういえば、お中元も終盤戦。
今日はメロンと桃が届いた。いずれも大きくて立派。
有り難いけど、実はここだけの話、私はどっちも得意じゃないのよね(汗)
a0108328_21304222.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2010-07-20 21:34 | Comments(8)

砂漠のバラ   

梅雨明け?暑い1日だった。
梅雨が明けたら、手抜き気味の家事を頑張ろうと思っていたのに、暑くて何もする気が起きない。
気になっているガラス磨き(家の改修工事で汚れた)も、この暑さでは冗談じゃないよ。
炎天下を出かける気にもなれない。引きこもりの季節到来?


砂漠のバラ・アデニウムが咲き始めた。
でも、おかしな咲き方でしょ。幹の下の方に咲いている。どうしたんだろうね?
a0108328_2144894.jpg


チェリーは、日陰で昼寝。ときどきイビキ。
どんな夢を見ているんでしょう~。
a0108328_2151874.jpg


私には何の関係もないけど、玉置浩○と青○典子が結婚したとか(ビックリ)
「それはないよね」と思っていたけど、やっぱりあるんだ。
どうでもいいか(苦笑)
[PR]

by masayama-chan | 2010-07-16 21:06 | Comments(6)

お施餓鬼(おせがき)   

a0108328_23253050.jpg
昨日、浜松にある菩提寺へ母と行ってきた。
7月12日は、お寺で施餓鬼会が施される。
遠いので新盆の昨年だけでいいかと思っていたが、母は毎年行きたいらしい。

施餓鬼会で一時間正座しているのは、私にはかなりの苦行。
なぜみんな平気なんだろうね。

a0108328_232558100.jpg

会の前に墓参りをする母。
ずいぶん長く手を合わせていた。
何を話しかけているのでしょう。
後姿は、75歳くらいに見えるよ(笑)




a0108328_23265058.jpg
お寺に行く途中、14年前に亡くなった伯母(母の姉)のお墓参りをした。
お墓は磐田市刑部島にある。
「ねえさん~、来ましたよ」と話かける母。
「おばさん、初めて来ました。遅くなってごめんなさい」と、私。
なぜだか、ウルウルした。


帰りの車の中で、母は父や伯母の話を懐かしそうにしたあと、
「みんな思い出になってしまった」と、ポツリ。
そうだよ。お母さん。みんな思い出になってしまうんだよ。
仕方ないよ。今このときだって、やがて思い出に変わるんだから。

そして、今日13日は、迎え火を焚いて亡き父を迎えた。
[PR]

by masayama-chan | 2010-07-13 23:32 | Comments(12)

夜の六本木   

昨日(7月9日)の午後7時20分過ぎ、地下鉄六本木の駅を出ると土砂降りだった。
久々の夜の六本木。外人が多くて、夜はお洒落な大人の街だ(←ちょっと緊張する)

a0108328_2116753.jpg
雨の中目指すのは、麻布警察署裏のベトナム料理店「CYCLO」
ここで、ある集まりがあった。

←入り口(ぼけてて、よくわかりませんが)




メンバーは、以前勤務していた会社の人たちで20人ほど。
ほとんどの方が私より若く&偉い。(偉いというのは、役職が上という意味で、年齢的には私が一番偉い(笑))
この春退職された、かつての上司(でも後輩!)を囲む会だった。
退職後は、新たな職場でバリバリ活躍されている。

20人の中には一緒に仕事をした人もいれば、在職中ほとんど話をしたことがない方もいた。
現役世代と話していると、働いていることがなんだかまぶしいね。仕事していたころが懐かしい。
とても楽しいひとときだった~♪

帰りの電車の中。20年?振り位に会ったかつての同僚に、
「マサさん、今、しあわせですか?」って聞かれて、ちょっとビックリ!
だって、久々に会う人に、「元気でしたか」とか「今、何してるの」とか聞かれることはあるけど、面と向かって「しあわせですか?」って聞かれたことは、たぶん初めてだもの。
なんだか、おかしくて答えられなかった(ゴメン)
そして、今夜も思い出し笑い。
「今は、幸せかい?~♪」

*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜・*.♪。★*・゜・*♪*.♪。

ところで今日は、関戸公民館(聖蹟桜ヶ丘駅のすぐ)で開かれた
亀山郁夫氏講演会」へ出かけた。
テーマは「ドストエフスキーと現代」
なんて格調高くて、難解で、魅力的な講演だったことでしょう。

ラスコーニコフが金貸しの老婆を殺したのは、7月9日午後7時半ごろ
と亀山氏が話されたとき、アッと声をあげそうになった。
それって、私が雨の六本木を歩いていたときではないの。
[PR]

by masayama-chan | 2010-07-10 21:20 | Comments(8)

プレシャス   

明日が最終上映日とあって、新宿武蔵野館へいそいそと足を運んだ。
どうしても観ておきたかった。
「プレシャス」
a0108328_2339411.jpg

ハーレムに住むアフリカ系少女プレシャス(写真)が主人公。
16歳になっても、彼女は字が読めない。異様に肥っている。そのうえ、家庭環境は劣悪だ。
父親にレイプされ、二度目の妊娠。退学を余儀なくされる。
最初の妊娠で生んだ子供の父親も、実父だ。その子はダウン症の障害を負っている。
父親は問答無用の極刑ものだが、母親も同罪だ。
実父に性的虐待(それも3歳から!)を受ける娘をかばうことなく、「私の男を盗った」と激しく嫉妬し、悪態の限りをつく。

もう、これでもかというくらいの、不幸のてんこ盛り。
だからプレシャスは、「ときどき、死にたくなる」

でも、ここで投げやりになったらお終いだ。
温かい手を差しのべてくれるフリースクールの教師やソーシャルワーカーの支えで、将来に希望を見出す。
その矢先、HIVに感染していることが判明。
全く、どこまで過酷な人生なんだろう。

それでも、ふたりの子供と一緒に前を向いて歩いていこうとするラストに、心打たれた。


    先生役の女優は、とっても素敵だった。
    (内田有紀+長谷川京子)÷2といった感じ。
a0108328_2341518.jpg


    ソーシャルワーカー。
    マライア・キャリーとは最後まで気づかなかったよ。
a0108328_2342352.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2010-07-08 23:48 | 映画三昧 | Comments(4)

今日がホントの・・・…   

午後6時半過ぎ、調布駅前でこんなもの?に遭遇。
a0108328_22491919.jpg

まぁ、あの共○党・小池晃さんではないの。
テレビで見る、そのまんま。
消費税引き上げ反対を、声を大にして訴えていた。
(小池氏の横の男性、見たことがあると思ったら、母の家のお隣さん)

以前何かで読んだけど、医師である小池さんが病院を辞めるとき、
「先生~、辞めないで~」の嘆願書が、患者さんたちから数多く寄せられたそうだ。
きっと、やさしく温かな先生だったんでしょうね。

ところで、どうしてこんな時間に駅前にいたかというと、夫と待ち合わせて食事することになっていたから。
今日が、ホントの誕生日だもの~♪

外見はン?だけど、ちょっと気になっているお店に行ってみた。
ここは、以前はケーキ屋さんだった。
子供の誕生日ケーキをよく注文したっけ。なくなって寂しく思っていた。

a0108328_22494748.jpg
煮穴子のてんぷら。口に入れると、ホロッととろけた~。
店員がフレンドリーで、なかなか感じのいい店だった。




夫からのプレゼントは、徳永英明のアルバム。
a0108328_2250294.jpg

ご存知、女性歌手の曲をカバーしたものだ。
「セカンドラブ」、「シングル・アゲイン」……
なんだか、微妙なタイトルだわ~(笑)
[PR]

by masayama-chan | 2010-07-06 22:55 | Comments(10)