<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

気流「ほのぼの」   

台風接近。
こんな日は、朝寝坊&引きこもり。
10時過ぎ。コーヒーを入れて、ゆっくり新聞でも読もうかと広げたら、携帯にメールがきた。

「新聞をみていたら、マサさんの名前を発見!」ですって。
なに、なに(笑)


a0108328_206529.jpg

「手作りの文集」とは、例の同人誌のこと。
「同人誌」って書くのは、なんだか気恥ずかしいでしょ(汗)

これは、最初に中学時代の友人に送ったときの話。
料金がわかったので、その後は自分で切手を貼って、ポストに投函している。
切手は、手持ちの中から、今の季節に合うキレイなものを一応選んで貼っているつもり。
だから何?ですが(汗)

郵便局の窓口に出した場合は、それで終り(切手は自分で選べない)だと思っていた。
だから、なんだか嬉しくなって、思わず投稿しちゃったわけ。
ほんの、ささいな出来事なんですけど。

ちなみに、我が家から一番近い郵便局というのは、調布じゃなくて三鷹なの。
[PR]

by masayama-chan | 2010-10-30 20:08 | Comments(8)

「バルビゾンからの贈りもの」   

今日は、冬の到来を思わせる寒い日だった。
ヒンヤリした空気、澄んだ空。
こんな気候は嫌いじゃないので、隣の街まで、ひょいと?散歩に出かけた。

お目当ては、府中市美術館。
東府中の駅から、ぶらぶら歩いて20分ほど。
広大な「府中の森公園」の北側の一角に建っている。
a0108328_22452991.jpg


開館十周年を迎えた記念展が、11月23日まで開催されている。
題して「バルビゾンからの贈りもの」
a0108328_22455172.jpg


バルビゾンは、フランス、フォンテーヌブローの森にある小さな村。
ここに、ルソーやミレー、コローたちが集まって風景画を描いた。
このグループをバルビゾン派という。自然主義絵画だ。

じゃぁ、印象派とどう違うの?と言われるとよくわからんけど(汗)、バルビゾン派の印象は、一言でいうと「夕暮れ」
印象派は、もっと光が多い気がするのよね(ド素人の感想)

ミレーやコローには悪いけど、私が「いいな」と思ったのは、
小山正太郎の「秋景図」(武蔵野派??)
自然の美しさは、祈りにも似ている。


「府中の森公園」の中には、野球場やサッカー場もあった。
木漏れ日を浴びた「武蔵野の森」は、観てきたばかりの、絵画のようだった。
a0108328_22462721.jpg


日本庭園もある。
a0108328_2247129.jpg

府中の森に魅せられて、ずいぶん長くいたらしい。
家路はすっかり陽が落ちて、たくさん干していった洗濯物が冷たくなっていた。
[PR]

by masayama-chan | 2010-10-27 22:48 | Comments(6)

おしゃべりランチ   

昨日新宿で、勤めていたころの同僚とランチ♪
年に一度の同期会だ。夜と昼、毎年交互に行なっている。
(実は私だけ同期ではないのだけど、まぁ似たようなもの・汗)


a0108328_15472769.jpg場所は西新宿。
南口から歩いて5分の、ちっちゃなフレンチ・レストラン「パリ4区」

出会って長い年月(ン十年)が経つけど、皆今でも十分かわいい。
ちっとも変わってないよ(たぶん?)



a0108328_154743100.jpg

前菜。
キノコのテリーヌだっけ?
こってりしているようで、さっぱりしている(どっちよ?)
冷たくて、とても美味しかった。




a0108328_1548765.jpg
メインの魚料理。
スズキのポワレ。
青ノリのソースがかかっている。
白身魚と青ノリの風味がよく合う。

内容のわりには、リーズナブルなお値段。
ビールと赤ワインを飲んで、3000円でお釣がきた。


一年分のおしゃべりは、取り留めなく止め処もなく、楽しいひとときを過ごした。
今回は3人欠席だったけど、来年は全員揃うといいね!
[PR]

by masayama-chan | 2010-10-24 15:55 | Comments(10)

キャタピラー   

「忘れるな、これが戦争だ」

ついに、調布パルコで観てきた。
「キャタピラー」
かなりショッキングな映像であることは、予想していた。
でも、恐いもの見たさ?
a0108328_22254839.jpg


時は、第2次世界大戦真っ只中。
中国戦線から戻った男は、両手両足を失っていた。
顔は焼けただれ、耳は聞こえず、口も利けない。
沢山の勲章をもらい、周りから「生ける軍神」として崇められるが、家族の本音は、
「こんな体になって返されても……」

無残な姿になった夫を献身的に世話する妻・シゲ子(寺島しのぶ)
頭と胴体だけの肉塊と化しても、夫の食欲と性欲は尽きることがない。
「食べて、寝て、食べて、寝て、食べて、寝て」の繰り返しで、毎日が過ぎていく。

「軍神の妻」としての誇りに、かろうじて支えられながら生きるシゲ子。
でも、時に感情が爆発する。夫に怒りをぶちまけ、悪態を突く。
「殴りたいの?殴れるものなら殴んなさいよ!昔、私を殴ったみたいに殴んなさいよ!」

戦争の悲惨さを、ここまで惨たらしく描いた作品を、他に知らない。
でも、反戦のメッセージ性は、それほど強く感じなかった。
むしろ、夫婦の愛憎物語のよう。

かつては威張っていた夫と、従順で夫の暴力にも耐えた妻。
それが、夫が動けなくなり妻の介護なくしては生きられなくなると、次第に立場は逆転する。
やり場のない暮らしの苛立ちから、昔の仕打ちを思い出しては、夫に怒りをぶつけるのだ。
今の時代の介護地獄を見せつけられている気が、ちょっぴりしないでもない。

a0108328_22273643.jpg

食べて、寝て、食べて、寝て。
食糧難の時代に、夫は、妻の分まで欲しがる。




敗戦。
酷い最期(たぶん)を迎えた夫。
一方、妻の表情は、解放されたかのように明るい。

それにしても、寺島しのぶは凄い女優だ。
この役を、ここまで演じ切れる女優は、他に思い浮かばない。
[PR]

by masayama-chan | 2010-10-21 22:35 | 映画三昧 | Comments(8)

秋のバラフェスタ♪   

神代植物公園で、秋のバラフェスタ開催中~。
曇り空の昨日、ブラブラ歩いて行ってきた。

300種、5000株のバラ園。
噴水のあるバラ園を後ろに、ジャズコンサートが開かれていた。
a0108328_2253020.jpg


青みがかったバラ、ブルーライト。
a0108328_22532286.jpg

秋のバラは、春咲くバラより香りが強いというが、花(ではなく鼻)が詰まっていたので、香りを楽しめなかったよ(トホホ)


こちらは深大寺。お祭りだったみたい。
大勢の観光客で賑わっていた。
a0108328_22535397.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2010-10-18 22:55 | Comments(4)

豊作!秋の香り~♪   

3日前、信州・長野から届いた荷物。
ずいぶん軽いじゃない。なんか嬉しい予感!
箱を開けると、おぉ、なんともいい香り~♪
信州の山では、今年はマツタケが豊作だと聞く。
不揃いな大きさが、素朴で自然で、またいいね~。

a0108328_20251899.jpg


たくさんあったので、庭先のチェリーをいつも気遣ってくれる、ご近所の方々にもおすそ分けした。
これで、庭から放つオ○ッコのニオイも、帳消しじゃ~??


こちらは、先日の父の法事で、叔母からいただいたもの。
たぶん、中国産。形は揃っているけど、香りがいまひとつだもの(貰っておいて何を言うか・渇)

a0108328_2026049.jpg


ちなみに、この叔母は、父の一番下の妹で、私とは5歳しか違わない。
ウチの娘たちも5歳違いだから、姉妹といってもおかしくないが、やっぱり叔母さんは叔母さん。
今でも私を、小さな子供のように気遣ってくれる。

あぁ~、なんか今日のブログは、マツタケ自慢のようになってしまって、恐縮です(汗)
[PR]

by masayama-chan | 2010-10-16 20:31 | Comments(6)

同人誌   

この春、市内の同人誌のサークルに入ったことは、前にもブログで書いた。

初めて顔を出したときは、人生の大先輩ともいうべき方が圧倒的多数なのに(といっても数人のサークルなんだけど)、ビックリ!
90歳を超えた方もいて、「ヘンなとこにきちゃった」と、内心焦ったものよ(冷汗)
でも、月に一回の集まりは負担でないから、取りあえず?辞めないでいる。


a0108328_22581363.jpg
そして、今週、最新号(66号)が出た。

私も、恥ずかしながらエッセイを2編載せた。
基本的には創作サークルなのだが、皆好き勝手に書いているというか、創作もエッセイも歌も、「なんでもあり」の世界だ。



ご興味のある方は、ぜひ~♪
1冊300円ですが、数に限りがあるので早いもの勝ち(笑)
ただし、面白いかどうかは全くもって保証できません(汗)


窓辺に咲いたオンシジューム。左側も、小さいけど蘭。
a0108328_22591125.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2010-10-13 23:02 | Comments(15)

自由が丘のお祭り   

今日、夫に誘われて、久々に自由が丘へ出かけた。
この連休中、自由が丘はお祭り(自由が丘女神祭り)だ。
秋晴れの体育の日ということで、大勢の人で賑わっていた。

a0108328_23373219.jpg


夫は、人生の半分(?)は自由が丘の住人なので、会場に行けば知ってる顔がいっぱい。
商店街のおじさん、地主や馬主、郵便局の局長、警官や金融機関の店長、区会議員、みんな顔馴染み。
私には何の関係もないけど、紹介されれば、一応「いつもお世話になっています」の一言ぐらい言わなきゃいけないので、疲れる~。
私は、いい歳をしてなんだけど、かなりの人見知りなのだ(汗)

お洒落なランチを食べたかったけど、会場で次から次へと差し出されるのは、屋台のC級グルメ(言わずとしれたフランクフルトとか)
振る舞い酒の、ビール、冷酒(超ウマ)、ワインに酔った。

自由が丘は若者が多い街だけど、祭りを仕切っていたのは、商店街や地主のオジサンたち(のよう)
祭りだけではないのかもしれないけどね。


渋谷駅にある壁画「明日の神話」(岡本太郎作)
誰も目を留めることなく通り過ぎていた。
a0108328_2338459.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2010-10-11 23:40 | Comments(6)

病院通い   

もの思う秋。今一番悩ましいのは、病院通い。
といっても、犬の話ですが(汗)

この夏の猛暑のせいか、愛犬チェリーが、皮膚炎になってしまった。
皮膚炎とは気づかないまま、「秋は抜け毛の季節」と侮っているうちに、どんどん広がった。
毛がごっそり抜けて、悲しいかな、ピンク色の素肌が透けて見える箇所もある。

歩いて5分くらいのところに、少し前まで、かかりつけの動物病院があった。
10年来、ことある毎に診てもらっていたのだが、この6月に閉院した。
ショック。チェリーと私にとっては、大打撃だ!
今は、家から少し離れてはいるが、土日にも診療している病院に通っている。
休日でないと、夫に車で送ってもらえないもんね。
まぁ、不幸中の幸い(?)と言えば、担当の獣医師が、元気で気持ちのいい若者であることかな(笑)

それにしても、医療費の高額であることよ。
私の年○(今月から支給開始!!と喜んでいた)は、当面チェリーの治療代に消えそうだ(泣)

*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜・*.♪。★*・゜・*♪*.♪。

今日、調布の文化会館たづくりで、小さな音楽会があった。
エントランスホールで開かれた、「みんなでつくる音楽会」
ここに、私の親しい友人が出演した。リコーダーアンサンブル~♪

清らかで軽やかで、心癒やされる演奏だった♪
楽器が弾けるって、ホントに素敵なことよね。

a0108328_214941100.jpg
演奏前の会場。
文化会館に来た人が、ちょっと立ち止まって聴くことができる。
[PR]

by masayama-chan | 2010-10-09 21:52 | Comments(4)

「パーマネント野ばら」   

~ 「ずっと好き」はどこにもないから、私は毎日、小さな嘘をつく ~

「見逃した!」と思ったのに、パルコ調布キネマにやってきた。
「パーマネント野ばら」
期待以上に、いい映画だった。
温かくて優しくて哀しくて、ちょっと可笑しくて、そして、とても切ない。

高知のさびれた海辺の町に建つ、小さな美容室「パーマネント野ばら」。
そこで暮らす、主人公・なおこ(菅野美穂)。
店を切り盛りするのは、母親のまさ子(夏木マリ)だ。

離婚して子供を連れてこの町に戻った、なおこ。
ダンナ(宇崎竜童)に逃げられた、まさ子。
なおこの友人で、スナックを営むみっちゃん(小池栄子)は、浮気と金の無心を繰り返すダメ夫に悩まされっぱなし。
もう一人の友人、ともちゃん(池脇千鶴)は、何人もの男に逃げられた末やっと結婚できたものの、ダンナはギャンブルに溺れ行方不明。

彼女たちに共通して言えるのは、呆れるほどの「男運の悪さ」だ。

菅野美穂も、夏木マリも、小池栄子も、池脇千鶴も、みんないい。
これ以上の配役はないくらいだ。
でも、断トツにいいのは、なおこの恋人で高校教師のカシマ(江口洋介)

a0108328_17352871.jpg


娘が言うには、「江口が素敵でなきゃ、成り立たない映画だよね」

正直言って、「東京ラブストリー」のころの江口洋介は好きじゃなかった。
「気持ち悪いヤツだなぁ」って思ったくらい。
でも、歳を重ねるごとに、どんどんよくなる。
優しさ、甘さ、誠実さ、強さ、最近ではそこに渋さも加わって、俳優としての存在感は増すばかり。
今じゃ、主役しか出来ない織田裕二の100倍くらいカッコイイ。
唐沢寿明も超えた(?)

あ、映画の話でしたね。
切なく甘く、余韻が残る作品です。
時間が許せば、ぜひ観てください。
調布パルコでの上映は、明日までだと思うけど。


数年前、鉢植えだった金木犀を地面に植えたら、グングン伸びた。
窓を開けると、甘い香りが漂う。
a0108328_17391282.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2010-10-07 17:49 | 映画三昧 | Comments(4)