<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

「相棒-劇場版Ⅱ」   

今月というか、今年3本目の映画は、
「相棒-劇場版Ⅱ-警視庁占拠!特命係の一番長い夜」
a0108328_20513536.jpg


それほど観たいわけではなかったのだけど、昨日はプレミアスクリーンで上映されていたので、買い物ついでに出かけてみることにした。
ゴルフの予定がなくて暇そうにしている人も誘ってやった(笑)
プレミアスクリーンは座席がゆったりしていて、優雅な気分で観賞できる。
長い足も?思いっきり伸ばせるし、サイドテーブルには食べ物や飲み物が置けるし、大のお気に入り~。

警視庁本部内で起こった籠城(ろうじょう)事件に、警視庁特命係の刑事コンビ、杉下右京(水谷豊)と神戸尊(及川光博)が挑む話だ。
ストーリーそのものに目新しさはないが、杉下を始め個性溢れる(クセのある)メンバーの人間模様が楽しい。

ラスト、不覚にも涙した。
ネタバレになっちゃうけど、岸部一徳演じる小野田官房室長と杉下の絶妙な会話が、もう楽しめないのかと思うと、すごく寂しい。



a0108328_20523197.jpg「正義なんて、立ち位置で変わるものですよ」
小野田官房室長の言葉は、いつも含蓄があるなぁ~。

人は、立場が変わると言うこともガラッと変わるもんね。


それにしても、警察の体制というか、役職はよく分からないよね。
巡査部長より、本庁の課長のほうがずっと偉かったりするでしょ。
官房室長と警視総監は、どうなの?混乱した(汗)



a0108328_2053671.jpg
この日は、すぐ横のI丹デパート内のお店でランチ。

あまりにちょっとずつ盛られていて食べた気がしなかったけど、なぜかお腹いっぱいになった。
[PR]

by masayama-chan | 2011-01-31 21:00 | 映画三昧 | Comments(4)

「僕と妻の1778の物語」   

皇后さまもご覧になったという「僕と妻の1778の物語」を、昨日、府中のTOHOシネマズで観てきた。
a0108328_17553317.jpg


その3日前には、同じ映画館で「いぬのえいが」を観たのだけど、実は、「僕と妻」とどっちにしようか、迷ったのね。
でも、日曜日だし、「僕と妻」はカップルが多そうな気がして(それがどうした!)、やめたわけ。

「僕と妻の1778の物語」は、SF作家の眉村卓氏とその妻の実話がベースになっている。
夫婦役は、草なぎ剛と竹内結子。

末期ガンで余命1年と宣告された妻のために、作家である夫は1日1篇の短編を書く。
毎日欠かさず書き続ける。たったひとりの読者に笑ってもらうために。
それが、1778日続いた。
日記でも、エッセイでもなく、小説というところが、さすが作家よね。

100%夫婦愛の話である。
こんなにも妻思いの優しい夫が、世の中にはいるのだろうか。
妻もまた、自分のことより残していく夫のことを最期まで気遣っている。

草なぎくんは、優しく穏やかで、どこか浮世離れしたSF作家の役にピッタリ。
でも、ちょっと思ったのだけど、もし彼がSMAPのメンバーでなかったら、果たして映画の主役を張れるんだろうか。
特に美形というわけではなし、棒読みと言ってしまえば棒読みだし(汗)
まぁ、セリフを棒読みという点では、仲良しの香取○吾もいい勝負ではあるけれど。
SMAPの5人の中で、SMAP(超アイドル)という肩書きがなくても役者として成立するのは、稲垣○郎だけ!、と私は思うのである。
なぜなら、フツーに脇役が出来るから。

話が逸れました。
とにかく、最後は、涙、涙。
最近感動して泣いたことないなぁ~って思われてる方には、お奨めです。


a0108328_17561359.jpg
映画のあとは、「けんちんそば」
体が温まった。

「映画&美味しいお蕎麦」が、私のささやかな楽しみのひとつかな。
 
[PR]

by masayama-chan | 2011-01-27 18:03 | 映画三昧 | Comments(6)

いぬのえいが   

昨日の日曜日、久々に映画館へ出かけた。
サンデー毎日?の私が、わざわざ混んでいる日曜日を選んで出かけるなんて、フツーならありえない。
でも、夫がまたゴルフに出かけ(先週も!)、家にひとりいるのも腹立たしいので(苦笑)、私も負けずに遊びに行くことにした。


a0108328_18232747.jpg
さて、今年初めての映画は、
「犬とあなたの物語 いぬのえいが」

いくつかのエピソードからなるオムニバス映画だ。

「いぬのえいが」だから、当然犬がいっぱい登場する。
もう、これがたまらん(笑)



一番面白かった話は、高畑淳子主演の「お母さんは心配症」
長男の結婚披露宴だというのに、淳子ママは、家で留守番する愛犬キスチョコのことが気になって仕方ない。何しろ、キスチョコにとって、生まれて初めての留守番なのだ。
愛犬にふりかかる災難を妄想しては、パニック状態に陥る高畑さんのオーバーな演技に大爆笑。
でも、この気持ち、わかるなぁ~。
1日中家を空けていると、どんな大切な場にいようとも、残してきた犬のことが気がかりだもの。


涙を誘ったのが、大森南朋&松嶋菜々子主演の、「いぬの名前」
a0108328_1824396.jpg


病(若年性アルツハイマー)に襲われ記憶を失っていく夫と、それを支える妻の話だ。
終盤、夫の介護に心身とも疲れ果てた妻は、二人で可愛がってきた愛犬ラッキーを、保健所へ連れて行く。

「この犬は家族の一員だったのではないのですか。明日には、この子は生きていないんですよ」
と、職員に諭されても、耳をかさない。

「えぇ~、ちょっとそれはないんじゃない。あなたが飼いたいって強引に連れてきた犬でしょうに」
もう、ラッキーはどうなっちゃうんだろう。ハラハラドキドキ。
さて、結末は……。

松嶋菜々子は、相変わらず可愛い。
でも、自然体の大森南朋に比べて、いかにも「女優が演技してます」って感じかな。

ラッキーは、耳が茶色なのを除けば、チェリーによく似ていた。

でも、家に帰ってよく見ると、やっぱりチェリーのほうが目がパッチリしていて美犬だわ~♪(飼い主バカ)
a0108328_1826671.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2011-01-24 18:34 | 映画三昧 | Comments(2)

「カメのポーズ」と「ベネット錠」   

少し前(二ヶ月ほど前)の話になるが、通っているヨガ教室で思わぬことが起きた。
「カメのポーズ」をとったとき、肋骨の辺りが、「ポキッ」と音を立てたのだ。
ちなみに「カメのポーズ」とは、内股の間から両手を入れ、その手を背中に回して繋ぐという、かなり難度の高いポーズだ。
自慢じゃないが、ご高齢の方が多い教室では、私しかできない。
皆から、「マサさん、すごい、すごい」とおだてられ、いい気になって思いっきり胸をそらしたら、「ポキッ」
おぉ、イ、イ、痛っ!!

痛みは続いたけど、そのうち直ると思って放っておいた。
ところが、数日して娘に話すと、
「肋骨、折れたんじゃないの?わりと簡単に折れるからね」と、恐ろしいことを言う。
「まさか」と思いつつ、気になって整形外科を受診した。

「どうしましたか」と、先生。
「あの~、ヨガでカメのポーズをとったとき、この辺がポキッと」
「ふんふん、カメね」といいながら、先生はカルテになにやら書き込む。
先生の後ろで、ナーズが笑いをこらえているように見えたのは、気のせいか。

レントゲンを撮った結果、骨に異常はないことが分かった。やれやれ。
ついでに骨密度の検査もしてもらった。
軽い気持ちで検査を受けたのに、なんと骨密量が減っていることが判明!
ショック。やせっぽちだけど骨密量には根拠のない自信があったのに(泣)


a0108328_208920.jpg血液検査や尿検査の結果(治療方針を決めるための検査らしい)、
骨粗しょう症の治療に用いる「ベネット錠」という錠剤を処方された。

これが、まぁ、なんともやっかいな薬。
週に1回、起床時に飲む。服用後は少なくとも30分は横になってはダメ。飲食もダメ。


「はたして忘れずに飲むことができるんだろうか?」と当初は自信がなかったが、なんとか続いている(忘れるときもある)

「ひょうたんから駒」ではないが、「カメのポーズ」から「ベネット錠」
これを、幸いと捉えるべきか。
幾つになっても、「カメのポーズ」が出来るしなやかな体でありたいものよ。
[PR]

by masayama-chan | 2011-01-20 20:15 | Comments(8)

「STARS on ICE JAPAN TOUR 2011」   

昨日、娘夫婦の招待でアイスショーへ出かけた。
「STARS on ICE JAPAN TOUR 2011」

場所は代々木競技場。
娘が4人分のチケットを用意してくれたので、用事を作って行くのを回避しようと企む夫を、なんとかなだめて連れ出した。
a0108328_20494991.jpg


会場は寒いに違いないと思い、ダウンジャケットにマフラー&帽子。カイロも沢山携えて完全防備。
でも、上には上がいる。娘は毛布を持ってきた(驚)


世界のトップスケーターたちの軽快な滑りで開幕。
(写真は、夜テレビ東京で放映されたもの。客席の自分たちが映るかもしれないと思って(笑)録画しておいた)
a0108328_2051972.jpg



圧倒的な声援のプルシェンコ。客席にはロシアの国旗が揺れる。
こんなに人気があるなんて知らなかったよ。
確かに、キレがあり情熱的で力強い演技に魅了された。
a0108328_20502647.jpg



一番美しいと思ったのは、荒川静香の演技。
なんとも優雅でしなやかなこと。村上佳菜子や安藤美姫は遠く及ばない。
たぶん、現役の競技者と観客に楽しんでもらうのが大切なプロとの違いだろう。
a0108328_20505134.jpg



フィナーレ。
ライサチェク&プルシェンコ&大輔の、バンクーバーメダルトリオ。
静香&コーエンのトリノ金銀メダリスト。
小塚クン、美姫、佳菜子、ロシェット、ジェフリー・バトル・・・・・・。
a0108328_20514141.jpg

東京公演に真央ちゃんが出ていなかったのは残念だけど、これだけのメンバーが一緒になって滑る光景は圧巻だ。すごい!感激!!

チケットを取るのがさぞ難しかったと思いきや、意外と空席が目立った。
6分の入りかな。
素晴らしいショーなのに、ちょっと寂しい。

帰りは、久々に原宿から渋谷方面に向かって歩いた。
寒かったけど、楽しい1日だった~♪
[PR]

by masayama-chan | 2011-01-17 20:55 | Comments(6)

悲しいできごと   

先月の28日に、近所に住む女性が亡くなった。
その事実を知ったのは、亡くなってから10日も経ってからだ。
直葬だったらしく、近所でも知らない方がほとんどだった。
亡くなる2、3日前まで元気な姿を見かけていたので、急に逝かれたのだろう。
話し好きで、よく立ち話をしていた。
私よりかなり年配だと思っていたけど、享年63歳とのこと。
夫婦ふたり暮らしで、ひとり残されたご主人の悲しみはいかばかりでしょう。
家の前を通ると、以前のようにゴミがきちんと出されているのが、なんだか切ない。

そして昨日、元同僚の通夜に行った。この方も急逝だった。
休日の朝、自転車で散歩に出かけて、そのまま帰らぬ人となったと聞く。
確か私よりも若かったはずだ。
朝元気で出かけていった人が、わずかな時間に二度と会うことのできない世界に旅立ってしまったなんて。
残された家族の衝撃と深い悲しみを思うと、胸が痛んだ。
なにより、本人が無念だったことだろう。
ご冥福をお祈りします。


a0108328_23401414.jpg
札幌に暮らす次女が、正月に帰省したとき編んでくれた帽子。
耳が隠れて、とても暖かい。
最近は、外出するときいつも被っている。
[PR]

by masayama-chan | 2011-01-14 23:46 | Comments(6)

ハツラツと生く   

「数年の介護の後に義兄逝きて気丈な姉はハツラツと生く」

今年の年賀状にあった歌。
叔母(母の妹)からのもので、気丈な姉とは言うまでもなく私の母のことでしょう。

その母は、明日(1月12日)84歳の誕生日を迎える。
お祝いの品を、きのう新宿まで買いに出かけた。



a0108328_18161112.jpg母へのプレゼントは、ジャ~ン!!
なんと、掃除機。
色気のない贈り物だが、実用的でしょ。
というのも、実家にある掃除機は大きくて重くて、華奢な母には扱いが大変。最近はほとんど使われていないようだった。

これは、とても軽い。
コードレスだし、部屋の隅に立てかけておけば、いつでも気軽に使える。


気の利いたプレゼントだと自分では思ったが、なぜか母はあまり嬉しそうではなかった(苦笑)


「イケメンで優しい医師の診察日出かけていこう薄化粧して」

こっちは、母の作品。
叔母の歌とはだいぶレベルが違うけど。なにしろ母は最近短歌や俳句を始めたばかりだから。
それも、勝手気ままな自己流。

イケメン医師とは、近くの眼科医院の主治医のことだ。
イケメンというほどハンサムか?と私は思うが、線の細い優男には違いない。
診察に何度か付き添ったが、確かに「あれっ、お母さん今日はずいぶん化粧が濃いな」と思ったのよね(笑)

「どうりで、やけに口紅が赤いと思ったよ」と母に感想を話すと、
「そうだった?じゃぁ薄化粧じゃなく厚化粧だったかしら」ですって(爆)

まぁ、今年もその調子で、明るく楽しく過ごしてくださいませ。
[PR]

by masayama-chan | 2011-01-11 18:25 | Comments(8)

初あらい   

「初笑い」ではありません。「初洗い」です。
今日、今年始めて美容院へ行った。
私ではありません。チェリーです。

というのも、元日に、チェリー宛にこんな年賀状が届いた。
「新春特別イベント初洗い 1月3日~10日まで限定100匹さま」
a0108328_1948599.jpg

なんと、素敵なお年玉がプレゼントされるというではないか。
1等Wii、2等携帯電動ハブラシ、3等コシヒカリ。
ぜひゲットせねば。


            初湯。マイクロバブルバスでいい気持ち~~♪
a0108328_19493250.jpg


残念ながらお年玉はゲットできなかったが(限定100匹に漏れた)、とても嬉しいことがあった。
痩せたので、シャンプーの料金が下がったのだ。
25kgが料金の境界線。女の子なので体重を公表するのは抵抗があるが(笑)、25kgをわずかに下回ったのだ。

「飼い主さんに出来ることは、チェリーちゃんの体重を減らすこと」と、常々獣医師からは言われているので、「やったぁ!」って感じ。

なんとしても、今の体重を維持せねばね。出来れば、あと2キロは痩せたい。
もちろん、私ではなく、チェリーですよ(笑)
[PR]

by masayama-chan | 2011-01-09 19:55 | Comments(4)

壽新春大歌舞伎   

昨日は、新橋演舞場で、「壽新春大歌舞伎」を観劇した。
Tさんが、チケットを贈ってくださったのだ(感謝!)

  開演前の新橋演舞場前。着物姿もチラホラ。
a0108328_20194723.jpg


演目は、「御摂勧進帳」、「妹背山婦女庭訓」、「寿曽我対面」の三つ。
橋之助、團十郎、吉右衛門、三津五郎といった豪華な顔ぶれによる、正月らしい華やかな舞台だった。

「御摂勧進帳」は、通称「芋洗い勧進帳」と呼ばれる(らしい)。
安宅の関の弁慶の大芝居。終いには、次から次へと首が飛ぶ、豪快な荒事だ。
武蔵坊弁慶というと、なぜか松平健の顔が頭に浮かぶけど(笑)、橋之助の弁慶も豪快で迫力十分、見応えがあった。
家に帰ってから、マネして大ミエを切りたくなったよ(笑)



a0108328_2020920.jpg
ロビーには、大きな羽子板が飾ってあった。

若い女性や外国人の姿も、いつになく見かけられた。








Tさん、楽しい時間を本当にありがとう~♪
[PR]

by masayama-chan | 2011-01-07 20:26 | Comments(2)

仕事始め   

昨日1月4日は、「仕事始め」
仕事を持っていない私には「仕事始め」もなにもないけど、巷からは正月モードが消え、私にも日常が戻ってきた気がする。

おせち料理は飽きたし、なにより毎食後の後片付けに飽きた。
というわけで、夜は会社帰りの夫と待ち合わせて外食することにした。
帰省中の次女と、仕事が休みの長女も一緒。

豪華?な正月料理が続くと、なぜかカレーが食べたくなるのよね。
ということで、何度か足を運んだことがあるカレー屋さんへ。


a0108328_2047949.jpg

タンドリーチキン等の盛り合わせ。






a0108328_20474664.jpg
ナンが大きいでしょ。









a0108328_204822.jpg
バターライスもかなりの量。








長女の旦那さんも誘ったけど、仕事で遅くなるとかで、来られなかった。
話し相手&飲み相手のお婿さん来ないとわかると、夫はちょっと寂しそう~。

「ダンナさんは、夕飯どうするの?」と、娘に聞くと、
「さぁ~、どうするんだろうね。知らないよ。そんなこと」ですって。

異論はあるかもしれないけど、娘の言葉は正しいと、私は思う。
子供じゃあるまいし、自分の食事は自分で解決するのは当然のことだもの。
「そんなこと、いちいち気にしてられないよ」という妻としての姿勢は、対等の夫婦関係を築こうとする上で大切なことだ。
だって、逆の立場だったら、夫が妻の夕飯を気遣うことって、フツーある?
夫たちよ、なにか文句あるか?(笑)

そして、今日、次女が札幌に帰っていった。
いつもどおりの生活が、あっという間に戻ってきた。
[PR]

by masayama-chan | 2011-01-05 20:53 | Comments(6)