<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

「ルイーサ」   

a0108328_20244617.jpgブエノスアイレスの都心のアパートで、愛猫のティノと暮らすルイーサ。60歳。

夫と娘を失った辛い過去をひきずりながらも、二つ仕事(霊園の電話番&スター女優ちの家政婦)を掛け持ちし、なんとか生活している。

ある雨の朝、ティノが死んだ。
同じ日に、30年勤めた霊園を解雇され、家政婦の仕事も失う。
退職金はもらえず、泣き面にハチ。踏んだり蹴ったりだ。

ティノを埋葬したくても、埋葬費用どころか、アパートの管理費や光熱費さえ払えず、生活が立ち行かないありさま。



a0108328_2025634.jpg
途方に暮れるルイーサ。

初めて乗った地下鉄で、思いついたのは、なんと、
「物乞い」!!
「背に腹は変えられない」とは、まさにこのことだ。



悲惨なストーリーながら、思わずクスッと笑える場面もある。
かけがえのない家族、愛猫、そして仕事と、すべてを失っても、なお逞しく生きようとするルイーサが、切なくいとおしい。

夫と娘とのかつての幸せな暮らしが、ルイーサの夢に度々現れる。
最愛の二人を失った理由は容易に想像できるが、映画では特に説明はされない。
(1976年のクーデターで成立した軍事独裁政権下では、3万人近い人が粛清されたという。)

ティノの骨を、夫と娘の墓の間に埋めるシーンで映画は終る。
愛した者の死は風化することなく、ルイーサの中で喪が明けることはないのかもしれない。
喪失と絶望を乗り越えて強く生きるのではなく、喪失と絶望の中でも人は生きるのだ。

下高井戸シネマで、3月4日まで上演中(映画館の回しものではありません)
日曜日だというのに、観客は多くなかった。
その中では、ルイーサと同年代の女性の姿が目立ったかな。
「ルイーサよりは幸せ」と、思ったかどうか。
[PR]

by masayama-chan | 2011-02-27 20:33 | 映画三昧 | Comments(4)

続報、割られた茶碗   

「ところで、あの話どうなったの?」と、気になっている方もいることでしょう。
いないか(笑)

あの話とは、割られた湯呑み茶碗の件。
伊○丹デパートの店員が、包装中に割ってしまったという、お粗末な話である。

この間の日曜日、映画(あしたのジョー)を観にいった帰りに、デパートに寄った。
同じ品は用意できないとのことなので、返金してもらうつもりだった。
カウンターで店員(割った人とは別人)に事情を話すと、
「少々、お待ち下さい」と、奥に引っ込んだまま、なかなか出てこない。
しばらくして、袋を抱えて現れた。
そして、にっこり微笑みながら、
「別の品を用意させていただきました」

(えぇ~?用意してくれなくていいんだけど)と思いつつ、一応箱を開けてみた。
違う。似ているようで、ゼンゼン違う。
花はもっと小さく繊細に舞い、色も鮮やかだった。
形も微妙に違う。もう少し、スマートだったはず。
でも、一点だけ見せられると、「まぁ、いいか。これでも」という気になるのよね。

結論!渡された袋を提げて、帰宅した(苦笑)



a0108328_18335455.jpg
時間が経つにつれ、「今すぐ必要というわけでもなし、別に買わなくてもよかったかなぁ~」
という気持ちが、どんどん強くなる。

えい、流されるままの私よ(反省)







そういえば「八王子そご○」が、来年1月をもって閉店と聞く。
ここは、大丈夫かい?


a0108328_18341942.jpg
我が家のデンドロニューム。満開。
[PR]

by masayama-chan | 2011-02-24 18:41 | Comments(6)

梅まつり   

今日は朝から、気持ちのいい青空が広がった。
ふと思い立って、百草園へ梅を観に行くことにした。
わりと近くに住んでいながら、まだ行ったことがないのよね。

ルンルン気分で、京王八王子行きの特急に乗った。
携帯メールを読んでいたら、あっという間に京王八王子に到着。
はて?私は、どこで降りたらいいんでしょう???
それでも、なんとか、百草園の駅にたどり着いた(汗)


百草園の入り口。
入り口に至るまでの坂がきついとウワサには聞いていたけど、思った以上に長く急な坂道で、汗が出た。
このあたりに住んでいる人は、相当足腰が鍛えられるだろうね。
a0108328_22374235.jpg



見晴台からの眺め。
遠くに都心が見渡せる。
a0108328_22381838.jpg



5分咲きくらい?
梅は桜に比べて地味だけど、風流だ。
a0108328_22384161.jpg


平日なので、訪れる人は多くなかった。
ひとり静かに、梅を楽しみたい場所である。

所要時間約3時間(家を出てから帰るまで)のプチ散歩。
青空の下で、とても気持ちよかった。
暖かくなったら、こんな日をたくさん作ろうっと♪
[PR]

by masayama-chan | 2011-02-22 22:42 | Comments(4)

「あしたのジョー」   

義母の四十九日が済むまで映画鑑賞は控えるつもりでいたけど、「観たい」という人がいるので、仕方なく付き合ってやった。
ボランティア精神よ(笑)

昭和40年代のドヤ街を背景に、天才ボクサー矢吹丈が活躍する伝説的コミックを、NEWSの山下智久主演で実写化した。
「あしたのジョー」
a0108328_2025926.jpg


漫画に興味のない人でも、タイトルぐらいは知っているでしょ。
私も読んだことはないけど、なぜか、だいたいのストーリーは知っている。

山Pは、ドヤ街育ちの不良少年ジョーにしては、きれい過ぎ、さわやか過ぎ、やさ顔過ぎ、清潔過ぎ。
髪の毛サラサラだもん。
ジョーからは、野卑な悪童が放つ埃っぽい臭いが漂ってこなくちゃ。
さわやかなのは、しょうがないか。ジャニーズだもんね。

一方、宿命のライバル、力石徹役の伊勢谷友介は、すごくよかった!
過酷な減量シーンには目を剥いた。
減量後に見せた骨の浮きでた上半身といったら。
館内から「わぁ~!」と声が上がったほどだ。
a0108328_2026196.jpg

減量は作品の中だけではなかったはず。ここまでやるとは、すごい役者魂だ。
私は、昨年NHKで白州次郎を演じたときから、彼に注目しているのよね。
眼力鋭く、凄みのある表情。全身から漂うオーラ。
力石も適役だったけど、繊細な芥川龍之介役??とかも似合うと思うよ。


a0108328_20262344.jpg熱演した伊勢谷さんの、そのさらに上を行くのが、もはや名優の貫禄十分の香川照之だ。
もう、演技を見ている感じがしない。
漫画の人物、丹下段平そのものだ。

「立て、立つんだ。ジョ~!」

怪演。怪役者。本人は、けっこう楽しんで演じていたんじゃないかな。

連れは、「原作に忠実だなぁ~」と、感動していた。
令嬢の葉子に扮した女優の大根ぶりが気になったけど、漫画のヒロインだと思えば、そのわざとらしさも楽しめる???
[PR]

by masayama-chan | 2011-02-20 20:36 | 映画三昧 | Comments(10)

弟よ   

先日、義母の葬儀に行ったときのこと。
一足早く富良野へ向かった夫から、弟が私と同じ便(羽田→旭川)に乗るらしいと、聞いた。

羽田空港に着いて、弟の姿を探してみたけど、見当たらない。
搭乗口付近で弟と似た背格好(弟はとても小柄)の人を見かけて、「あっ」と思ったものの、弟よりだいぶ恰幅がいい。
レトロなウールのコート(昭和の紳士っぽい)を着た後ろ姿は、かなりの年配者に見受けられた。
あまりキョロキョロして不審者と思われても困るので、「別の便に変えたのかなぁ~」と、探すのを諦めた次第。

ところが、富良野の葬儀場に姿を現した弟を見て、「あれまぁ!」
なんと、空港で見かけた、昭和のレトロなコートを腕に抱えていたのだ(驚)

やっぱり。あの後姿は、弟だった。
それにしても、あんなに恰幅がよかったんだっけ?(つまり、太ったということ)
ヤンチャな弟が、いつの間に年配者と見られる歳になってしまったのだろう。
ということは、私も同じように歳をとったというわけだ。愕然!

旭川空港では、甥(義妹の長男)が車で迎えに来てくれていた。
弟は、空港から路線バスに乗ったという。
気づいていれば、甥の車に一緒に乗せてもらえたのに、つれないことをした。
旭川空港から富良野までは、けっこう距離があるのだ。

同じ飛行機に乗りながら、私は弟を見つけられず、弟も私に気づかなかった。
まったく、なんという姉弟だろうね。
母には内緒にしておこう(苦笑)



a0108328_1955696.jpg葬儀会場の両脇には、生花がずらりと並んでいた。
義母は派手な葬儀は望まなかったはずだが、花が大好きだったので、きっと満足してくれただろう。
[PR]

by masayama-chan | 2011-02-17 20:00 | Comments(6)

書道展   

週末、「都心でも積雪の予想」と大騒ぎしたわりには、ちっとも積もらなかったね。
予報が外れたのは嬉しいことだけど、今夜の雪は、どうやら積もりそうだ。

三連休最後の昨日、都心へ「書」を鑑賞に出かけた。
「書」とはどういう風の吹き回し?と思うでしょ?
これには、ちょっと訳があるんです(と、思わせぶり)



a0108328_2352087.jpg
「第13回桂峯破体同好会展」
会場は、赤坂のゴージャスなホテルだ。








a0108328_2355070.jpg
趣きのある入り口。
代表の方(先生)の作品が飾られていた。
「生涯青春」

書を超越した芸術だ。
格調の高さに、中に入るのがためらわれたほど。





ジャ~ン~~♪
私の友だちの作品です。
退職後に書道を始めて3年だとか。
書をやっていたのは知っていたけど、正直言って、これほどの腕前だとは思っていなかった。
「登竜門」の3文字に、さらなる上を目指す希望と闘志が現れているよね。
a0108328_2362169.jpg



a0108328_2364458.jpg
こちらも、友だちの作品。
「カタカナ」は、この作品だけだった。
前向き、柔軟。お洒落な感じだよね。








代表(先生)の作品。
左から、「水魚の交わり」「旭日昇天の勢い」「身楽逸」
勢いがあって圧倒された。
ご高齢のようだが、作品は若々しく力強く生命力に溢れている。
a0108328_2371318.jpg


会場中央にはコーヒーや洋菓子が用意され、ドレスアップした人々が集っていた。
さすがホテルが会場だけのことはあるなぁ~。
格調高い雰囲気の中で、芸術的な書を堪能した。
[PR]

by masayama-chan | 2011-02-14 23:18 | Comments(4)

ありえない!   

ちょっと前の話だけど、思い出すたびに、つぶやく。
「ありえないよね」

先月、府中のIデパートで買い物をした。
前々から欲しいと思っていたセラミックの包丁を買おうと、映画を観た帰りに寄ったのだ。

包丁を買った後、食器売り場をブラブラしていたら、可愛い湯飲み茶碗が目についた。
白地に淡いオレンジの小花が散り、軽くて上品で使いやすそう。
セットもの(夫婦用)で、もう一方には水色の小花が描かれている。

オレンジの湯呑みは、次女にどうだろう。未だに子供っぽいのを使っているもの。
水色は、お婿さん用。いつも客用の湯呑み茶碗で出しているからね。
ふたりは夫婦ではないが、まぁ、いいか(笑)
値段も手ごろだし、買うことにした。

代金を支払って包装が終るのをカウンターで待っていると、店員がソロソロとやってきて驚くことを言うではないの。
「お客さま、大変申し訳ございません。あの~、割れちゃいました」
はぁ~、いったいどうなってるの!?

箱に入れる際、布で拭いていたら、ヒビが入ってちょこっと欠けてしまったとか。
どんだけ、強い力で拭いたのよ(驚)

「同じものが当店にはないので、仕入先に確認してみます」
ということで、こちらの連絡先を告げて帰宅した。

その夜、電話があった。
「申し訳ございません。仕入先にも在庫はないとのことです。あの~、お客さま、下の段にあったのをご覧になりました?似たような感じですが、そちらではダメでしょうか?」

「いいわけないだろう!」とは言えずに、
「あぁ~、結構です」

よく考えてみると、ありえない話だよね。
代金を支払った時点で、湯呑み茶碗は私の所有物になったはず。
それを包装する際に割ったあげくに、「似たようなものでどうですか」はないもんだ(呆)
それに、下の段にあったのは、ゼンゼン似てなかったよ。模様も形も手触りも。
同じものを持ってこいだよ!(とブログでは強気)

「代金を書留で送りましょうか」と言われたが、
「お手数ですから結構です。また、行く機会もありますから」と断った。

店員がどんな気持ちで客先に電話をかけてきたか想像がつくから、心やさしい(笑)私は彼女を責めないよ。
それでも、思い出すたびに、「ありえん!」

その後行く機会がないから、代金もまだ返してもらってない。


  我が家の蘭展(笑)
  シンピジュームとデンドロニュームが見ごろ。

a0108328_20252541.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2011-02-11 20:37 | Comments(8)

「ありがとう」、そして「ごめんなさい」   

5日の旭川空港は、吹雪いてなかなか着陸できず、上空で待機。
「いつ降りられるんだろう」と心配だったが、到着予定時刻より遅れること30分。
空港を一歩出ると、あたり一面銀世界だった。

5日(土曜日)、6日(日曜日)と、富良野の斎場で、義母の葬儀が営まれた。
享年86歳。
沢山の花に囲まれ、冬晴れの中の旅立ちだった。

義母は、去年の7月に脳梗塞で倒れた。
といっても、父のときのように突然倒れたわけではない。
一人暮らしの義母の家に義妹が行ったとき、ちょっと様子がおかしいので、医療機関で診てもらった。
二つ目の病院で、多発性脳梗塞を起していたことがわかったのだ。

それからは、意思の疎通は難しくなった。
去年の12月に私が訪ねたときも、意識はほとんどない状態で会話は叶わなかった。

7ヶ月の入院生活が長かったのか短かったのかは、わからない。
でも、元気なまま、ある日突然逝かれたら、家族の衝撃と無念さは、どれほど大きかったことだろう。
一方で、意思の疎通がないまま看護と介護の状態が何年も続くことが、家族にとって、なにより本人にとって幸せだったとは思えない。
そういう意味では、とても不謹慎な言い方を許してもらえば、7ヶ月は短かすぎず長すぎず、恵まれた月日だったように思えてくる。
遺された者の傲慢な考えと言われれば、そのとおりかもしれない。

気丈で負けず嫌いの義母にとって、私は気に入った嫁ではなかったと思う。
ぼんやりして気の利かない嫁を、義母はきっと歯痒く思っていたことだろう。
それでも、いつも優しく接してくれた。

出棺のとき、今までの義母の心遣いを思って、「ありがとうございました」という言葉が、思わず口を突いて出た。
そして、「いたらない嫁で、ごめんなさい」と、心の中で義母に詫びた。



        帰りの旭川空港で。氷の彫刻があった。
a0108328_16204773.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2011-02-08 16:24 | Comments(10)

義母のこと   

今朝(2月3日早朝)、北海道の義母が亡くなった。享年86歳。
先月末に誕生日を迎えたばかりだった。
一年前の今ごろは、まだまだ元気だったのにと思うと、人の命は儚い。

歳を重ねるにつれ、義父、父、義母と、かけがえのない人を徐々に失っていく。
「歳をとるのは悲しい。体力、知力、気力、財力と、いろんなものを失っていくから」という人がいる。
体力、知力、気力などが次第に衰え失われていくのは寂しいことだが、大切な人を失うのが、なにより悲しい。

まだ現実味がないのですが、ブログはちょっとお休みします。
[PR]

by masayama-chan | 2011-02-03 23:28 | Comments(0)