<   2011年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

犬の話   

来月の12月16日に、愛犬チェリーは12歳になる。
人間で言えば何歳だろう。私より年上であることは、間違いない。

そのチェリーは、今現在、発情期にある(雌犬の発情期は、ほぼ半年に一回のサイクル)

目は見えず、腰の状態も悪く(脊柱管狭窄症の疑い)、見た目(歩く姿)はいかにも老犬なのに、女性?として未だ現役なのだ。
飼い主にとって、愛犬の発情期はちょっとやっかいな期間だが、新しい命を生み出す生命力がチェリーにまだあるのだと思うと、嬉しい。
散歩のとき、雄犬の気を引こうとするのを見て、「やるじゃん、チェリー」(笑)

某都知事はかつて、「生殖能力を失ったあとも生きるのは、人間のオバアサンだけ」とか言ってひんしゅくを買ったが、実際そのとおりなのだと、チェリーを見ていて思う。

*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜・*.♪。★*・゜・*♪*.♪。

二年前のこの時期、チェリーは突然視力を失った。
脳のMRI検査の結果、視力は永遠に戻らないと判ったときの絶望感。
チェリーは覚えていないだろうな。

大学病院の先生(獣医師ではなく、動物行動学とかの先生だと思う)は、こう言った。
「犬は今だけを生きている。見えていた過去を振り返って嘆くことはないし、将来を悲観することもない」
この言葉に、いたく納得したのだった。


PS:(どうでもいい話)
後日、母にこの話をしたら、
「チェリーがそう言ったの?」と聞いてきた。
犬が話す訳がないから、イジワルな質問だ。
大学の先生の言葉だと言うと、
「そんなことわからないじゃないの。大学の先生だか何だか知らないけど、犬になったわけじゃあるまいし」
フ~ム。


2年前の今日、11月29日のチェリー。
a0108328_23214579.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2011-11-29 23:27 | Comments(2)

日本みつばち   

a0108328_19465044.jpgなんの変哲もないカップヌードルに見えるでしょ?
まぁ、そのとおりなんだけど、クジであてたものです。

いつも行くスーパーのスクラッチカード(2000円の買い物で一枚もらえる)で、珍しく「あたり」が出た。
どんなすごい賞品が当たったかと思いきや、
「な~んだ。カップヌードルか」


ケイマー・H師匠を見習って、せっせと懸賞に応募しているけど、今年の戦勝品はこれだけかも(泣)


a0108328_19472920.jpgこちらは、ラベルがはがれて見にくいけど、昨日長野から送られてきた「日本みつばち」の「はちみつ」
送り主によると「日本みつばち」は、珍しいそう。それも、1.5kgもある。
とてもサラッとして使いやすそうだ。
ただ、私ははちみつを使う習慣がないので、使い道を勉強しなきゃね。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このところ、ネットに接続できないことが多くて、困っていた。
ADSLのモデムがお昼寝?しちゃうようで、揺すったりたたいたりして起していたのだけど、もうどうにもならなくて、昨日NTTに連絡して、取り替えてもらった。
う~ん、これで大丈夫かなぁ~。
ブログも、ハラハラしながらやっている状況です。
[PR]

by masayama-chan | 2011-11-26 19:50 | Comments(4)

ステキな金縛り   

このところ映画を見る気分になれないでいたが、今日は気分転換を兼ねて、久々に府中の映画館まで足を運んだ。


a0108328_23473166.jpg
見たのは、もちろん?あの作品。
笑えること間違いなしの、三谷幸喜脚本・監督、「ステキな金縛り」

とある殺人事件。
被告人は無罪を主張するが、アリバイの証人はただひとり、落ち武者の幽霊。
まあなんとも現実離れした、奇想天外な話であることよ。



主役の弁護士役に深津絵里、落ち武者に西田敏行。
脇を固める俳優陣も超豪華。
弁護士事務所のボスの阿部寛や、敏腕検事の中井貴一はともかく、佐藤浩市や唐沢寿明が、ほんのチョイ役で出ているの。

う~ん、確かに笑えたけど(大真面目な中井貴一が可笑しい)、期待ほどではなかった。
私としては、前作や前々作の方が笑えたし、どちらかといえば初期の「ラヂオの時間」や「みんなの家」のほうが好き。
出演陣はどんどんゴージャスになっていくけど、内容は架空の度合いが増し、どうなんでしょう。
でも笑いのツボは人それぞれなので、「最高に可笑しい!」という人もいるでしょう。
笑いに元気をもらいたい人は、どうぞ映画館に足を運んでみてください。

*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜・*.♪。★*・゜・*♪*.♪。

ところで、今日11月22日は、「いい夫婦の日」だそうです。
こういうのって、大きなお世話だわ(笑)
[PR]

by masayama-chan | 2011-11-22 23:52 | 映画三昧 | Comments(3)

みしらず柿と、悲しい出来事と   

a0108328_14345310.jpg
今年も、「会津みしらず柿」が届いた。
「みしらず柿」は渋柿だが、焼酎でじっくり渋抜きすることで、とろけるように甘くなる。
(11月22日に開封。開封日厳守!)




ここ10年ほど、毎年送られてくるが、今回は特に嬉しい。
というのも、「もしかして今年は来ないのでは」と、思っていたからだ。

福島県の一部の地域では、干した柿に放射性セシウムが検出されて、あんぽ柿の生産(加工)が自粛になったケースもあると聞く。
だからといって、「みしらず柿も」と思ったのは私の早計で、なんでも福島県で括ってしまうのは、本当に失礼な話だ。反省しよう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先週は、悲しい出来事があった。
ご近所(我が家の隣の隣の家)の愛犬が、突然亡くなったのだ。
チェリーと同じ歳(11歳)のコーギーで、子供のいない奥さまは、とても大切にして可愛がっていた。
亡くなる前の日にも、散歩をする姿を見かけていたので、訃報を知ったときには、驚きのあまり言葉が出なかった。

「オシッコの量が最近すごく増えた」とは聞いていた。
「間に合わないと、柱にかけちゃうの」、「そうか、男の子だものね」
なんて話をしていたが、もしかしてそれは深刻な状態を示すサインだったのかもしれない。
犬は何も言わないから、わからない。それに、人間よりずっと我慢強いのだ。

この話を、帰宅した夫に畳み込むようにしたら、「ふ~ん」と素っ気ない。
なんで、もっと驚かないの!?
ご近所の犬の死は、ほとんどの人にとって、「ふ~ん」で済まされる話なのだろうか。

レ○ちゃん、どうぞ安らかに。合掌。
[PR]

by masayama-chan | 2011-11-20 14:42 | Comments(2)

久々のディンプル会   

おととい(火)の夜は、久々のディンプル会~♪
ディンプル会というのは、前にも書いたけど、OL時代の仲間の集まりである。
楽しく気の置けないメンバーで、基本的にみな丸顔(笑)

1年数ヶ月ぶりの集まりだが、皆ちっとも変わらない。
というか、初めて会ったン十年前と少しも変わらない。少なくとも中身は(苦笑)
歳を重ねても図々しいおばさんに成りきれないというか、みな少女のようにピュアな部分があって(言い過ぎ?)、そこがこのメンバーの素敵なところ。
なんて恥ずかしげもなく言う私は、相当図々しいかもです(汗)



a0108328_1759508.jpg
手前は、ブランデーベースのカクテル「サイドカー」

いつもサイドカーに乗ってくる常連客が、このカクテルを愛飲したことから、名づけられたそう。

甘くて飲みやすいけど、アルコール度数は30度というから、飲み過ぎにはご用心。



a0108328_1801143.jpg
マスターのお奨めの、貴腐ワイン。

まったりと、甘く、とろ~んとして、蜂蜜のよう~。








メンバーの一人から、手作りの「よだれかけ」を、もらいました~♪
ちっちゃくて、とっても可愛いの~~。
a0108328_181325.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2011-11-17 18:03 | Comments(6)

読書中~「転移」~   

先週図書館で借りてきた中島梓の「転移」を、読んでいる。
2009年5月に、すい臓ガンで亡くなった著者の絶筆だ。
すい臓ガンが肝臓に転移したあとの2008年5月から、意識を失う2009年5月までの闘病日記である。

評論家・中島梓は作家・栗本薫でもあったわけだが、実は私はどちらの著書も一冊も読んでいない(自慢にもならないが)
ファンでもなんでもないのに、なぜこの本を図書館で手にしてしまったのだろう。

中島(栗本)さんの執筆スピードは超人的で、一晩で100枚書き上げることもあったという。
作家・評論家の顔の他に、ジャズピアニストとしてライブを行なったり、脚本、作詞、作曲、舞台プロデュースを手がけたり、その多才な活躍には目を見張るばかり。

何事にも自信満々な女性に私には映っていたが、この本を読む限り、傷つきやすく繊細な神経の持ち主であったことも伺い知ることができて、ちょっぴり親近感を持った。
例えば、「団欒恐怖症」による拒食症とかね。
物書きは多かれ少なかれ、屈折した感情を胸に抱いているものかもしれない。

まだ半分も読んではいないが、印象的な言葉は、多々ある。

「ガンにならなかったところで、あと20年、30年、場合によってはあと数年もすれば私は必ず死ぬ。」
「なにもくやむことのない一生。それが60年だったとして、何をおそれたり拒否することがあろう。60年「も」生きてこられたのだ」

60年「も」生きた私は、「あとせいぜい20年か30年」と思うことがよくある。
この先、楽しいことも多々あるだろうが、かといって年々老いていく身には希望に満ちた未来が待っているわけではない。
20年、30年が、たとえ2、3年だったとしても、何を恐れることがあるだろう。
闘病記に、ある意味、励まされているような??

そんなこんなで、もの思う秋の夜長であることよ。
[PR]

by masayama-chan | 2011-11-14 21:56 | Comments(2)

お祝い御膳   

昨日、お昼前に娘が入院している病院へ行ったら、ちょうど昼食が運ばれてきたところだった。

あらまぁ、なんとステーキではないの。
デザートも3種類。病院食にしては、なんて豪華なランチですこと(驚)
でも、毎食こんなメニューでは当然なくて、これは出産後4日目に出される、
「お祝い御膳」とのことです。
なんとも嬉しい心づくしですね♪
a0108328_22401932.jpg



*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜・*.♪。★*・゜・*♪*.♪。


a0108328_22404136.jpgそういえば、10日ほど前、高尾山に行った。
まだ紅葉はしていなかったけど、よく晴れて気持ちのいい日だった。

高尾山には毎年行っているけど、今年はズルをして行きも帰りもリフト。
それでも、頂上まではけっこう歩く。
かなりきつくて、足の筋力の衰えを実感した。
筋力の衰えを確かめに、それを自分に言い聞かすために、毎年行っている気がする。
[PR]

by masayama-chan | 2011-11-13 22:45 | Comments(8)

手作りハーブシロップ   

昨日は、アロマ教室で、「ハーブシロップの作り方」を習った。
ハーブのパワーによる「風邪予防シロップ」だ。
材料のドライハーブを持ち帰ったので、今日早速作ってみた。

ハーブは5種類。
エキセチナ5g、タイム5g、ヤロウ5g、ペパーミント2g、エルダーフラワー4g
まず、鍋にハーブと水450ccを入れ、20分ほど置く。
a0108328_1814016.jpg


ハーブがふやけたら火にかけ、1/5(約90cc)になるまで、コトコト煮詰める。

1/5の把握が難しいのだけど、「まぁこんなもんか」というところで火を止め、布巾で漉す。
濃縮液の出来上がり!
a0108328_1835247.jpg


ここに、砂糖を入れて、軽く煮溶かす。
昨日の教室では砂糖を180g使ったが、あまりの甘さにたまげたので、今日はちょっぴり減らしてみた。
ちょっぴりなのは、砂糖は防腐効果があるので極端に減らすと日持ちしないと言われたから。


ハ~イ、ハーブシロップの出来上がり~♪
左は、先月の教室で作った「トリートメントオイル」(全然減ってないけど)
a0108328_187276.jpg


さぁこの冬は、ハーブシロップで風邪を予防し、トリートメントオイルでお肌をスベスベにして乗り切りましょう~。

*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜・*.♪。★*・゜・*♪*.♪。

今日は、真冬のように寒い一日だった。
出かけるのがおっくうで、喪中ハガキの宛名をプリントしたり、録画しておいたドラマを見たりして、ゆるゆると過ごした。
天気がいいと、掃除洗濯・布団干しに精を出し、その上どこかへ行かなくちゃもったいない気がするから、たまにはこんな静かな1日があってもいい。

ちなみにドラマは、「ラストマネー」の最終回と、今週の「カレ、夫、男友達」
いずれも、NHKの火曜10時のドラマ。
最近のドラマは、この枠しか見ていないかなぁ。
[PR]

by masayama-chan | 2011-11-11 18:15 | Comments(4)

2日目   

今日は、母と赤ちゃんに会いに行った。
調布駅南口から渋谷行のバスに乗り、30分ほど。
病院(生育医療研究センター)の目の前がバス停だ。

けど、残念!
母は、赤ちゃんに直接会うことが出来なかった。
NCIUへは、娘が付き添えば夫と私は入室できるが、母はできないのである。
「おじいちゃん、おばあちゃんは入れる」と娘から電話で聞いた母は、すっかり「自分はおばあちゃんだから入れる」と、思ったらしい。
おばあちゃんは、私だよ!(笑)

でも看護師が、別室のモニターで赤ちゃんの様子を見られるように配慮してくれた。
看護師が世話をしようとすると、なにが気に入らないのか猛烈に泣いて抗議する。
泣き虫?怒りんぼ?手ごわいぞ。

思えば昨日生まれたばかりなのに、なんだか、ずいぶん時間が経ったような気がする。
で、肝心なことを書き忘れていたみたい。
男の子?女の子?
間違いなく、男の子です。



a0108328_226350.jpg
病院は、とても広くて大きい。
後ろはマンションかと思ったけど、病院の建物の一部だった。
迷子になるのも無理ないでしょ?
[PR]

by masayama-chan | 2011-11-09 22:08 | Comments(4)

誕生!!   

11月8日、0時3分。赤ちゃん誕生。
その瞬間に立ち会った。

「感動して涙が出る」と想像していたけど、「おぉぉ~!頭が~!」とビックリしているうちに、大きな産声が聞こえて、思わず笑顔に。


出産直後のLDR。小児科医が新生児のチェック?をしている。
LDRは、陣痛室と分娩室、さらに回復室がひとつになった広々とした個室。
好きな音楽を流し、アロマの香りに癒されながら、お産に望むことが出来る。
といっても、本人はそれどころじゃないけどね。

a0108328_1239859.jpg


分娩には医師3人と、6、7人の助産師・看護師が立ち会ってくれた。
手前の白い服の男性は、お婿さん。
陣痛が始まってから6時間、ずっと娘の腰をマッサージし、一緒に「ハーハーフー」と呼吸し、声をかけ励まし続けた。
この献身的な介助に脱帽!(母は出番がありません)


2568グラムの小さな赤ちゃんだけど、早産にしては思っていたよりは大きくてホッとした。
でも、肺の機能がまだ弱いらしく、しばらくは(3週間くらいかな)、NICUのお世話になるそうだ。



みなさま、この度は、お騒がせし、かつ心配をおかけしました。
気遣って下さり、本当にありがとう~。
[PR]

by masayama-chan | 2011-11-08 12:45 | Comments(8)