<   2012年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

赤ちゃんの絵本   

先週、買い物帰りに本屋さんによって、絵本を買ってきた。
「いないいないばあ」と、「いいおかお」と、「おふろでちゃぷちゃぷ」

a0108328_1843647.jpg


娘たちが小さかったとき、何百回と読んで聞かせた本だ。
長女が生まれたとき、友だちがプレゼントしてくれた。「赤ちゃんが笑うのよ」と言って。
そしてホントによく笑った。
「まだ家にあるかも」と思って探したけど、さすがに見当たらなかった。
娘たちが赤ちゃんを卒業して長い年月が経つのだから、当然か。

土曜日、Tちゃんが来たので、早速読んで聞かせた。
でも、笑わない。「この人、何やってるの?」と言わんばかりに私を見て、不思議そうな顔をしている。
「まぁ、この子ったら、本好きじゃないのかしら」と、ちょっと心配になった。
娘には、「本はまだ早いんだよ」と言われたけど。


モーモーファッションで、「エイ!」と言ってました。
a0108328_18433879.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2012-01-30 18:48 | Comments(6)

ヒミズ   

昨日、新宿バルト9で今年初めてとなる映画を観てきた。
園子温監督の「ヒミズ」
主演の2人が、ベネチア国際映画祭で新人俳優賞を受賞して話題となった作品だ。
a0108328_23543133.jpg

大震災後の被災地が舞台。
主人公は、住田佑一(染谷将太)、中学3年生。
家は川辺の貸しボート屋。彼の境遇はかなり悲惨だ。
自堕落な母親は男と駆け落ちし、たまに帰ってくる父親は、「お前なんか死ねばよかったんだ」と暴言を吐き、暴力をふるう。
彼の希望は、誰にも迷惑をかけずに普通に生きることなのに。

クラスメートの茶沢景子(二階堂ふみ)は、住田に恋し、まとわりつく。
邪見にされ疎ましがられてもめげない。
彼女もまた、母親の奇怪?な虐待に苦しめられていた。
ある日、父親の激しい暴力に耐えかね、住田は衝動的に父親を殺してしまう。普通に生きたかったのに。

原作がコミックとあって、登場人物のキャラが際立つ。
暴力シーンも多く、若い2人は頬を引っ叩きあうのがまるで会話のよう。
正直ついていけない部分も多かった。
でも、後味は悪くない。とことん悲惨な話なのに、暗くはない。
若い2人の、荒々しく、ほとばしるような生命体に圧倒されたか。

染谷将太クンは、新人俳優賞受賞も納得の演技。というか、演じているとは思えないほどの自然さ。
二階堂ふみさんは熱演だけど、高校の文化祭で精一杯大声を張り上げ頑張っている感じかな。
雰囲気が宮崎あおいさんにちょっと似ている。

ところで、「ヒミズ」とはモグラの一種とのこと。
映画を見る前は何のことだろうと思っていたけど、言われてみれば、なるほどね。
「日見不」(日を見ず)
[PR]

by masayama-chan | 2012-01-26 23:58 | 映画三昧 | Comments(5)

海路   

新聞の書評を読んで、「聞いたことのない作家だけど、読んでみたいな」と思っていた本がある。
藤岡陽子著「海路」
先週、図書館で借りてきた。

a0108328_2141966.jpg


かなり薄い上、文字がすごく大きいので、あっという間に読めた。
定価1200円は、なんだか損した気分。自分が買ったわけではないのにね(笑)

小さな診療所に16年勤める志木という看護師が主人公だ(私という語り手でもある)
診療所を営むのは70代の医師。突然閉院すると言いだし、志木を慌てさせる。
そして閉院を目の前にして、すべてを放り出したかのように姿を消す。
医師の行方を追い、彼女は沖縄の渡嘉敷島に向かう。

43歳の孤独な看護師と、妻子に去られた過去を持つ70代の老医師。
診療所の若い事務員・水鳥さんは、渡嘉敷島へ行こうとする彼女に、半ば呆れながら言う。
「これで志木さんと先生の歳がせめて20ずつ若かったら発展あるかも、ですけどねぇ」

その通り、ふたりの間に何が起きるわけでもない。
人生に希望を失った医師の唯一の望みは、誰にも甘えず独りで最期を迎えたいということなのだ。

後で知ったのだが、この作品は同一テーマを6人の作家が競い合うテーマ競作シリーズということだ。
テーマは「死様」
なるほどね。
妻子に去られたとき、一方でほっとした自分。
誰にも甘えず誰をも甘えさせずに生きてきた自分が、最期になって寂しい、誰かに頼りたいというのは卑怯だと。
最期を独りで迎えたいというのは、たぶん老医師にとって、自分の人生に対する仁義なのだ。

寂しさが、ひしひしと胸に染みる本だった。
でも、後味は悪くない。二人の佇まいが清々しい。


  買い物に出たとき、コンビニの前に小さな雪だるまがあった。
a0108328_2155978.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2012-01-24 19:07 | Comments(4)

シナジス外来   

寒い、寒い、朝からパラパラと雪が降り続いている。
こんな日は外出する気にはなれず、かといって家事に精を出す気も起きないが、犬の散歩だけはサボるわけにはいかない。


ところで昨日は、娘がTちゃんの予防接種に行くというので、付き合った。
車の運転が出来るわけじゃなし、何かの役に立つというわけではないけれど。

昨日の予防接種は、RSウィルスの重症化を防ぐためのもので、病院の受付には、「シナジス外来」との表示があった。
「シナジス外来」と言われても、赤ちゃんのいない人にはわからないよね。

シナジスは、RSウイルスの抗体が入っている注射。
RSウイルスはありふれたウィルスで、2歳までには100%罹患するという。
大人がかかっても風邪程度で済むが、Tちゃんのような早産児は重症化するリスクが高い。
なので、注射によって抗体の量を増やし重症化を防ぐのだ。
春になるまで毎月接種(計6回)しなければならず、その度に世田谷の病院まで連れて行くのは結構負担だが、まぁ未然に防げるものは何でも予防しておいたほうがいいでしょうね。


待合室は、エ~ンエ~ンと泣く赤ちゃんたちの大合唱~♪
このところ娘の回りでは出産ブームだし、特にこういう場所にくると「少子化って、どこの国の話?」って思うのだが、出生数は下がり続け、日本は人口減少の道をまっしぐらに進んでいる。


Tちゃんが生まれた国立生育医療研究センター。
前にきたときには気付かなかったけど、可愛いオブジェ?があった。

a0108328_1336617.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2012-01-20 13:39 | Comments(2)

迂闊な日々   

元来ぼんやり者ではあるが、最近とみに迂闊な私である。
今日も、図書館へ本を返しに行ったのだが、図書館に着いてみれば肝心の本を持っていなかった(汗)
ちなみに、本を入れる袋は下げていました。

返却期限が今日なのと、次の予約が入っているので(奥田英朗の「我が家の問題」)、さすがに係員も「明日でいいですよ」とは言ってくれない。
我が家と図書館を行ったり来たり。散歩だと思うことにした。


昨日は、ネットで航空券を購入した。
3月に、次女の卒業式に行く予定だ。
「飛行機の手配をしました」と自慢気?に娘にメールを送ったら、
「そんな時間でいいの」と返信が来た。
えっ!?
確かに、まずいかも。
卒業式が終わったらその足で帰るつもりだが、式の終了時刻と大学から空港までの所要時間を考慮したら、手配した便にはとても乗れそうにない。アチャ。
まぁ、変更すればいいだけの話だが、先得チケットなので便を変更することができないらしい。
取り消して買い換えたけど、なんとキャンセル料が航空運賃の半額もかかった(泣)
迂闊料は大きかった(嘆)

そんなこんなで、自分の頭をコツンとやりたい迂闊な日々が続いている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、阪神大震災から今日で17年を迎えた。
大寒を過ぎたばかりの、こんな寒い時期だったのだと改めて思う。
同じ日の朝、祖母が亡くなった。平成7年1月17日は、私の中でもいつまでも記憶に残る日だ。
永遠に癒えることのない悲しみを抱えた方もいるでしょう。黙とう。



今年も、晩白柚をいただいた。
a0108328_17454555.jpg

今年は、マーマレードか、紅蓮さんのブログにあったピールを作ってみようかと思っている。
違いが、よくわからないけど。
[PR]

by masayama-chan | 2012-01-17 17:49 | Comments(6)

娘宅訪問   

昨日娘から「あした遊びに来ない~?」とメールがあった。
お昼ごはんを振舞ってくれるというので、夫といそいそ出かけた。

玄関を入ると、例の虎の置物が!
天井が高いので、意外と小っちゃく見える。
a0108328_20473776.jpg



Tちゃんとは、一週間のご無沙汰です。
ジージは、すぐ抱っこしたがるよネ。
a0108328_2048467.jpg


赤ちゃんがいるのに、家の中はチリひとつなくスッキリと片付いている。
モデルハウスのようにスキがない。
それもそのはず、娘のインテリアに対するこだわりは半端じゃなく、くずかごひとつとっても気に入ったものが見つかるまで絶対に妥協しないそうだ。
どうりで、巨大シロクマのぬいぐるみが見当たらないはずだ(笑)


メリーゴーランドは、お婿さんのお母様がプレゼントしてくれたそう。
昔のように天井につるさないのね。
「Tちゃん、ホラ、クルクル回って楽しいね~」って話しかけたけど、本人は大泣きするばかり(笑)

a0108328_20484183.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2012-01-14 20:52 | Comments(6)

母の誕生日~♪   

今日(1月12日)は、母の誕生日。
85歳になった。
それにしても、凍りつくような寒い一日だった。
母は、こんな寒い時期に生まれたのだ(誕生日は、ちょっとサバを読んでいるが)

母の誕生日には、たいてい花を贈っている。
今年も、母の名前にちなんだユリの花を持っていくつもりでいたが、
「プレゼントしてくれる人がいるから持ってこなくていい」と言われてしまった。
ふ~ん。


         確かに、こんなに立派なユリの花束が届いていた。
a0108328_184374.jpg



私が母に贈る一番のプレゼントは、お喋りを聞いてあげることだろう。
これが、けっこうキツイのだけど(苦笑)

「米寿まではどうしても生きていたい」と、話している。
なぜなら、88歳の誕生日を迎えると、掛けている個人年金保険から祝い金が出るから、ですと。
「そうだよ。幾つになっても目標を持つことが大事だよ」と、同調してあげた。
祝い金が出ても出なくても、元気で長生きしてね、お母さん。
[PR]

by masayama-chan | 2012-01-12 18:48 | Comments(6)

普段の生活   

正月が終わり、娘たちもそれぞれの場所に戻って、普段の生活に戻った。
気が抜けたような、寂しいような、ほっとしたような気分。

いつもは年の初めに、「何か新しいことを始めよう」と思うのだが、今年は逆。
「今年こそ勇気を出してやめよう」と誓ったことがある(苦笑)

やめたいと思っているのは、知る人ぞ知る例の会なんだけど(汗)、その新年会に昨日出かけた。
会計担当なので、まぁ仕方なく。
そこで、また気持ちが揺らいだ。
気難しい人もいるけど、本当は皆とってもいい方なのだ。
どうしたら会員を増やせるかと取り組んでいる中で、「やめます」とは、とても言えない(泣)
この件は、とりあえず春まで先送り~。


そうそう、春3月には、札幌に住む次女が、6年間の大学生活を終えて東京に戻ってくる(予定)
私の現在の生活にも、多少変化があることでしょう。


a0108328_19551232.jpg
おばちゃん(次女)が編んでくれたベストを着てみました~。
見た目は余裕がありそうだったけど、着たらパツンパツン。
どんどん、おデ○になってきています。
[PR]

by masayama-chan | 2012-01-09 19:57 | Comments(6)

地下トンネル工事現場を見学しました~   

木曜日(1月5日)、京王線の「調布駅付近連続立体交差化」の地下トンネル工事現場を見学した。
京王電鉄の取り計らいによるものだ。

集まった見学者は、20名ほど。
ヘルメット、軍手、安全ベルトを着用し、国領駅近くの秘密の階段?(工事用の狭い隠れ階段)を恐る恐る下って、いざ入坑。

(注)写真は撮り放題だが、ブログやツイッターへの掲載は禁止ということで、勇敢?なヘルメット姿をお見せすることができなくて誠に残念です(笑)


国領から布田駅までを、レールに沿って往復した。
駅のホームにも立ってみた。
感想を一言でいうと、「おぉぉぉぉ!!」
どこまでも続いていそうなトンネルの中央に立つと、なんだかワクワクした。
すごい、すごい。
トンネルがすごいのではなく、人間がすごいのだ。
説明を聞けば聞くほど、緻密な設計に感銘を受け、これほどの工事をやり遂げてしまう人間の英知と技術に脱帽した。

今度電車に乗ったら、地下に完成されつつある駅やレールを思うだろう。


a0108328_16391461.jpg
お土産は、レトルトカレーだった。
ちょっと意外(苦笑)
[PR]

by masayama-chan | 2012-01-07 16:42 | Comments(4)

今年もどうぞよろしく~   

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
たわいもないブログですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

元日に札幌の次女が帰省し、暮れに一旦家に帰った長女もまた?里帰りして、賑やかな三が日を過ごした。
赤ちゃんがいる今年のお正月は、賑やかさも格別だ。

初もうでは、例年通り近くの神社で済ませた。
どうか平和な一年でありますようにと祈る。
それから、赤ちゃんが健やかに育ちますように、次女が無事国家試験に合格しますように、母とチェリーが長生きしますように、等々。ちょっと欲張りすぎ?


兵庫の知り合い(というか、夫の行きつけのお店)から、今年も立派な鯛が届いた。
「喪中だから」と遠慮したところ、「卒業祝い」という名目で次女宛てに届いた。
まだ卒業していなんだけど(苦笑)

a0108328_2361697.jpg



   ちっちゃい身体だけど、存在感は人一倍~♪
a0108328_2372048.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2012-01-04 22:53 | Comments(4)