<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

「ひまわりと子犬の7日間」   

泣けた。
可愛いタイトルから、母犬と子犬のほのぼのとしたストーリーを連想するも、話はそう単純ではない。

タイトルにある7日間は、犬たちの「命の期限」だ。
さまざまな理由で保健所に保護された犬たちは、引き取り手がなければ殺処分される。
保健所にいられるのは7日間。たった7日間で、犬たちの運命が決まる。


主人公は、保健所に勤めるシングルファザーの神崎彰司(堺雅人)
ある冬の寒い日、母犬と生まれたばかりの子犬が保健所に収容される。
母犬は子犬を懸命に守ろうと、近づく人間に激しく吠える。
神崎は親子の命を救いたいと奮闘するが、飼い主を失い野犬となった母犬は、人間不信からか、威嚇するばかりで心を開こうとしない。
命の期限は、刻一刻と近づいて……。
宮崎県で起きた実話がベースになっている。



a0108328_21483952.jpg


映画は感動的な結末を迎えるが、ハッピーエンドで終わらせていいのだろうか。
現実には年間5万頭を超える犬が殺処分されている。
私たちは、「犬を捨てるなんて酷い」と憤り、「なんて可哀そう」と憐れんで、済むのかもしれない。
一方で、その厳しく過酷な現実に日々向き合っている人たちがいる。
「一頭でも多くの命を救いたい」と、奮闘する職員・神崎。
その一途な姿が、娘と重なった。
[PR]

by masayama-chan | 2013-03-25 21:52 | Comments(6)

プチ花見   

今日は、お昼ご飯も持って、近くの野川でプチ花見。
以前はこの時期、毎日チェリーと桜を眺めながら散歩していた川の辺だ。

薄曇りの空の下、家族連れでにぎわっていた。
満開とまではいかなかったが、来週末では見ごろを過ぎてしまうだろう。

a0108328_22321487.jpg


今年の桜は、開花情報を味わっている余裕もないほどあわただしく咲いて、なんだか月光仮面みたいだったわね。
[PR]

by masayama-chan | 2013-03-23 22:33 | Comments(4)

久々の内視鏡検査   

今日、胃の内視鏡検査を受けた。
火曜日に胃痛で受診したところ、検査を勧められたのだ。
大腸の内視鏡検査はこのところ毎年のように受けているが、胃は10年ぶりくらいかな。

鎮静剤を注射して行ったので、知らないうちに終わってしまった。
気づけば、ベッドの上。爆睡してしまったようだ(苦笑)


身体がシャンとしたところで、検査結果を聞いた。
写真を見ると胃は荒れ模様。
今服用しているのとは別の薬(一段と強力に胃酸の分泌を抑える)を、処方された。

組織を一部採取したので、「本日は、アルコールは控えるように」とのこと。
「本日」だけでいいのよね。ホッ(笑)

来週末、採取した組織の検査結果を聞きに行くことになっている。
単なる胃炎、それもすぐに治るものだといいな。




2月の寒い日。家の周りをジージと散歩。
(本文とは何の関係もありません)
a0108328_2238043.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2013-03-22 22:41 | Comments(6)

春分の日   

このところの暖かさで、桜の開花が急速に進み、今週末が見ごろとか。
桜見物というわけではないが、春分の日の今日、神代植物公園へ散歩がてら出かけた。

梅は終わり、桜も満開にはちょっと早い。
園内は若干寂しい雰囲気だが、桜にもいろいろ種類があり、中には見ごろを迎えた木もあった。


神代曙
a0108328_2213328.jpg


はなもも。キュートだ。
a0108328_2215972.jpg



夜は、近所のお鮨屋さんに行った。
「いきつけ」になりつつある。
「おねえさん」と呼んでくれるのが嬉しい(笑)

生きているボタンエビをいただいた。
「命をありがとう」
a0108328_2223930.jpg



そういえば、今日は夫の誕生日でもあった。
めでたくもないが、ポロシャツを贈った。
変わり映えのしないプレゼントだけど(苦笑)
a0108328_223990.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2013-03-20 22:04 | Comments(4)

胃痛!   

昨日、外出先からの帰り道、猛烈な痛みが胃のあたりを襲った。
それこそ、みぞおちをギュッと鷲づかみされている感じ。
腹痛はよくあるが、胃が痛くなることは私には珍しい。
脂汗が体中から滲み出る。

帰宅して、早々にベッドに入った。
娘が、研修とかでいつもより早めに帰宅したのは、不幸中の幸いと言うべきかな。
「あとは、よろしくね~」

たっぷり寝れば治まると思ったが、今朝になってもまだ痛い。
今日は映画を観にいくつもりでいたが、予定変更。病院へ(残念)

病院で処方された薬が効いたか、夜になって痛みはだいぶ治まった。
「ストレスじゃないの。Tラの」と次女は言うが(苦笑)

金曜日に、胃の内視鏡検査を受ける予定だ。
早くビールが飲めるようになりますように。


PS)
処方箋をもって院外薬局にいくと、「後発薬がありますが、どうされますか」と言われた。
あぁ、ジェネリックね。
「そちらでお願いします」
医師が処方したのは、記憶によると「ガスター錠20」だったと思うが、後発薬は「ファモチジン錠20「YD」)
価格的には、だいぶお得なよう。
最近の薬局は親切です。
[PR]

by masayama-chan | 2013-03-19 22:28 | Comments(4)

入園準備   

今週の日曜日、夜勤明けの長女が、我が家で慣れないミシンと格闘していた。
挑戦を試みているのは、Tラの通園バッグだ。
長女は私に似て裁縫嫌いだが、4月からTラが通う保育園では型式が決まっていて、買って済ますわけにはいかないらしい

ちなみに、長女の家にはミシンがない。アイロンも、針と糸もない。
「ボタンつけとか、どうするの?」と聞いたら、
「ボタンなんかつけないもん」
針と糸を持たないことに関しては、私より上手だ。
(と言うと、「私は毎日針を持っている。注射針よ」と逆襲されてしまうが)


そこへ、次女が帰宅。
長女を一瞥すると、物も言わず2階の自室にこもった。
???
次女の部屋に様子伺いに行くと、
「私のミシンを勝手に使って。一言あってもいいんじゃないの」
と、つむじを曲げていた。
ごもっとも。
愛用のミシンは、次女にとって単なる器械ではないのだろう。


「あのさ~、借りてるって、S子に断ったほうがいいんじゃないの」と、
恐る恐る長女に話すと、長女の顔色がサーと変わった。
「なんなの!それ!前からミシン使うよって言ってるじゃない」と、頭から湯気が……。
あ~あ、ここは、「使わせてもらってるね」と一言口にすれば、丸く納まるものを。

でも、夜勤明けで一睡もせず、これまで触れたこともないミシンと悪戦苦闘している姿は、健気でもある。
なんの力にもなれない私は、どうしたらいいでしょう~。オロオロするばかり。



どうでもいい話が長くなったが(苦笑)、肝心のTラは入園服もバッチリ決まって、準備OK。
a0108328_15573430.jpg


私は、おととい新宿で映画を観た帰りにデパートによって、通園用の普段着を4着ほど買った。
a0108328_15574786.jpg


月曜日、野川公園で。
花より、棒切れを拾うことに夢中。
a0108328_15523883.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2013-03-14 16:00 | Comments(6)

「愛、アムール」   

今日、新宿武蔵野館で観てきた。
「愛、アムール」
a0108328_2353173.jpg


感動と言う言葉では言い尽くせない、暗く深く重く、冷徹で真摯で尊厳に溢れた愛の物語だ。
本年度のアカデミー賞外国語映画賞に輝いたのも納得だ。

パリで暮す音楽家の老夫婦が主人公。
ある日、妻に病が襲い、リスクが低いとされる手術を受けるが、失敗。
右半身不随の身に。
「二度と病院には戻さないで」という妻の気持ちを尊重し、夫は自宅で献身的に介護する。
だが、妻の病状は次第に悪化し、心身共に正常さを失っていく。

ひとことで言えば、壮絶な「老老介護物語」だ。究極の愛の物語でもある。
衝撃的な結末と言えるし、予感どおりと言えなくもない。
「人生はかくも長く、素晴らしい」とセリフにあるが、
「人生はかくも残酷で、美しい」

夫役に、「男と女」のジャン=ルイ・トランティニャン。
「暗殺の森」もよかったな。
知的で寡黙でクールで、どこか影があり、座っているだけで絵になる男だった。

そんな彼も、すっかり歳をとった。
髪は薄くなり、皮膚はたるみ、動作は緩慢に。時の流れは残酷だ。
でも、それがなんだろう。
歳を重ねてこその名演だ。


武蔵野館のエレベーターは、愛一色。
a0108328_237261.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2013-03-12 23:15 | Comments(6)

新宿の夜   

昨夜は新宿で、飲み会。
a0108328_2154957.jpg


かつて勤めていた会社の先輩・後輩の方々と楽しいひと時を過ごした。

話は、TPPや景気動向から恋の行方まで、自由自在。
レベルの高い話も、そうでない話も、お酒が入ればみんな楽しい。
a0108328_21543054.jpg


お料理も美味しかった。
たとえば、フォアグラ。リゾットの上にたっぷり乗っていた。
a0108328_2155179.jpg



おみやげにいただいた、北海道限定マーブルチョコレート。
a0108328_21552115.jpg


油断していたら、Tラにとられた。
a0108328_21553746.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2013-03-09 21:57 | Comments(6)

漏水!!   

今日、外出先から帰ると、郵便ポストにこんなハガキが……。

「水道メーターの点検に伺ったところ、今回の使用量が前回に比べて大変多くなっています。不在にもかかわらず指針が動いており、漏水の疑いがあります」

まぁ、大変!
言われてみれば、駐車場にある白い大きな物体から水がチョロチョロ出ているではないの。
ひょっとして、これ?

こんなとき、すぐやる部長がいないと、ただオロオロするばかり。
勤務先に電話をして事情を話すと(白い物体をうまく説明できない)、「水道工事店に電話してすぐ来てもらうように」とのことで、言われたとおりにした。

漏水の原因は、「給湯配管接続パッキング劣化」だった。
取り替えることで、漏水は止まった。

それにしても、あの白い物体が給湯器とは、初めて知った(笑)
13年もこの家に住んでいるのに、家については知らないことばかりだ。


節水を心がけているのに、元が緩んでいたら何にもならない。
水資源を無駄遣いしたのかと思うと、胸が痛む。
[PR]

by masayama-chan | 2013-03-07 21:16 | Comments(2)

春到来   

長く厳しい寒さとも、そろそろサヨナラか。
春の光に、心なしか気持ちが弾む。
今日は、ふと思い立って、神代植物公園まで出かけた。


            梅園は、人影もまばら。
a0108328_2141551.jpg


何分咲きかな。
a0108328_21422212.jpg


             椿も見ごろ。
a0108328_21424145.jpg



椿を見ていたら、なんとデジカメも携帯も電池切れ。
あぁ、迂闊!
でも、写真を撮ることに気を取られない方が、ゆっくり花を楽しめる。決して負け惜しみではなく。
雨上がりの公園の空気は澄んで、青く広がる空が気持ちいい。


植物公園へ向かう途中、かつて某サークルで一緒だったAさんとバッタリ。
ご近所にお住まいのようで、犬の散歩中に何度かお会いしたことがある。
「ラブちゃん、元気?」と、聞かれる。
「あぁ、チェリーね」
「そうか、チェリーちゃんだったよね」
でも次に会うと、チェリーはやっぱり「ラブちゃん」になっているのだ。
まぁ、ラブラドールだから、「ラブ」でもあながち間違いではないか(苦笑)


そういえば、おととい3月3日(日曜日)は雛祭り。
我が家の3人の女の子のために、夫がちらし寿司を作ってくれた。
3人の女の子とは、私と娘とチェリー(笑)
a0108328_21431170.jpg

チェリーも錦糸卵を少し食べた。すごく薄味なので少しなら大丈夫だと(我が家の先生曰く)
[PR]

by masayama-chan | 2013-03-05 21:44 | Comments(2)