<   2014年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

調布よさこい   

駅前に買い物に出かけたついでに、「調布よさこい」を見てきた。
市内外のよさこいチームが、旧甲州街道(調布駅北口から布田駅前まで)を、流し踊る。


a0108328_21381029.jpg


子供たちのチーム。

a0108328_2138208.jpg


市長も。歩いているだけ?

a0108328_2138404.jpg


プロバスケットチームとチアリーダーたち。

a0108328_21391274.jpg


ずっと立ちっぱなしで見ているのもきついので、途中で引き上げた。

帰る途中、布田天神でも高校生たちが踊っていた。

a0108328_214099.jpg


例年になく、涼しい「調布よさこい」だった。
踊る方はもちろん(だと思うが)、見ている方も楽だった。
でも、ギラギラ照りつける日差しがない分、いまいち盛り上がりに欠けると感じたのは気のせいか。

子供たちのチームの中には、こんなケースも。
「宿題が終わっていない生徒たちもいて、今日は半分ほどの参加です」

なんたる「ゆるさ」(笑)
調布よさこいの日程は何か月も前から決まっていると思うけどね。
でも、微笑ましい。
[PR]

by masayama-chan | 2014-08-31 21:40 | Comments(2)

初めての映画   

先日、Tラは初めて映画館へ行った。
初体験の映画は、
「それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い」

暗い館内に足を踏み入れたとき、、「まっくら~」と、びびったとか。
大画面の迫力にも圧倒されたことでしょう。
でも、最後まで集中して観ていられたそうです。


上映が終わって外に出ると、なんとアンパンがいた!!

a0108328_1452436.jpg



そういえば、私が初めて観た映画はなんだろう。
たぶん母の背に負われて観た松竹メロドラマ。
母が佐田啓二の大ファンだったので、いつも付き合わされていた。幼い子を預けるところもなかったのでしょう。
ちなみに今の母は、中井貴一のファンです。
[PR]

by masayama-chan | 2014-08-27 14:54 | Comments(4)

調布“夏”花火2014   

昨日は、調布の花火大会。
夕方、ブラブラ歩いて出かけた。30分ほどで会場へ。

河川敷にビニールシートを敷き、屋台で缶ビールとたこ焼きと焼きそばを買って準備OK。

暮れかけた空に、始まりを知らせる花火が打ち上げられた。


a0108328_14354653.jpg


次から次へと打ち上げられる花火(実際はもっときれい)
その度に歓声が上がる。

a0108328_1435477.jpg


a0108328_1437255.jpg


a0108328_14364238.jpg


a0108328_14373262.jpg



少し曇ってはいたが、蒸し暑くもなく、蚊に刺されることもなく、私にとってまさに花火日和。
あっという間の、一時間だった。
夏の終わりの花火は、盛り上がった分だけ、寂しい。


平井さんの予報どおり、残暑はおだやかに。
夏は行く。
[PR]

by masayama-chan | 2014-08-25 14:43 | Comments(2)

平井さん~♪   

暑い日は出来るだけ外出を避けているが、今日(8月22日)は例外。
NHK文化センターで開催される講座を受講するために、八王子まで行った。
講座名は、「気象予報士の仕事~その楽しさと舞台裏」
講師は、NHK気象予報士の平井信行さん~♪

天気予報は日々の生活にかかすことのできない重要な情報だが、気象そのものに興味があるわけではない。
にもかかわらず足を運んだのは、平井さんのファンだから(笑)
清潔で端正な佇まいもさることながら、予報が的確でわかりやすく、私にとって最も信頼できる気象予報士だ。
ぜひ一度お目にかかりたかった。

講師の方は、開始時間近くにおもむろに登場するのが常だが、受講生の姿もまばらな15分近くも前に、平井さんは教室に入ってきた。
私は一番前の席に座っていたが、こんなに早く本人が現れるとは予想せず、すっかり油断した(汗)
第一印象は、「顔が小さい~!」

受講生がやってくるのを、講師がじっと待っているのもヘンな構図だ。
平井さんは、夫と同じくらいせっかちな人なのかもしれない。

どうでもいい話が長くなったが、講義はとても面白く、興味深いものだった。
まずは、プロフィール。
なぜ気象予報士に?
天気が好きで、気象予報士は子供のころからの夢。
中学時代の卒業文集に、「NHKの天気予報の報道官になりたい」と、書いてあった。
なるべくしてなった、天性の気象予報士なのだ。

広島の豪雨に伴う土砂災害、雷、竜巻、バレンタインデーの大雪等、興味深い話がたくさん聞けた。
八王子の気象に関わるクイズも10問あった(サービス精神旺盛だ)
小さいころからの夢を貫き、好きな仕事に関わり続ける充実感や情熱、楽しさが、誠実な人柄と共にビンビン伝わり、とっても素敵な講座だった。


平井さんの身長は177cm。
なんと、天気予報の電話番号です!
そしてお名前は、平井信(ひらいしん)
やはり天気予報士は天職なのだ!!

夕方の天気予報の番組出演のため、毎日お昼過ぎにNHKへ入るそう。
そして、50枚以上の天気図を調べ、自分で原稿を作成。
この日もお急ぎのようでしたが、気楽に写真撮影に応じてくれました~♪

 
a0108328_2161065.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2014-08-22 21:08 | Comments(4)

生垣   

生垣が、このところ気になっていた。
枝の枯れ具合が目立つようになったからだ。

a0108328_1634556.jpg


a0108328_16341972.jpg


もはや放ってはおけず、今日、いつもの植木屋さんに頼んで手入れしてもらった。
クラクラするような暑い中を申し訳ないと思いつつ。


枝をバッサリ落として、こんなにサッパリとした。

a0108328_16345950.jpg


枝枯れの原因は、「虫」とのこと。
虫に食われ、幹に穴が開いていた。
植木屋さんが言うには、「木も人間と同じで、歳をとると抵抗力がなくなるんですよ。若くて元気な木なら、ここまでダメージを受けることはないかもしれないね」
果たして、再生するだろうか。


去年の写真。
植木屋さんは、痩身で知的。
職人さんと言うより、僧侶、あるいはスティーブ・ジョブズ氏の雰囲気をまとっている。

a0108328_16362564.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2014-08-20 16:39 | Comments(2)

みかんゼリー   

手作りのみかんの瓶詰をいただいた。

a0108328_22364023.jpg

お中元に頂いた「温州みかんジュース」があったので、みかんゼリーを作ることにした。
(作ったのは、娘ですが)


適当な容器がなかったので、湯呑み茶碗や大きなガラス鉢に……。

a0108328_22365868.jpg


その昔、子供たちに唯一作ったお菓子が、みかんゼリー。
といっても、缶詰のみかんにゼリーの素を溶かして入れただけの簡単なものだ。
夕飯の支度さえ満足にできない日々の中で、手作りのお菓子なんて作れるわけがない、とはたぶん言い訳で、お菓子を作るという発想が私にはないのだろう。


そういえば、この間、長女が言っていた。
小学生の時、友だちが遊びにきてもウチにはお菓子がなかったから「煮干し」を出したことがあったと(笑)
お菓子を食べる習慣が私にはないので、日常的に買うものだとは思っていなかったのね。

久々に食べたみかんゼリーは、懐かしい味がした。
[PR]

by masayama-chan | 2014-08-18 22:38 | Comments(2)

Tラの夏休み   

先週、Tラと娘は夏休み。
初日は、横浜の花火大会に行ってホテルに一泊。
翌日以降は、八ヶ岳にある娘の友だちの別荘で過ごしたそうだ。


テレビも、近くにお店もない自然の中で、走りまわって遊んだ。
年上のガールフレンド?と。

a0108328_2236386.jpg



川遊び。
a0108328_22371785.jpg


a0108328_22373990.jpg



羊だ~!
a0108328_2238797.jpg



ヤギのフンを見つけて、ふたりで大笑い。
a0108328_22382881.jpg



粘土大会。大盛り上がり~。
a0108328_22384535.jpg



ママとずっと一緒。最高に楽しい夏休みだったね~♪
a0108328_223926.jpg



おまけの写真(笑)
横浜アンパンマンミュージアムでバイキンマンを食べる。
a0108328_22392035.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2014-08-12 22:40 | Comments(4)

上野の森で「神品至宝」の鑑賞   

このところの暑さで、長時間の外出は極力控えている。
炎天下を歩きたくないのもあるが、留守番の老犬が心配だからでもある。

台風が近づきつつある昨日、曇予報を見て、思い切って出かけた。
東京国立博物館で開催中の、特別展「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」
を観るために。
展示されているのは、「台北 國立故宮博物院」が収蔵する代表的な作品たち。


東京国立博物館
a0108328_224893.jpg



紫檀多寳格(したんたほうかく)
この箱の中に、30個の宝物が入っている。
おもちゃ箱のようで、楽しい。
(写真は東京国立博物館特別展のHPからお借りしました)
a0108328_22483840.jpg


藍地描金粉彩游魚文回轉瓶(らんじびょうきんふんさいゆうぎょもんかいてんへい)
頸のところを回すと、金魚が泳いでいるように見えるのだとか。
a0108328_2249336.jpg


人與熊(人と熊)
人と熊が相撲をとっているかのよう。
微笑ましい。
a0108328_2250483.jpg


魅せられたものは他にも沢山あったが、私が一番見たかったものが見当たらない。
それは、これ。翠玉白菜(すいぎょくはくさい)
a0108328_22495023.jpg

これを観たくて、出かけたのだ。
「見落としたのかも」と思って、会場内をキョロキョロウロウロ。
そして、出品リストを確認して、思わず唸った。
そこには「6月24日~7月7日 本館特別5室にて展示」とあるではないか。
ガ~ン。ショック。
「あんまりだわ」と思ったが、よく見ればチケットにも書いてあったのに確認しなかった私も私だ。
娘にまた、「お母さんはどうしてそんなに迂闊なの」と言われるだろう。
[PR]

by masayama-chan | 2014-08-09 22:59 | Comments(2)

チェリーの夏   

2週間ほど前、チェリーに異変が起きた。
夜、ちょこっと散歩に出かけたところ、途中で足がフニャフニャして歩けなくなった。
24キロある犬を、私の力では抱きあげることが出来ず、引きずるようにして帰ってきた。

「足が痛いのかな?」と最初思ったが、そうではなさそう。
呼吸が荒く苦しそうだった。横たわると、心臓が大きく波打っているのがわかる。
頼りの娘(次女)は、連日帰りが遅い(もちろん仕事です)
夜遅く帰宅した娘は、チェリーの容体を案じ、その日はチェリーのいる小屋の横に布団を敷いて寝た。
「目を覚ましたらチェリーが冷たくなっているかも」と思い、眠れなかったそうだ。

でも、幸いなことに、翌日には持ち直した。

チェリーの具合が悪くなった日は、Tラが泊まりに来ていた。
大きな声でさんざん騒いでいたので、「原因はTラによるストレス」ということに落ち着いた。
(最近、なんでもTラのせいにする。ものが見当たらなかったり、壊れていたりすると(笑))


猛暑日が続く。娘が思い出したように言った。
「あの日、チェリーは熱中症だったかも」
ここ数日ほどではないが、暑い日だったかもしれない。
毛皮をまとっている犬は、人間よりずっと暑さに弱いのだから、もっと気遣ってやるべきだったのだ。

チェリーよ、この暑さを、なんとか乗り切って欲しい。
夏が行き、秋が過ぎ、冬を迎えれば、チェリーは15歳になる。


朝の涼しい時間は、庭でお昼寝(朝寝か)

a0108328_1744611.jpg



チェリー用の聴診器。
本物の医療機器です。Tラに見つからないようにしなくちゃ。

a0108328_1755491.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2014-08-07 17:09 | Comments(4)