<   2015年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

バスツアー   

昨日は、毎年恒例の農協(JAマインズ)優待バス旅行に出かけた。
今年は<諏訪コース>

標高1780mの富士見パノラマリゾートで、八ヶ岳、富士山などを臨む絶景を楽しめるはずだった。

なのに、朝からつれない雨。
出鼻をくじかれた形だが、母が楽しみにしているツアーなので、行かないわけにもいかない。


富士見高原へゴンドラで上がる。所要時間は、およそ11分。

a0108328_20563999.jpg


入笠山ハイキングコース入口。雨は上がっていた。
a0108328_2057886.jpg

様々な花が咲いていた。
a0108328_2057323.jpg

a0108328_20575085.jpg


でも、絶景のはずの景色はこんなふう(泣)
a0108328_20581213.jpg



車窓からみた諏訪湖。

a0108328_20583175.jpg



お昼は、上諏訪温泉「ホテル紅や」の和食会席。
量は少な目で、高齢者仕様かと疑う?
とはいえ、お蕎麦なども出てきて小食の私は食べきれませんでしたが。

a0108328_20585462.jpg



帰りに立ち寄った味噌商店。
この車?は何に使うのか気になった。

a0108328_20591977.jpg


味噌商店の奥に、「貧乏神」が奉ってあった。
貧乏神をやっつけ、憑りつかれないようにする神社?
a0108328_20594316.jpg

熱心に読む母。
a0108328_21072.jpg



今回のツアーの最大のハイライトは、観光バスかも。新車だそうだ。
座席は特別仕様。白いーレザーのレクサス600プレミアムシート。
車内も白が基調で、高級感が漂う。
北陸新幹線のグランクラスのイメージだそうだ。

a0108328_210401.jpg


農協のおみやげ(左側のチーズケーキは私が買ったもの)
今回は、失礼ながらちまちました感がある。
a0108328_211672.jpg


母は、例によってお土産をいっぱい買っていた。
散々の天気だったけど、楽しめただろうか。
[PR]

by masayama-chan | 2015-08-27 21:03 | Comments(2)

発電開始!   

昨日、東京ガスと東京電力が工事にやってきて、いよいよ「エネファーム」による発電が開始した。

取り付けられたパネル。
真ん中の家の中にある数字(0.60kw)が、今家で消費している電力量。
左側はエネファームによる発電量。
右上は東電からの購入電力量だが、この時点ではゼロ。
100%エネファームにより電力が供給されている。

a0108328_20281943.jpg


今日の今現在の電力自給率は32%。
a0108328_20284319.jpg



エネファームはCO2削減効果があり、エコである。
今日のエコ貢献は、レジ袋17枚分。
なんだか、東京ガスの回し者みたいになってきた(苦笑)

a0108328_2029593.jpg



こちらは、工事中の庭。
庭師は来たり来なかったりで、進捗は思わしくない。
a0108328_20292370.jpg



花壇。
真ん中に、チェリーの骨を埋める予定。

a0108328_20294040.jpg


庭が変貌を遂げていくのは、チェリーを思い出すとつらい。
今日は、久々に泣いた。
[PR]

by masayama-chan | 2015-08-25 20:27 | Comments(2)

調布花火   

昨日は、調布花火大会だった。
多摩川河川敷に、9000発の花火が打ち上げられた。

いつもは家から鶴川海道をまっすぐに歩いて河川敷に行くが、昨日は次女と駅前で待ち合わせていたので、調布駅から人の波に乗って行く形になった(途中でビールを買う)
そうしたら、京王多摩川駅付近から会場まで大渋滞。失敗、失敗。


始まってまもなく。
a0108328_1703587.jpg

a0108328_171327.jpg

写真は、ほとんど写さなかった。
写真を撮るより、打ち上げられたその瞬間を目いっぱい楽しんだ方がいいと思ったからだ。
(本音は、どうせうまく撮れないから)

今年は、市制施行60周年記念ということで、「ナイアガラ大瀑布」が仕掛けられたが、残念ながら私たちの場所からはよく見えなかった。

天気に恵まれ、川辺の風は肌に心地よく、満足のいく花火大会だった。
秋に花火大会が行われた年もあったが、気分的に盛り上がらなかった。
花火はやっぱり夏がいい。それも、夏の終わりに。
終わった後の寂しさが似ているからかもしれない。
[PR]

by masayama-chan | 2015-08-23 17:05 | Comments(2)

「この国の空」   

昨日、テアトル新宿で、「この国の空」を観た。
戦時中の庶民の暮らしを、きめ細かく丁寧に描いた作品だ。


a0108328_21204695.jpg


終戦間近の1945年夏。
東京杉並の住宅地に、19歳の里子(二階堂ふみ)は、母親(工藤夕貴)と暮らしている。
度重なる空襲。乏しい食料。戦況は日に日に悪くなる一方だ。
閉塞感漂う状態の中で、里子は19歳の若さを持て余し葛藤していた。

隣家には、妻子を疎開させた銀行員の市毛(長谷川博己)が一人で住んでいた。
里子は市毛の身の回りの世話をするうちに、しだいに彼に魅かれていく。

とても印象深いシーンがある。
夜遅く、里子は唐突に庭で実ったトマトをもいで、市毛の家に持って行く。
「よく冷やして明日食べよう」という市毛に、「今食べてください!」と強く迫る里子。
「それでは」と、むさぶるようにトマトを食べる市毛。
赤く熟れた食べごろの瑞々しいトマトは、里子そのものなのだ。

妻子ある38歳の男なら、里子の気持ちを知っても分別ある対応をしてしかるべきなのに、市毛は「かわいい」と囁き、里子の心に火をつける。

そして終戦。明日か、半年後か、いずれ市毛の妻子は戻ってくるだろう。

里子(二階堂ふみ)の詩の朗読で映画は終わる。
茨木のり子の、「わたしが一番きれいだったとき」

「わたしが一番きれいだったとき、私の国は戦争で負けた」

明日の命も知れぬ極限の戦時下にあって、里子の突き上げるような生の息吹きが生々しかった。
二階堂ふみは、まっすぐな19歳を演じて熱演だけど、白い割烹着の似合う母親役の工藤夕貴も素敵だった。
[PR]

by masayama-chan | 2015-08-19 21:23 | Comments(7)

自宅で電気を作る!   

昨日、東京ガスの「エネファーム」を設置した。

「エネファーム」とは、一口で言えば「自宅で発電する」仕組み。
都市ガスからとりだした水素と、空気中の酸素を反応させることで発電する。
そして発電時に発生する熱でお湯を作り、給湯、床暖房に利用する。
つまり、エネファームで作ったエネルギーは電気を供給し、発電時の熱で作られた湯は給湯、暖房に有効利用されるわけだ。

ついにわが家も、「エネルギーを使う家から、作る家へ」と変身?を遂げた。
(発電は東京電力の確認作業が終わらないとできないので、正確には変身途上)

実を言えば、わが家で使う電力のすべてをエネファームで供給できるわけではない(5割程度とか)
それでも電気代はかなり減る模様だ。


以上、エネファームはいいことばかりのようだが、難点もある。
ひとつは、機器が大きく置き場所をとること。
(駐車場の奥に置いた機器)
a0108328_16102628.jpg

もう一つは、初期費用(機器費+工事代)が、それなりにかかること。
ただ、エネファームの導入にあたっては国や自治体から補助金が支給されるし、光熱費の削減を長い目でみれば、そう高いものではないのかもしれない。

そして、なにより省エネ。エネファームの導入を決めた理由は、電気代云々ではなく、「CO2削減に役立つ」からだ。

昨日、九州電力川内原発1号機が再稼働した。
この事実を前に私はあまりにも非力だ。
でも、エネファームで電気を作ることは出来る(拳)
微力だが何もしないよりはマシかな。
[PR]

by masayama-chan | 2015-08-12 16:14 | Comments(2)

暑中お見舞い申し上げます~   

明日は立秋。「暑中お見舞い」は今日限り。
でもこの暑さ、いつまで続くのだろう。東京は雨も降らない。
午前中、実家へ母の様子を伺いに出かけたが、強烈な陽射しに耳がチリチリと痛かった。
今日の東京の最高気温は37度を超えたそうだ。


この暑さの中、庭を改造中。(さすがに今週は、庭師は来なかった)
a0108328_20143538.jpg

先週は、コンクートを剥がした。
コンクリートを砕く地響きのような大騒音に、神経が磨り減る思い。
ご近所に申し訳なくて、慌てて菓子折りを買いに走って配った。
「お互い様だから、そんな気を遣わないで」と皆さん言ってくださって、ホッ!

ブロック塀に沿って花壇を作り、チェリーの小屋があった場所(写真中央)は、骨組みだけ残して藤棚ふうにする予定。
チェリーが生きていたら、今年の夏の暑さは厳しかっただろうね。


こちらは豆苗。
台湾旅行で食べて以来気に入って、度々料理に使っている。
使ったあと、残った根と豆を水に浸しておいたら、また芽が出てきた。

a0108328_20145669.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2015-08-07 20:16 | Comments(2)

台湾旅行7(中正紀念堂)   

4日目(7月19日)

最終日。帰りの飛行機は、14時20分発の羽田行JL098。
出発まで時間があるので、長女の提案で「中正紀念堂」へ行くことにした。
「中正紀念堂」は、蒋介石を記念して建てられた記念館だ。
MRT「中正紀念堂駅」を降りて徒歩1分。


「中正紀念堂」
a0108328_20296100.jpg


たまたま衛兵交代儀式が行われようとしていた。
見られてラッキー。
a0108328_20294770.jpg

銅像は、蒋介石。
a0108328_2030591.jpg

a0108328_203028100.jpg

厳粛な空気の中、一寸の狂いもないきびきびした動きを見せる兵士たち。
交代が終わり任務に就くと、微動だにしないのだった。



広い敷地内には、リスがいた。
a0108328_20305783.jpg


     池もあった。
a0108328_20312068.jpg

a0108328_20315752.jpg

a0108328_20322845.jpg

後日、Tラに、「台湾旅行で一番何が楽しかった?」と聞いたところ、「池でお魚にエサをあげたこと」ですって。
台湾でなくても出来るけどね(苦笑)



足つぼマッサージ?歩くと痛い石の道があった。
「健康歩道」というらしい。
a0108328_20325784.jpg

みな一歩進むのにも、「痛い、痛い」と苦闘。
a0108328_20331956.jpg

マイッタ!
a0108328_20343421.jpg

私(手前)はスイスイだよ~。楽々往復した。みんな、そんなに痛いか!
a0108328_20345322.jpg



********************************

これで台湾日記はおしまい~。
行く前はどんな珍道中になることやらと危惧していたが、終わってみれば実に楽しい旅行だった。

  台湾に着いた日。楽しい旅になりますように、乾杯!!
a0108328_20354947.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2015-08-02 20:41 | Comments(6)

台湾旅行6(台北動物園)   

3日目(7月18日)

猫空(マオコン)から戻って、台北動物園へ。
台北動物園は東アジア最大の面積を持つ、アジア有数の動物園だ。
ゆっくり回ると一日がかりとか。

しかし、暑い。とても園内をゆっくり歩いてなどいられない。
とにかくパンダとコアラだけでも見ようということになった。


コアラはとってもサービス精神旺盛。
かわいいポーズを、たくさんとってくれた。
a0108328_2124985.jpg

a0108328_2131892.jpg

そのうち眠くなってしまったよう。
a0108328_2134160.jpg



マイペースのパンダ。
a0108328_214195.jpg

ぶら下がっているニンジンを食べようとしているところ。
a0108328_2151895.jpg

動物園の入口で、パンダ館への入館時間が書いてある整理券が配られる。
そのため押し合いへし合いすることなく、ゆっくりとパンダが見られた。いいアイディアね。


ちょっと疲れたTラと、暑くても元気なばぁば。
a0108328_2155171.jpg

a0108328_1347560.jpg


ホテルに戻って遅めのランチ。
スープはフカヒレ。
a0108328_2162056.jpg

そのあと、女たちで街へ買い物に繰り出した。
じぃじはホテルでTラの子守り。


Tラは動物園で買ったパンダが相当気に入ったようで、帰りの飛行機の中でもずっと一緒だった。
a0108328_2164481.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2015-08-01 21:11 | Comments(2)