<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

「キャロル」   

先週の初め、府中の映画館で「キャロル」を観た。
映画を観るのは久しぶり。今年に入ってから映画館へ足を運ぶ気になれないでいたが、この映画はぜひ観たいと思っていた。
期待を裏切らない、甘美で美しい映画だった。


a0108328_174919.jpg


舞台は、1950年初めのニューヨーク。
クリスマスで賑わうデパートのオモチャ売り場で、店員のテレーズ(ルーニー・マーラ)はひとりの女性客に惹きつけられる。
美しい金髪と真っ赤な唇、ゴージャスな毛皮をまとった隙のない美貌の持ち主の名は、キャロル(ケイト・ブランシェット)。
彼女は娘のクリスマスプレゼントを買いに来たのだった。
見つめ合うキャロルとテレーズ。この出会いの瞬間に、ふたりは恋に落ちたのだ。

キャロルは裕福な主婦だが、心の通わない夫との結婚生活は破たんしていた。
娘の親権を巡って夫と争い、苦悩と悲しみの中にいる。
一方のテレーズは、写真家になる夢を抱く若き女性。
結婚を熱心に迫る男性もいるが、踏み出せない。

キャロルとテレーズは、出会った瞬間にお互い心を奪われ、相手を求めずにはいられない。
そのプロセスが、切ないほどていねいに描かれている。
女性同士だが、純粋なラブストーリーだ。

終盤、許されぬ恋は終わりを迎えると予想したが、ラストシーンは思わせぶりだった。
二人の恋はどこへ向かうのだろう。

それにしても、ルーニー・マーラの変貌ぶり。
「ドラゴン・タトゥーの女」の顔中ピアスの印象が強烈なのだけど、この映画では清楚で可憐で一途だ。
[PR]

by masayama-chan | 2016-02-29 17:07 | 映画三昧 | Comments(3)

「逃げる女」   

最近のドラマはあまり見る気がしないが、今月の13日に終了したNHK土曜ドラマ「逃げる女」(全6回)は、秀逸な作品だった。
Tラ疲れ(特に金曜夜は彼のイビキが凄くて不眠)で土曜夜は睡魔が襲うのだが、先の読めないスリリングな展開に眠気を振り切って引き込まれた。

主人公・梨江子は、冤罪で8年間服役した悲運な女。演じるのは、水野美紀。
裁判で梨江子のアリバイを否定し、梨江子を貶めた元同僚・川瀬あずみ役に田畑智子。
梨江子を厳しく追い詰め、うその自供をさせた刑事・佐久間学に遠藤憲一。

梨江子に憧れ慕っていたはずのあずみが、「江梨子さんには会っていません」と、裁判でなぜウソの証言をしたのだろう。
梨江子はそれが知りたくて、出所後あずみの居場所を探し始める。

そんな梨江子の前にふと現れたのが、仲里依紗演じる谷口美緒(仲里依紗)。
この得体の知れない奇妙な女・美緒のせいで、梨江子は警察から追われる立場になってしまう。

水野美紀は凛として美しかったが、仲里依紗の凄みのある演技には恐れをなした。
粗野で凶暴で、狂気を感じさせるほど恐い。
これまではフワフワした可愛い印象を持っていたが、見直しました!すごい女優になりそうです。

などという感想を、短い文章にして読売新聞に寄せたら、昨日(23日)の放送塔に載りました!


a0108328_1545914.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2016-02-24 15:11 | Comments(8)

ひな人形   

今日、ひな壇を飾った。段飾りをするのは、何年ぶりだろう。

a0108328_2044165.jpg

子供たちが大人になってからは段を組み立て飾るのが面倒になったし、去年はチェリーの命の灯が消えようとしているときで、お雛様どころではなかった。
今年は、なんだか母のために飾ろうという気になった。
この時期になると、「お雛さま、飾った?」と母はいつも聞くのだ。
今年は、「うん、飾ったよ」と答えてあげたい。



長女の初節句。左隣は夫の同僚の子供。
何が悲しくて、こんなに泣いているのやら(笑)

a0108328_20443061.jpg


次女の初節句。
母は、「次女に雛人形がないのはかわいそう」と思ってか、日本人形やらアンティーク人形やらを買ってくれた。
初節句のとき大泣きしていた長女も、5年も経てば、すっかりおしゃまな女の子に変身。
母も若かった。
次女には、後光が射しているみたい(笑)

a0108328_2044564.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2016-02-21 20:48 | Comments(0)

バレンタインデーの夕食   

昨日は、おかしな天気だった。
2月にしては異常に高い気温、生ぬるい空気、激しい風。
久々に美容院へ出かけたのに、店を出るやいなや強い風に煽られて、石川五右衛門のようなワイルドな頭になってしまった(泣)

バレンタインデーだったが、日曜日とあって夫の義理チョコも例年より少な目だなぁ。

夜は、実家のすぐそばのイタリアンレストランで夕食をとった。


前菜。

a0108328_1665135.jpg

a0108328_1671892.jpg


お魚のカルパッチョ。味も食感もタイに似ていた。

a0108328_168227.jpg


牛ほほ肉のワイン煮込み。

a0108328_1681610.jpg


4種類のチーズのピザ。ハチミツをつけて食べる。

a0108328_1683366.jpg


パスタ等もいただいて、満腹。
チョコレートの代わりということで、娘(次女)のおごりだった。
酒飲みの夫はチョコよりずっと嬉しいでしょうが、高くついたよね(笑)
[PR]

by masayama-chan | 2016-02-15 16:09 | Comments(0)

梅見   

今日は建国記念日。
お天気がよかったので、神代植物公園へ梅見に出かけた。

まだ早いかな~と思ったけど、開花していた。
満開とまでは行かないが、梅園には風に乗って春の香りが漂う。

a0108328_217223.jpg


「つまんない。早く行こうよ」と、梅には全く関心のない者もいる(苦笑)

a0108328_2172648.jpg


芝生広場で、シャボン玉を追いかける。

a0108328_2174382.jpg


落ちていたパンパスグラスは、貴重な武器。

a0108328_218020.jpg



なりきり「人斬り抜刀斎」
なんでも、「ママのお腹の中にいたとき、るろうに剣心を見てたんだ」とか。

a0108328_2183469.jpg


Tラの撮ったコイ。

a0108328_219116.jpg


風は冷たいけど、春を感じさせる陽射しが眩しい一日だった。
[PR]

by masayama-chan | 2016-02-11 21:10 | Comments(2)

母のこと   

先週の金曜日の夕方、珍しく弟から電話があった。
出張した帰り、たまたま実家に寄ったところ、母が動けないでいると。
階段から滑って身体を激しく打ったらしい。
慌てて実家へ駆けつけたが、6時前だというのに電気を消して布団に入っていた
。動かさない方がいいかと思い、「おやすみ」を言って、その日は取りあえず帰った。

翌日の土曜日、弟に頼んで医療機関を受診してもらった。
私も付き添いたかったが、この日はTラの通う保育園でリトミックの発表会が予定されていた。
リトミック活動で育んだ感性や表現力を、保護者に披露するものだ。
Tラの両親は仕事で行けないので、私(&じぃじ)が出席することになっていた。
両親揃って出席する子が多い中で、誰も行ってあげなかったら、Tラが可哀そうではないか。
(リトミックの見学はすごく面白かったが、その話はまたのときに)

母は弟に付き添われてかかりつけの医院を受診した結果、「骨が3本潰れている」(たぶん圧迫骨折)
でも、レントゲンを撮ったところ、もっともっと重大な問題が潜んでいた。なんと腸閉塞を起こしかけていると。
下剤を処方されたが、翌日になっても排便がないようなら、大きな病院を至急受診して欲しいと。

ということで、月曜日の今日、長女も付添って彼女の勤務する病院を受診した。
CT検査の結果、腸閉塞とまではいかないが、大腸はかなり酷い(パンパンの)状態になっている模様。
薬を処方され、今週の金曜日に再度受診することになった。
どうか、腸がよい方向へ向かいますように。
一方、圧迫骨折も心配だ。ちょっと動くだけで「痛い、痛い」というから、今日のCT検査も、どんなに大変だったことか。
目の状態も悪いし、体の痛みが取れないようだと、独り暮らしを続けるのはもう難しいかもしれない(凹)


余談だが、病院へ向かう車の中で、「今日診てもらう先生はイケメンだからね」と娘が言う。
娘とは好みが違うので彼女のいうイケメンはあまり信頼できないと思ったが、なんと本当に正統派のイケメンだった!超感動!(笑)
[PR]

by masayama-chan | 2016-02-08 21:20 | Comments(0)

節分   

節分には、つらい記憶が重なる。
義母が亡くなったのは、5年前の節分の朝だった。
寝たきりで意識のない状態が続いていたので、ある程度覚悟はしていたものの、電話を受けた時のショックはやはり大きかった。
真冬の富良野で静かに執り行われた葬儀を、鮮明に思い出す。
外は、身も心も凍るほどの寒さ。あれほど悲痛な面持ちの夫を見るのは初めてだった。

そして、去年の節分の夜、元気だったチェリーが突然体調を崩した。
懸命の治療のかいなく、その一か月後には遠くへ旅立ってしまった。
去年の節分が、元気なチェリーとそうでないチェリーとの境目だった。
境目が、なぜあれほど突然にやってきたのだろう。
今年の節分は、寂しい。庭で地面に落ちた豆を夢中で食べていたチェリーが思い出されて。
だから、豆まきはしなかった。


娘のリクエストで、今年もスイーツの恵方ロールを買った。

a0108328_2124351.jpg


チェリーは、この下に眠る。
クリスマスローズが、先日の雪にも耐えて元気に咲いている。

a0108328_21242188.jpg


明日は立春。寒さはまだまだ厳しいが、少しづつ、でも確実に、日は長くなってきている。
[PR]

by masayama-chan | 2016-02-03 21:26 | Comments(6)