<   2016年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

最愛の子   

今日、下高井戸シネマで「最愛の子」を観てきた。
中国の暗部を改めて感じさせる映画だった。

a0108328_22423593.jpg


2009年7月18日。中国・深圳。
3歳の息子ポンポンが突然いなくなった。
父親のティエンと母親のジュアン(2人は離婚している)は、必死でポンポンを探す。
街頭に立ち、インターネットで情報提供を呼びかけ、報奨金目当ての詐欺にひっかかりながらも、あきらめずに探し続ける。

3年後の2012年夏。
ポンポンらしき男の子が、中国北部の農村にいるという情報が入った。
さびれた村を訪れたティエンとジュアンは、庭にいる男の子を目にする。大きくなってはいたが、間違いなく自分たちの子ポンポンだった。

が、これで「めでたし、めでたし」とはいかない。
ポンポンは実の親を忘れ、育ての親のホンチンにすっかり懐いていた。
一年前に死んだホンチンの夫がポンポンを誘拐し、子供が産めない彼女の元へ連れてきたのだ。誘拐の事実をホンチンは知らなかった。戸惑い混乱するホンチン。
そして、ホンチンを「かあちゃん」と慕い、ホンチンとの別れを悲しむポンポン。

実際に起きた事件を基にした作品である。
なんと中国では、年間20万人もの子どもが行方不明になっているという。そして、誘拐された子どもは5000ドルから13,000ドルで取引される。この驚きの事実。
背景にあるのは、中国が抱えるさまざまな問題だ。一人っ子政策や著しい経済成長の元で広がる経済格差。

ポンポンを想うホンチンの愛は本物だが、なにしろ夫が誘拐してきた子供だ。
ポンポンが実の親の元へ戻ったのは当然でしょう。
そして、どんなにホンチンとの別れを悲しんでも、6歳のポンポンは新しい暮らしにやがて馴れることだろう。

予想外の展開というか、どんな想像をも覆す驚愕の結末に、開いた口がふさがりませんでした!
どんでん返しのミステリーか。いや、私にはホラーです。
[PR]

by masayama-chan | 2016-05-31 22:42 | 映画三昧 | Comments(0)

はな子   

今日、井の頭自然文化園へ行ってきた。
ここで長いこと暮らしていたアジアゾウのはな子が、3日前の5月26日、69歳で死んだ。

a0108328_2122373.jpg


はな子の冥福を祈り、献花した。
たくさんの花束が、五月の強い日差しに輝いていた。

a0108328_21215598.jpg


タイ大使館からも、花が届けられていた。

a0108328_21233694.jpg


はな子には、人間を死なせてしまったという悲しい過去があった。さまざまな苦難があった。
長生きをしたけれど、はな子は幸せだったろうか。
親子連れでにぎわう園内で、その波乱万丈の生涯に思いを馳せずにはいられなかった。
どうか、安らかに。
[PR]

by masayama-chan | 2016-05-29 21:24 | Comments(2)

「64ロクヨン」前編   

昭和64年は、その時代を生きた者にとっては、短くても忘れられない年だ。
昭和最後の年は、たった7日間しかなかった。
日本中が昭和天皇の死を悼み、喪に服した。

その昭和64年の、わずか7日の間に起きた少女誘拐殺人事件を扱った映画・「64ロクヨン」を、月曜日(23日)に観てきた。

a0108328_15122775.jpg


平成14年。事件は未解決のまま時が過ぎ、時効が一年後に迫っていた。
かつてロクヨンの捜査にあたった主人公・三上義信(佐藤浩市)は、現在は警務部の広報官として働く。

少女誘拐殺人事件をベースに置きながら、警察という組織の複雑な人間模様を描いた骨太のドラマである。
三上がかつて所属した刑事部と、現在所属する警務部、両部の確執。
広報室と記者クラブの対立。
本庁から送り込まれたキャリア組と、地元出身のノンキャリア組との壁。
まさに職場は戦場のよう。そのうえ娘の家出という家庭問題も抱え満身創痍?の三上。
さまざまな難題に直面し、苦境に立たされながらも、葛藤し疲弊しながらも、三上は逃げない、あきらめない。
その精神性のなんてかっこいいことか。

同じ原作者(横山秀夫)による「クライマーズ・ハイ」を観たときのような高揚感を味わった。
警察と新聞社、刑事と記者といった背景の違いはあるにしても、組織内の軋轢にもまれながら働く男たちの仕事への情熱に、惹かれた。

私の好きな仲村トオルさんは、人事権を持つ警務課調査官・二渡を演じていて、三上の側から見ればちょっとイヤな奴だ(苦笑)
刑事部長のポストに本庁のキャリアが座るというウワサに、ノンキャリア組の心は穏やかでない。
調査官という立場に立つ二渡の言葉は正論だ(と思う)
「上司が誰になろうと、ひと月もすれば馴れる。組織とはそういうものだ」

「ロクヨン」を模した事件が発生したところで、前編は終わる。
後編もぜひ観なくちゃ。
[PR]

by masayama-chan | 2016-05-25 15:16 | 映画三昧 | Comments(4)

山河ノスタルジア   

水曜日(18日)、Bunkamuraザ・ミュージアムで「俺たちの国芳 わたしの国貞」を観たついでに、ル・シネマで「山河ノスタルジア」を観た。
せっかくBunkamuraまで来たのだからと思ったのだが、「国芳、国貞」展に比べて館内は人影まばらで、ちょっと寂しい。

a0108328_2135837.jpg


映画は、1999年、2014年、2025年の3つの時代で構成されている。

1999年、山西省・汾陽<フェンヤン>。
小学校教師のタオは、幼なじみの2人の男性から思いを寄せられている。
炭鉱で働くリャンズーと実業家のジンシェンだ。
タオはジンシェンのプロポーズを受け入れ、2人の間には息子・ダオラーが誕生する。

2014年。タオはジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らしていた。
タオの父親が亡くなり、葬儀に出るために戻ったダオラーと再会。
父親と上海で暮らすダオラーは、見るからに洗練された都会っ子だ。
タオは、2人がオーストラリアに移住することを知る。

2025年、オーストラリア。
19歳のダオラーは、長い海外暮らしで中国語が話せなくなっていた。
豊かな生活の中にあって、逆にやりたいことが見いだせない。
そんな中、親子ほどに歳の違う中国語教師ミアと出会う。


タオとジンシェンが離婚に至る経緯は一切描かれていないが、そもそもタオはなぜジンシェンを選んだのだろう。
金儲けはうまいかもしれないが、自分勝手で品性に欠ける男だ。
かといって、リャンズーも経済力のないはっきりしない男。
私なら、たぶんどちらも選ばない(笑)

19歳になったダオラーが年上のミアに惹かれるのは、そこに母親の面影を見るからだろうか。
でもミアは、母親のタオよりもっと老けて疲れて見える。
ダオラーがミアに寄せる思いは、恋ではないのかもしれない。

まぁ、いろいろ突っ込みながら観ていたが、唐突な終わり方を含めて、なかなかいい映画だった。
経済成長著しい中国で、時代の波に乗る者、取り残される者。
長年炭鉱で働き貧困の中で病魔に倒れたリャンズーはもちろん、うまく時代の流れに乗り成功を収めたはずのジンシェンも、その恩恵に預かった息子のダオラーも、だれも幸せには見えない。
そして、時代がどんなに変貌を遂げようと、母が子を思い子が母親を慕う気持ちは普遍だ。
[PR]

by masayama-chan | 2016-05-21 21:13 | 映画三昧 | Comments(0)

「俺たちの国芳 わたしの国貞」   

五月晴れのすがすがしい天気が続く。
昨日は、Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「俺たちの国芳 わたしの国貞」を観てきた。

a0108328_1847251.jpg


歌川国芳と歌川国貞は、江戸時代末期に活躍した浮世絵師。
平日にしては予想以上の混みようだった。
恥ずかしながら私は二人を知らなかったのだが、作品を観ればこの人気ぶりもうなずける。


入口近くにあった国芳の作品。
「国芳もやう正札附現金男 野晒悟助(のざらしごすけ)」
おぉよく見れば、男の着物に描かれた「どくろ」には、猫がいっぱい重なり合っているではないか(驚)
題名も、どこか人を食っている。
a0108328_18473657.jpg


国芳「相馬の古内裏に将門の姫君滝夜叉妖術を以て味方を集むる大宅太郎光国妖怪を試さんと爰に来り竟に是を亡ぼす」(長い題名!)
インパクトのあるドラマ仕立ての作品。
a0108328_18475729.jpg


国芳はどうやら猫とどくろが好きだったもよう。
歌川国芳 「初雪の戯遊」
a0108328_18482477.jpg



豪快な武者絵や趣向を凝らした仰天戯画を描いた国芳に対して、国貞は人気役者絵や繊細な美人画を得意とした。

歌川国貞「当世三十弐相 よくうれ相」
a0108328_18495213.jpg


歌川国貞「見立邯鄲」
a0108328_18501629.jpg


歌川国貞 「大当狂言ノ内 八百屋お七」
五代目岩井半四郎
a0108328_20564399.jpg


ボストン美術館には、なんと14,000枚を超える国芳、国貞の浮世絵があるらしいが、今回展示された作品はその中から厳選された名品だという。
アメリカでも広重ほどには有名ではないのか、一般公開される機会がほとんどなかったため保存状態がよく、色がほんとに鮮やかで美しい。
こんなにキレイな浮世絵には、もう出会う機会はないかもしれない。


国貞の絵も繊細で素晴らしいが、国芳の作品が強烈な印象を残す。
特に、猫が組み合わさったどくろが(笑)
人を楽しませようというサービス精神が旺盛な人だったかもしれない。

そして、ふたりだけでなく、彫師も摺師も素晴らしい。
[PR]

by masayama-chan | 2016-05-19 19:02 | Comments(0)

春のバラフェスタ   

今日は、神代植物公園で開催中の「春のバラフェスタ」へ出かけた。
園内は、いつになく混んでいた。

バラ園には、さまざまな色のバラが咲き誇り、まさに今がドンピシャの見ごろ。
連休中にTラを連れてきたときはまだ蕾だったのに、あっというまに咲いた。
そして綺麗なときは短いのだろう。

a0108328_20142636.jpg


5月の陽光がまぶしい園内に、甘い香りが漂う。
「一番キレイな私を見て」と、バラたちが囁きかけてくるようだ。

a0108328_20213078.jpg

a0108328_20154125.jpg

a0108328_20155711.jpg

a0108328_2016189.jpg



改装のため長いこと閉まっていた温室も、再開された。

a0108328_20164258.jpg


虫を食べる花。人の胃袋みたい。

a0108328_2017730.jpg


蘭もたくさん楽しめた。

a0108328_20173449.jpg



行く途中の野川沿いに、バラに囲まれた素敵なおうちがあった。
通りがかる人々の目を楽しませてくれる。

a0108328_2019343.jpg


すがすがしい5月の、いい1日だった。
[PR]

by masayama-chan | 2016-05-15 20:22 | Comments(4)

母の日プレゼントと寿司ランチ   

「母の日」に、Tラから素敵なプレゼントをもらった。

私の似顔絵。ずいぶん上手になったね。

a0108328_13574576.jpg

似顔絵どおりに刺繍を施したお守り(?)は、ママの作品かな。
母の日のプレゼントといっても、私はTラのお母さんではないのだけどね(笑)


次女からは、髪飾り。わたしがリクエストした。

a0108328_13581673.jpg

髪飾りをもらうのは、これで3回目。
ここだけの話、もらっても、もらっても、失くして(落として)しまう。
次女には内緒だけど、たぶん気づいていることでしょう。
ゴメン。


昨日は、とあるサークルで知り合ったSさんやTさんたちとお寿司屋さんでランチした。
私は、ちらし寿司を頼んだ。かなりの量(驚!)

a0108328_1358497.jpg

サイドメニューは、茶碗蒸しか、ワインか、いずれかを選べるということで、迷うことなくワイン。

久々に会うと、初めて聞くちょっと深刻な話もあった。
「この歳になると、いろいろあるよね。いろいろあるけどさ、それが生きるってことよ」
いろいろあっても、逞しいなぁ~
[PR]

by masayama-chan | 2016-05-13 14:01 | Comments(0)

「黒田清輝展」   

昨日は、上野の東京国立博物館平成館で開催中の「黒田清輝展」へ出かけた。

a0108328_21455074.jpg


連休明けの平日とあって空いているかなと思ったのだが、予想外の混みよう。
上野公園全体が休日のような賑わいで、国立西洋博物館で開催中の「カラヴァッジョ展」に及んでは、チケット売り場の前に長打の列が……。
はて?連休が終わったあとの上野の森のこの混雑ぶりはどういうわけやら?


3月に江戸東京博物館で観た「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」では、ダ・ヴィンチ本人の作品は少なくて拍子抜けしたけど、今回は黒田清輝の作品がたくさんあった。
影響を受けたフランソワ・ミレーの作品も何点か展示されていて、得した気分。


ミレー風の風景画もよかったけど、女性を描いた作品に魅せられた。
教科書で目にした有名な「湖畔」

a0108328_21461796.jpg


でも私は「湖畔」より、フランス修業時代に描かれた「読書」や「婦人像」に惹かれた。
素朴で柔らかく、ふわっと心に溶け込む。

a0108328_214638100.jpg


生前は評価されることなく不遇のまま命を終えた画家が、世界には少なからずいる。例えばゴッホ。
その点、黒田清輝の画家としての生涯は恵まれたものではなかったのだろうか。
日本美術の近代化のために力を尽くし、画家としての地位を確立した。
生まれがよかったから、人脈も発言力もあったのかもしれない。
東京美術学校教授や第1回文展審査委員など数々の要職を重ね、54歳の時には貴族院議員に当選している。
でも、58歳という若さで生涯を終えるのは、誤算だったのではないか。
私は勝手ながら残念でならない。これだけの天性の画家が、政治などに時間を取られ画を描く時間が減ってしまったことが。
近代絵画史上、彼が日本にもたらしたものを考えれば、それは大きなお世話でしょうか。
[PR]

by masayama-chan | 2016-05-11 21:51 | Comments(4)

高円寺   

NHKEテレ「0655」
朝6時55分から5分間のミニ番組だが、何が楽しくてか、ほぼ毎日かかさず見ている。
ここ最近番組内でよく流れる曲が、ご当地発見ソング「さらば、高円寺」
歌うは、ムードコーラスグループのロス・プリモス。

高円寺南口の 喫茶店。
美代子は、オレの頬をパチンと叩いて店を出て行った。
「もうこの街にはこないだろう」
美代子に振られて傷心の俺は、最後の思い出にと高円寺の街をふらつく。
すると、ふっと見上げたその先に、「高円寺」と書かれた寺があるではないか。
「本当にあるのね~。高円寺」と、感動を覚える俺。
ロス・プリモスが昭和ムードたっぷりに歌う。高円寺再発見ソングだ。


その高円寺に、先月(4月30日)初めて行った。
南口の喫茶店も、高円寺というお寺も確かにあった。

夜だったので、暗い。
歌詞によると、徳川家ゆかりの由緒ある 曹洞宗のお寺だそうだ。

a0108328_20454817.jpg


でも、高円寺を訪れたのは、実はお寺を観るためではない。
目指すは、北口の狭い通りにある、ペルシャ料理の店。

a0108328_20465248.jpg


ケバブ(だいぶ食べてしまいましたが)
手前がラム、後ろがチキン。

a0108328_20472795.jpg


ペルシャシチュー。
香辛料が効いていたけど、うまく説明できない味。

a0108328_20475845.jpg


おじさん?が描かれたワイングラス。

a0108328_20481831.jpg


この日の最大の目的は、食事のあとベリーダンスショーを観ること。
最後は、客(国際色豊か)も一緒になって踊り、盛り上がった。
とても楽しい夜だった。
私も、肋骨骨折をしてなかったら踊ったのだけど。残念。

a0108328_20484792.jpg

ちなみに、ダンサーは娘ではありません。
[PR]

by masayama-chan | 2016-05-08 20:54 | Comments(2)

端午の節句   

5月4日のみどりの日、娘の家に両家が集まって、端午の節句のお祝いをした。

こいのぼりが、強風にはためく。
すごく風の強い日だった。

a0108328_14234472.jpg


玄関に飾られた兜。

a0108328_1424310.jpg


娘の家は、訪れる度にインテリアが変わっていて、キョロキョロする。
東南アジア風?の変わった照明は、初めて目にした。
a0108328_14242778.jpg


キッチンのボードには、本日のメニューが書かれていた。
よく見ると、「出来るかな焼きたてパン」とか、「固まったらいいなティラミス」など、怪しげな?メニューもあった(笑)

a0108328_14245091.jpg


料理は、娘とお義母さんの競作。
料理上手なお義母さんの影響で、娘の腕もあがった。
独身時代は、「自分で作るくらいなら食べない方がマシ」と言って、何もしなかったのだけど。

a0108328_14252289.jpg

a0108328_14253973.jpg

a0108328_14261029.jpg

a0108328_14262688.jpg


「固まったらいいなティラミス」は、ちゃんと固まっていた。
a0108328_14265392.jpg

ちなみに、「出来るかな焼きたてパン」は、パンというよりスコーンだった。
スコーンと思えば、すごく美味しい。


Tラはじぃじと、レゴで飛行機(?戦闘機?)やら船やらを作るのに夢中。

a0108328_14275224.jpg


食事のあとは、戦闘モード。
悪者「にぃに」(お婿さんのお兄さま)を、やっつけるぞ!

a0108328_14281973.jpg


あんちゃんは変身ベルトを装着して、敵の「にぃに」に立ち向かう。

a0108328_14284348.jpg

にぃにも私も相当酔ってました(笑)


とても楽しいひとときだった。
端午の節句のお祝い会は毎年の恒例行事だけど、いつまで続くことだろう。
[PR]

by masayama-chan | 2016-05-06 14:32 | Comments(4)