<   2016年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

「クリーピー 偽りの隣人」   

昨日、府中の映画館で「クリーピー 偽りの隣人」を観た。
想像以上に、気持ちの悪い映画だった。

a0108328_1514948.jpg


犯罪心理学者の高倉(西島秀俊)は、元捜査一課の刑事。
ある出来事をきっかけに刑事を辞め、大学で教鞭をとっている。
刑事時代の後輩・野上(東出昌大)から、6年前の一家失踪事件の分析を頼まれ、好奇心から深入りしていく。
一家失踪事件では、長女・早紀(川口春奈)がひとりだけ残された。
彼女から当時の記憶を引き出そうとするも、なかなか核心にはたどり着けない。
一方、高倉と妻(竹内結子)が引っ越した新居の隣人は、どこか変だった。

香川照之が演じる隣人・西野が実に不気味だ。
捉えどころのない言動に、恐怖がじわじわと押し寄せる。
ある日、西野の娘・澪の言葉に、高倉は愕然とする。
「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」

不気味な隣人と、6年前に起った一家失踪事件との間に接点はあるのか。
ネタばれになるのであまり書けないが、隣人・西野の家は恐怖の館だ。
鉄製の扉の向こうで広げられる、クレイジーで猟奇的な光景には身の毛もよだつ。
その恐ろしい世界に、高倉の愛する妻・康子もいつしか堕ちていた。
まさに驚愕のサイコスリラー。

香川照之が、狂気に満ちたサイコパスを怪演している。
あまりの不気味さに途中で席を立とうと思ったほど、すごい。
その一方、東出昌大の棒セリフは、どうなの?
警察の無能ぶりにもイライラさせられる。

精神衛生上、よろしくない作品だ。
でも恐怖のサスペンス映画としては、面白い出来なのでしょう。
[PR]

by masayama-chan | 2016-06-29 15:21 | 映画三昧 | Comments(0)

納骨   

昨日、浜松の菩提寺から持ってきた父の遺骨を納骨堂に納めた。
菩提寺の住職が、「お父さまの骨壺は大きいから納骨壇に入るかしらん」と心配してくださったが、ちゃんと納まった。

a0108328_16326100.jpg



納骨法要には、叔父(父の末弟)一家も来てくれた。
終わった後は、会食。
法事のお料理にしては、まぁまぁ美味しかった。

a0108328_16322531.jpg


念願だったお墓の引っ越しを終えて、母は心底ほっとした様子だ。
安心しすぎて気が抜けちゃわないか、ちょっと心配ではある。
[PR]

by masayama-chan | 2016-06-27 16:34 | Comments(2)

じゃがいも堀り   

今日は、農協(JAマインズ)主催の恒例の「じゃがいも掘り」だった。

予報では午前中は雨とのことだったので、たぶん中止だろうと思って油断していた。
ところが、朝起きると、雨はすっかり上がっているではないか。
面倒ではあるが、母が楽しみにしているので付き合わないわけにはいかない。


雨上がりのじゃがいも畑。
土の中からジャガイモがゴロゴロ出てくるのは気持ちがいい。
服も靴も泥だらけになったけど。

a0108328_16293215.jpg



今年は、立派なじゃがいもが収穫できた。
a0108328_16295484.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2016-06-25 16:29 | Comments(0)

「64ロクヨン」後編   

前編に続いて、「64ロクヨン」の後編を観てきた。

a0108328_2143175.jpg


たった7日間しかなかった昭和64年。
「64ロクヨン」は、そのわずかな期間に起きた少女誘拐殺人事件を扱った、横山秀夫原作の映画だ。
解決をみないまま時は流れ、時効が一年後に迫った平成14年。「ロクヨン」を模した事件が発生する。
前編はそこで終わった。
さて、後半はどんな展開になるだろうと、ワクワクしながら映画館へ足を運んだ。

警察組織の複雑な人間模様を怒涛のように描いた前編より、後半はストーリー性が強い。
物語としては充分楽しめるが、前編に比べ作為的なものを感じてしまった。
とはいえ、佐藤浩市を始めとする俳優たちの演技は見応えがあり、映画としては言うことなし。
特に(前回も書いたが)被害少女の父親役である永瀬正敏の演技は、痛々しいほど切実で胸に迫った。
永瀬正敏って、こんなに上手い俳優だっけ?

ロクヨンを模倣した誘拐事件で、被害者の父親を演じる緒方直人も、意外といえば意外なキャスティングで魅せた。
元ロクヨン捜査官・幸田役の吉岡秀隆と雰囲気が似ていて、混乱?したけれど(笑)
おなじく元ロクヨン捜査官で事件後引きこもってしまう日吉役の窪田正孝も、俳優として同じ系列の雰囲気をまとっている。

事件は解決したが、後味はほろ苦い。
佐藤浩市演じる三上の今後が気になるが、たとえ彼が職場を去ったとしても代わりになる者は必ず現れる。
組織とはそういうものだと示唆した幕切れだった。
[PR]

by masayama-chan | 2016-06-23 21:47 | 映画三昧 | Comments(0)

久々のジム   

今日は、久々にジムに行った。
肋骨を骨折して以来だから、2か月振りになる。
通えないのは残念だったけど、体を動かすのは元々好きじゃないから楽でもあった。
このままでは楽な方に流れていきそうな気がして、思い切って出かけた。
行ってしまえば、それなりに楽しめる。
ジムに通う理由はただ一つ。S整形外科の先生に診察の度、「運動していますか」と聞かれるからだ。
私は体形的に骨粗しょう症のリスクが高く、その予防のためにも運動することがが大切らしい。


昨日の神代植物公園。
ピークを過ぎたバラ園は閑散としていた。

a0108328_20464395.jpg


温室のハス。
ハスの花は大きく立派だったけど、うまく撮れていませんね。

a0108328_2047146.jpg



芝生広場には、クローバが群生していた。

a0108328_20473157.jpg


Tラのママは、6月~8月の3か月にわたり研修のため毎日都心に通う。
そのため、夜勤はない。よって、我が家にTラが泊まることも当分ない。
ただ、研修は超ハードらしく、この土曜日曜も出かけていた。
朝早く帰りは遅いので、保育園の送迎はパパがしている。
ママもパパもTラも、みんな頑張れ!!


ママのために花を摘む。
a0108328_2049097.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2016-06-20 20:51 | Comments(2)

墓じまい   

昨日は、大雨の中、浜松にある実家の菩提寺に行った。
改葬、いわゆる「墓じまい」のためである。

お墓(墓石)は、50年ほど前に父が建てたものだ。
当時、私たちは浜松市の駅からほど近いところに住んでいた。
お墓の下には、父、父の両親(私の祖父母)、若くして逝った父の妹が眠っている。

私たち家族(父、母、私、弟)が東京に引っ越してから45年も経つが、お墓はずっとそのままだった。
法事やお施餓鬼、お墓まいりなど、ことあるごとに浜松に出向いた。
父や母が元気なころは、それでもよかった。
去年米寿を迎えたころから母は、「お墓をなんとかしたい」としばしば口にするようになった。
浜松まで行くのが、体力的にきつくなってきたからだ。
いやそれ以上に、自分が亡くなったあと子供や孫たちにお墓のことで負担をかけたくないと気持ちが強かったのではないかと思う。
弟には子供がいないので、いずれお墓を守る人がいなくなる。自分の代でお墓の問題に決着をつけなければと、思い悩んでいたようだ。

折も折、母の家のすぐ近くに納骨堂ができた。目と鼻の先だ。我が家からも近い。
母は、迷った末決心した。
「ここに先祖の遺骨を移したい。私もここに入るから。そのほうがお前たちも楽でしょ」という母の言葉に異論があるはずはない。

ということで、昨日の運びとなった。
雨が降る中、骨を取り出した後のお墓の前で、住職に閉眼供養(魂抜き)をしていただいた。
改葬に快く応じてくれたこと、長い間先祖を供養してくれたこと、住職には感謝の気持ちでいっぱいだ。
ここに至るまでには、いろいろあったけど、無事終わってほっとしている。
母も、「これで道筋をつけることができた」と、心底安心した様子だ。

お墓(墓石)は撤去され、更地になる。
「俺が頑張って建てた墓なのに」と、父は草葉の陰で怒っているだろうか。


去年のお施餓鬼で。

a0108328_21113845.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2016-06-14 21:17 | Comments(2)

カラヴァッチョ展   

昨日は、上野の国立西洋美術館へ「カラヴァッチョ展」を観に行った。
閉幕(6月12日)間近で混雑が予想されたため、朝8時過ぎに家を出た。
早い時間だったためか、混み具合もそこそこで、じっくり鑑賞できた。

a0108328_15114571.jpg


50点ほどの展示作品中、カラヴァッチョの絵は11点。
「なんだ。少ないじゃない」と思ったものの、現存する彼の絵は60点ほどであり、その中には移動不可能な作品が多数あるということで、11点は決して少なくない数なのだろう。
そして、その11点はどれも完成度が高く素晴らしかった。


有名なバッカス。

a0108328_15121443.jpg


衝撃を受けた作品「法悦のマグダラのマリア」
世界で初めて公開された。

a0108328_1513936.jpg


マグダラのマリアは、イエスの死と復活を見届ける証人。
娼婦だった女が悔悛して神に救われる構図だと言う説も、どこかで聞いたかな?

大きくはだけた肩。半開きの口。薄目を開けた表情は般若のよう。
おなかのあたりの丸いものは何なのだろう。不気味だ。
死に逝くようにも、恍惚に体が弛緩しきったようにも見える。

カラヴァッチョは、血の気の多い暴力的な男だった。
ちょくちょく暴力事件を起こし裁判沙汰になった。
「法悦のマグダラのマリア」は、彼が殺人を犯してローマから逃亡し隠れていた時期に描かれたものだという。
タブーを犯した男が描いた禁断の絵を前に、体が震えた。
実に見応えのある美術展だった。


国立西洋美術館は世界遺産に登録されるという。
何度も訪れているが、それほど素晴らしい建物とは知らずにいた。

a0108328_15182560.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2016-06-08 15:22 | Comments(0)

気流「ゾウのはな子 安らかに」   

今日(6月2日)の読売新聞気流蘭に投稿が載った。
「ゾウのはな子 安らかに」

a0108328_15414342.jpg


はな子の飼育方法については、国の内外から批判も多かった。
不幸な事件もあった。
私たちをたくさん楽しませてくれたはな子だが、その生涯は幸せだったのだろうか。
「安らかに」と、今はただ冥福を祈るのみです。



去年の文化の日。
このときは、元気な姿が見られた。

a0108328_15421137.jpg

[PR]

by masayama-chan | 2016-06-02 15:43 | Comments(6)