<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

インフルエンザA型   

不覚にも、インフルエンザにかかってしまった。

何年ぶりだろうか。


先週の木曜日の夜から、発熱(38.4度)、頭痛、クシャミ、倦怠感といった風邪の症状に見舞われた。

翌土曜日、病院を受診したところ、「インフルエンザA型」と判明。

「イナビル」という吸入剤を処方された。


この「イナビル」の吸入法が意外と難しい。

容器(薬剤トレー)をトントンして、(指示された箇所を)スライドさせて吸入。

説明書をよく読まないでやったので、ちゃんと吸入できたかは怪しい。

でも、今日は熱がだいぶ下がった(37.2度)。
あと
23日家でゆっくり過ごせば、回復するでしょう。


先週、先々週とお茶の水に用事があって何回か足を運んだ。

電車や駅の雑踏、帰りに寄ったデパートの人混み、そのあたりが罹患の原因かもしれない。

今週はとても大事な予定があったのに、キャンセルせざるを得ないだろう。
残念では済まされないこと(嘆)



初めて行ったバスタでランチした。

5種の野菜料理とパン。

エスニックな香りがして、健康食といった感じかな。


a0108328_17053764.jpg





[PR]

by masayama-chan | 2017-01-29 17:06 | Comments(4)

真冬の神代植物公園   

冬晴れの今日、久々に神代植物公園へ散歩がてら出かけた。

梅園はまだ見ごろとはいかないが、中には花をつけている枝もあった。
                                           

a0108328_20135750.jpg
                                                                  

泣きたいほど青く澄んだ空に、白い梅の花が映える。

a0108328_20141123.jpg
                                                    

         ロウバイ。

         甘い香りがした。

a0108328_20134400.jpg
                                                                   

     温室の蘭。

a0108328_20142661.jpg
                                             

     これも、蘭である。

a0108328_20144030.jpg
                                                                  

     巨大なサボテン。

a0108328_20131384.jpg
                                                                      

バラ園は人影もなく静まり返っていたが、ドライ化したバラもそれなりに美しい。

a0108328_20132924.jpg
                                               

2時間ほどかけて、ゆっくりと散策した。
身体にも心にも、気持ちいのいい時間だった。


[PR]

by masayama-chan | 2017-01-22 20:20 | Comments(0)

市田邸   

昨日、上野桜木の「市田邸」を訪れた。

上野駅から歩いて10分ほど。

東京藝術大学の近くに建つ、明治40年に建てられたという古民家だ。

a0108328_16055775.jpg

この家の客間で、朗読を聴いた。

「谷中・・・和(なごみ)の語り」といい、「第7回したまち演劇祭in台東」の提携公演である。

プログラムは、3つからなる。

「江戸のある町」(森まゆみ)

「北の駅」(別役実)

「鼓くらべ」(山本周五郎)

出演は、我らが朗読の師、舞台を拝見したこともある女優さん、尺八演奏者の3人。

どれも、谷中、下町、江戸といった和の香りがする作品で、惹きこまれた。

名調子は、さすがにプロの俳優である。

尺八が、和の情緒をさらに深めた。

朗読が行われた部屋は床の間のある8畳間で、つづきの6畳間に椅子が所狭しと並べられた。40人も入れば、いっぱいだ。

障子越しに冬の陽射しが差し込む昼下がり、上野桜木で豊かな時間を過ごしたのだった。

a0108328_16061497.jpg


[PR]

by masayama-chan | 2017-01-13 16:08 | Comments(2)

妖怪ウォッチ    

成人の日の昨日(9日)、Tラの御伴で「妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン」を見に行った(笑)
                                        


a0108328_20233717.jpg

アニメだと思っていたが、突然実写の場面に入れ替わる。

アニメと実写の世界を行ったり来たりの、忙しい映画である。

じんめん犬の遠藤憲一には笑えたが、まさか斎藤工が出ているとは思わなかった。

実は、「ポケモン」、「ピカチュー」、「妖怪ウォッチ」のキャラクターの区別が、私にはつかない。

「アンパンマン」、「ドラえもん」までが鑑賞に堪えうる限界である。

Tラは、バケツのようなポップコーンのLサイズ(塩&キャラメル)を抱えて熱心に観ていた。そしてほぼ1人で食べ切った(驚)



そういえば、先週行われた保育園の相撲大会で優勝したと聞いた。

力は強いが、気は弱い。

相手にというより、弱気な自分の心に打ち勝ったのだろう。


[PR]

by masayama-chan | 2017-01-10 20:24 | 映画三昧 | Comments(0)

「海賊とよばれた男」   

今日、府中の映画館で、「海賊とよばれた男」を観てきた。

原作は、本屋大賞を受賞した百田尚樹の同名小説。

出光興産創業者の出光佐三氏がモデルで、主人公・国岡鐵造をV6の岡田准一が演じている。


a0108328_19595565.jpg

                                                        

熱い、とにかく熱い男の一代記だ。

明治末、若き日の国岡鐵造は石油の将来性に目をつけ、石油販売会社(国岡商店)を興す。だが、新参者ゆえ誰にも相手にされない。

鐵造の前には、国内の販売業者や欧米の石油メジャーなど、様々な壁が立ちはだかる。

ただ、どんな逆境にあっても、たとえ絶体絶命の状況でも、鐵造は決してあきらめない。常識を覆す発想と大胆な行動力で、道を切り開いていく。
その生き方は、惚れ惚れするほど爽快だ。

                                                                                                                          

彼は、なぜ「海賊」と呼ばれたか。

理由は、海の上で漁船に油を売ったからだ。

陸の上では他の会社が睨みをきかせ自由に販売できないため、海上で漁船を待ち構えて安い値段で油を売った。

なんと大胆奇抜な発想だろう。
                                       

戦後の60代をメインに、若いときから96歳までの鐵造を、岡田クンがひとりで演じている。

なんて見事な老け役。違和感がない。

吉岡秀隆、染谷将太、綾瀬はるか、堤真一ら共演陣も豪華だ。

なかでも「さすが」と思ったのは、番頭?甲賀役の小林薫。
例えば、東雲役の吉岡秀隆は吉岡秀隆にしか見えないが、甲賀役の小林薫は小林薫には見えない。真の役者だ。

                                                           

終盤の黒木華が出てくるシーンは、いかにもお涙ちょうだいを狙ったかのようで白けた。

が、それを除けば、骨太でスケールの大きい、観て損はない男の映画です!

                                                                 

(蛇足)

皮肉にも、出光興産と昭和シェル石油の合併延期が昨今の話題になった。

2017年4月に予定されていた合併を、出光創業家が反対しているらしい。

この映画を観れば、サウジアラビア国営石油の資本が入る昭和シェルとの合併に創業家が反対するのも、なんとなくわかる気がする。


さらに蛇足ですが、昨年亡くなった作家の夏樹静子さんの本名は、出光静子。
ご主人の出光芳秀氏は、出光興産創業者の甥。
結婚当初夫は妻が小説を書くことにいい顔をしなかったそうですが、夏樹さんの書きたいという情熱が勝ったのでしょうね。


[PR]

by masayama-chan | 2017-01-06 20:00 | 映画三昧 | Comments(0)

正月三が日   

あけましておめでとうございます。

今年も、どうぞよろしく~。

                                                           

正月三が日は、初詣と実家へ行った以外は、駅伝などを見ながら家でダラダラと過ごした。

ダラダラといっても、毎回の食事作りや来客のもてなしなど、主婦はそこそこ忙しい。

                                                              

大晦日から今日(3日)まで、次女は愛猫を連れて里帰りしていた。

ネコは当初、納戸の奥に隠れて出てこようとしなかったのだが、次第に慣れて家の中をソロリソロリと忍者のように?歩き回るようになった。

我が家に慣れてくれたのは嬉しいが、ネコの生態にはビックリだ。

どんな高いところにも、神業のようにふわっと上る。

                                                              

まさか、神棚にも!ひぇ~!!

a0108328_20270092.jpg

                                                                
                                                           

出窓に上って、すまし顔。

べっぴんさんでしょ?

a0108328_20264855.jpg

                                                                  

4世代集合。

食事のあと、皆でトランプを楽しんだ。

「ババ抜き」ではTラが一番に上がって、「よっしゃ!」とガッツポーズ。

負けたのは、母。

母曰く、「ババは、やっぱりババのところに来るのかねぇ」(笑)

                                                            

a0108328_20263604.jpg
                                                                   

今年も、皆元気で穏やかな日々を過ごせますように。
                                                

追記)母は、嵐の相葉クンの熱心なファンである。
少し前までは、「紅白はデタラメな歌ばかりだから(笑)もう見ない」と言っていたのに、相葉クンが司会だとわかると、「じゃぁ、見なきゃ」と張り切っていた。
で、途中ウツラウツラしながらも最後まで見たそうです。


[PR]

by masayama-chan | 2017-01-03 20:29 | Comments(4)