<   2017年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

ネコ   

次女とネコは、10日ほど我が家に滞在していたが、昨日帰っていった。

短い期間だが、ネコは我が家にすっかり慣れた模様。



a0108328_16342249.jpg


天敵?Tラが来ると、サッと納戸やクローゼットの奥に隠れてしまうが。

a0108328_16335144.jpg


夜遅く、玄関で娘の帰りを待つ。

 

a0108328_16333691.jpg


滞在中、娘は23日で旅行に出かけていた。

「今日は帰らないよ。もう寝ようね」と言い聞かせても、ネコに通じるはずもなく、いつまでも待っていた。

私は犬派だが、懐くとネコもかわいい。


[PR]

by masayama-chan | 2017-07-25 16:35 | Comments(0)

夏祭り   

土曜日(22日)は、Tラの通う保育園で「夏まつり」が開かれた。




粋な?ハッピ姿。

a0108328_16292399.jpg



炎天下、2つの神輿が、ワッショイワッショイと元気よく園庭を練り歩いた。

a0108328_16290761.jpg



保育園の隣にある介護施設の前で盆踊り。

楽しそう~、ではないわね(苦笑)

a0108328_16285075.jpg



今年は、最後の夏祭り。

思い出に残る夏祭りになっただろうか。

それにしても暑かった~。


[PR]

by masayama-chan | 2017-07-23 16:30 | Comments(0)

夏の庭   

暑い日が続く。

我が家の狭い庭は、真夏の光を受けギラギラと輝いている。

ギボウシ。

5月に、福島に住む友だちが苗を送ってくれた。
                                             

a0108328_13313619.jpg



出版記念に友だちが贈ってくれた鉢植えのバラを、夫が花壇に植えた。
花を次々に咲かせている。
                                            

a0108328_13312094.jpg


サンパラソルジャイアント
                                          

a0108328_13305715.jpg



満開のアデニウム
                                        

a0108328_13303837.jpg



こちらは、次女の愛猫。ただいま、我が家に里帰り中。

外をじっと眺めている。何を思うのか。

a0108328_13301525.jpg


昨日は、網戸を自分で開けて庭へ出てしまい、大慌て。

娘の留守中に何かあったら、大変だぁ~。

a0108328_13295871.jpg


[PR]

by masayama-chan | 2017-07-21 13:33 | Comments(0)

「劇場版ポケットモンスターキミにきめた!」   

おとといの海の日(17日)は、Tラと映画を観に行った。

タイトルは言うまでもない。

「劇場版ポケットモンスターキミにきめた!」

a0108328_15284910.jpg


娘は福岡へ出張中、この日はお婿さんも仕事のため、Tラは朝早くから我が家へやってきた。

前日の日曜日には、お婿さんと読売ランドへ行ったとか。

私には全く興味のない映画(失礼)だが、読売ランドよりはましか(笑)

「ポケモン」とは何か、概要を初めて知った。

固有名詞ではなく、ピカチューを始めとするさまざまな生物(キャラクター)の総称らしい。原点はゲームソフトだ。
                                             

この映画では、10歳の誕生日を迎えた少年サトシがポケモントレーナーの資格を得て、ピカチューをパートナーに旅に出る。

終盤の、ポケモン同士のバトルが見どころだ。
 
広い館内は親子連れでいっぱい。                                          

私の横にいた男の子は、リュックを背負って一人で観に来ていた。
小学3年生くらいかな。

画面にキャラクターが登場する度に、「あ、〇〇〇」とつぶやく。
すべてのキャラクターの名前を知っているようだ。

身を乗り出して食い入るように観る様子から、男の子のワクワク感が伝わってきて、なんだか微笑ましかった。

あと2、3年したら、Tラも一人で鑑賞できるだろうか。

映画館に連れてさえ行けば、一人で観ることはたぶんできるだろう。

私は私で自分の好きな映画を観るのだ。フフフ。
                                             


週末から、次女と一緒に里帰りしているネコ。

気配を全く感じさせないくらい、大人しい。

飼い主似かな。

a0108328_15283550.jpg


[PR]

by masayama-chan | 2017-07-19 15:30 | 映画三昧 | Comments(0)

送り火   

昨日(715日)の夕方、実家へ行って送り火を焚いた。

6時過ぎても、外はまだ明るい。

今年はあまりに暑いので、父も早くあの世に帰りたいかもしれない。
                                        

風は強くなかったけど、火は何度も消えた。

父は無事に帰れただろうか。

a0108328_15002583.jpg
                                                  


そのあと、実家の近くのイタリアンレストランで食事。

暑い中、外を歩くのは大変だろうと思って近場にしたのだが、母は「うなぎがよかった」なんて言う(苦笑)
                                               

そういえば、法事やお施餓鬼で浜松のお寺に行ったときは、いつも「うなぎ」を食べたね。

もう、そんな機会もないのかなぁ。


この日の飲み物は、ノンアルコールビールです(T_T)

             前菜

a0108328_14593037.jpg
a0108328_14584697.jpg

                   カルパッチョ
a0108328_14582326.jpg
  
a0108328_14580838.jpg


アンデス牛?
a0108328_14595632.jpg

a0108328_14574757.jpg


[PR]

by masayama-chan | 2017-07-16 15:07 | Comments(6)

迎え火   

お盆は8月のところが多いようだが、実家のお盆は7月だ。

東京に引っ越して半世紀経つのに、母はいまだにかつて住んでいた地(浜松)の方式にこだわっている。

途中で変えてはご先祖さまに申し訳ないと思っているのかもしれない。
                                            

ということで、今日(713日)は、実家へ行って迎え火を焚いた。

風が強くて心配だったけど、無事終えた。
                                                   

a0108328_20525852.jpg
                                                


塀はまだ壊れたままだけど、父の霊は迷わないで戻ってこられただろうか。

                                                                    


アデニウムが咲いた。

情熱的な花の別名は、「砂漠のバラ」
                                                              

a0108328_20524207.jpg


[PR]

by masayama-chan | 2017-07-13 20:53 | Comments(0)

隠れ家?   

昨日は、夫と次女と私の3人で外食をした。

お店は、調布駅にほど近い小さなビストロ。

「こんなところにお店があったんだ」と、ビックリするくらい分かりにくい場所にあった。

路地裏の隠れ家とでもいいましょうか。
                                                 

料理の写真はほとんど撮り忘れたが、前菜もメインの肉料理(牛の網焼き)も魚料理(サーモン)も、とても美味しかった。

いちじくとナチュラルチーズの組み合わせは、一口目は「ン?」。

でも、舌が慣れると「美味しい~」

アットホームな雰囲気で、また足を運びたくなるお店だった。
                                               

「誕生日だものね」と言うことで、ビールとワインを一杯ずつ飲みました~♪


a0108328_19442455.jpg
a0108328_19441076.jpg
a0108328_19435935.jpg
                                                 



次女からのプレゼントは、ファブリックミスト。

a0108328_19434893.jpg


[PR]

by masayama-chan | 2017-07-10 19:45 | Comments(2)

スマホケース   

長女からの誕生日プレゼントは、スマホのケース。

先日、スマホの機種を聞かれたけど、このためだったのね。
                                               

私のイニシャル「M」が刻まれている。

色合いはシックだけど、キラキラのリボンがかわいい。

ゴージャスな?ストラップは長女らしいけど、私には派手すぎないかしら?


a0108328_16505603.jpg
                                                      



裏。犬の模様が嬉しい。

a0108328_16504454.jpg
                                                  


長女は、スマホケースをしょっちゅう変えている。

それも、ふざけているというか、びっくりするような個性的なデザインばかり。

ちなみに次女は、「必要ない」とケースは使わない。

ささいなことでも、姉妹で違うのが面白い。

次女は、このプレゼントを目にしたら、何て言うだろう??


[PR]

by masayama-chan | 2017-07-09 16:53 | Comments(0)

誕生日、でした!   

昨日は、私の誕生日だった。

(ちっとも嬉しくはないけど)

夫からの、プレゼント。

ノンアルコールのワインとビール。

a0108328_21452990.jpg
                                                


去年までは、年代物のワインだったけど(寂)

夫も、今年は何にしようか、さぞ困ったことでしょう。

まぁ、年に3回くらいはお酒を飲んでもいいかなと、自分では勝手に思っている。

結婚記念日と、誕生日と、クリスマスかな(*^^*)


[PR]

by masayama-chan | 2017-07-07 21:45 | Comments(4)

「彼女に関する一ニ章」   

読書は私の数少ない趣味の一つだが、本はたいてい図書館から借りてきて読む。

近くの図書館が改修工事のためしばらく利用できなくなると聞いて、先日まとめて借りてきた。

工事中は返却もできないので、貸出期間も長い。


a0108328_20231377.jpg


一番面白かったのは、中島京子の「彼女に関する一ニ章」

50歳の主婦・宇藤聖子は、ふとしたきっかけで伊藤整の「女性に関する一ニ章」を読み始める。

60年前のナンバーワン、ベストセラーだ。

文豪の女性論に時々突っ込みを入れながら、聖子の日常が綴られていく。

派手なストーリーではないが、聖子のつぶやきには、いちいち共感してばかり。

最後の方に、ひときわ印象的なシーンがある。

聖子は、ひとり息子の彼女から妊娠した事実を告げられる。

学生の彼女は、「産めない。勉強も中途半端だし、結婚もしてないし、お金もないし、無理」と言う。

「無理、無理、無理、無理、ぜったい」と。

聖子は、「案ずるよりなんとかって、言うじゃない」と、一応説得を試みるも、反撃をくらう。

「将来、恨まれたりしないんですかね。こんな世の中になんで産んだんだ、みたいな。この世って、生まれてくるに値するんでしょうか

「ヘッ」

私には息子の彼女はいないが、もし娘に同じことを言われたら、「もちろん値します。産みなさい」って、果たして答えられるだろうか。

地球温暖化が進み日本は亜熱帯化しているし、原発のゴミはたまる一方だし、隣国からなにやら恐ろしいものが飛んでくるし、戦争ができる国になるかもしれないし。

「生まれてくる子供の未来は明るいから産みなさい」なんて無責任なことは、とても言えないなぁ。

話が脱線しましたが、伊藤整「女性に関する一ニ章」の最終章は、
この世は生きるに値するか

おっ、そこに着地させたかったわけですか。
根源的なテーマは、いつの時代も普遍だ。

読書は、やっぱり楽しい。


[PR]

by masayama-chan | 2017-07-06 20:23 | 本だな | Comments(0)