調布サウスゲートビル   

 調布駅の南側線路脇にできた、「サウスゲートビル」に今日始めて行った。
 薄いブルーの都会的なビルの一角に農協(JAマインズ)が入っていて、産直の野菜などを売っている。なんとも調布らしいなぁ(という私もJAマインズに野菜を買いに行ったんだけどね)

 調布駅付近は、今、立体交差化の工事が着々(たぶん)と進んでいる。
 2012年には、調布駅は地下になる。京王線柴崎駅から西調布駅付近までの2.8km、そして調布駅から京王多摩川駅あたりにかけての0.9kmが地下化される。開かずの踏み切りに泣かされることもなくなるだろう。

 そしたら、線路跡地は、どうなるんでしょうかね。花と緑がずっと続く、札幌の大通り公園のようになればいいのになぁ~。
 いずれにせよ、2012年には、調布駅付近の景色は大きく変わっていることでしょうね。
 その日が、楽しみでもあり、いったい自分は幾つになっているんだろうと思うと、なんだか恐ろしくもある。


        サウスゲートビルの手前は、工事中。
a0108328_22455082.jpg

[PR]

# by masayama-chan | 2008-01-11 22:48 | Comments(0)

半衿とイケメン   

 長襦袢に半衿を付けてもらおうと、呉服屋へ行った。割と最近できた店みたい。いつもは母に頼むのだけど、このところ腕が痛いとか言うので。

 恐る恐る(呉服屋はなんだか敷居が高い)ドアを開けて中へ入ると、な、なんと、まあ、イケメン揃い(といっても、二人だけなんだけど(^-^))
 若い方は、ちょっと見、小泉孝太郎。対応してくれた責任者らしき方は、渋~い二枚目。二人とも着物を実に粋に着こなしているんですぞ。

 半衿付けを頼んで帰ろうとすると、「よろしかったら、ご覧になっていかれませんか」と声をかけられた。「見るだけなら」と一瞬思ったが、アブナイ、アブナイ。こんな渋い二枚目に反物を肩にかけられて、「よく、お似合いですよ」なんて言われようものなら、危うく高い着物を買ってしまいそうだもの。

 帰りに実家へ寄って母にこの話をすると、
「半衿も付けられないなんて恥ずかしい」などと、憎たらしいことをいう。
「お店で半衿をつける講習会もやってるんだって。今度行ってみようかなぁ」と微力ながら応戦すると、
「よしなさいよ、人前で縫うなんて。左手でおぼつかないんだから。みっともないったらありゃしない」

 お、お、おかあさん、確かに私は左利きで、かなりの不器用者ですが、なにもそこまで言わなくたっていいじゃない(大泣)

 母は、あさって(12日)81歳になる。おかあさん、そんな憎まれ口を叩く位だから、100歳まで元気だよ、きっと♪
[PR]

# by masayama-chan | 2008-01-10 22:36 | Comments(10)

温泉と、凍傷と   

 久々に「深大寺温泉ゆかり」へ行った。
 正月休み明けのせいかしらね、いつになく空いてましたよ♪
 冬にしては暖かい木漏れ日の下、露天風呂にゆっくり浸かる。あ~あ~、極楽、極楽(^。^)y-.。o○

 ところで、温泉とは全然関係のない話なんだけど(というか真逆)、昨夜「NHKスペシャル」で伝説のクライマー夫婦の話を取り上げていた。
 著名な登山家であるご夫婦は、凍傷で手足の指を失っている。(確かね)妻が18本、夫が10本を。
 2、3年前に読んだ沢木耕太郎さんの「凍」を思い出した。そこに描かれていたのは、間違いなくこのご夫婦だ。
 本を読んだときは、すごくショックを受けたなぁ。凍傷で多くの指を失ったことではなく、事故を淡々と受け入れクライマーであり続けるご夫婦の生き方に。

 温泉に浸かりながら、昨夜見たテレビを、ぼんやり思い出していた。挑戦を続けるご夫婦に「なぜ?そこまで?」の問いかけと、「すごいなぁ」という感嘆を繰り返す。

 極楽露天風呂は、私をたまに「考える人」にさせる。これ、効用?

  空が青かった。               「ゆかり」の入り口
a0108328_20443340.jpga0108328_20444756.jpg
[PR]

# by masayama-chan | 2008-01-08 20:51 | Comments(2)

初対面ランチ♪   

 今日は、我が家の近くの中華料理店で、「としちゃん」とランチした♪
(「としちゃん」なんて気安く呼んでスミマセン。でも、ブログでは「としちゃん」と書かせていただきますね)

「としちゃん」のブログには、最近度々おじゃましているのだけど、会うのは初めて。かなり人見知りするタチなので、朝から緊張していた。ドキドキ。初対面の方とうまく話せるかなぁ~。

 でも、杞憂だったみたい。私が話しやすいように問いかけてくださる素敵な方で、楽しくお話できました♪

 今日のランチは、実は目的があったんですよ。それはね、今は書けないし、おいおい書くことができればいいのだけど。
 なんか、思わせぶりだよねぇ~。
[PR]

# by masayama-chan | 2008-01-07 22:03 | Comments(2)

着物のはなし   

 上の娘が、「2月の友だちの結婚式に着物を着たい」という。
「私が若いとき着た着物じゃどうかしらねぇ」と、久々にタンスの引き出しを開けてみた。

 同世代の人に比べて、私が持っている着物の数は、かなり少ないと思う。
 それでも、一度も袖を通してないものが何枚かあった。短くない人生で、着物を着た機会が、いったい何回あったかしら。

 一枚一枚手に取りながら、嫁ぐ娘のために揃えてくれた母に、なんだか「ありがとう」を言いたくなった。
 いまさらながらだけど、お母さん、ありがとね。

 ところでだけど、「振る、振られる」の言葉は、振袖に由来すると、知ってた?昔は、男性の求愛に女性が直接答えるのは、はしたないと言われ、振袖の長い袖を振ることで意思表示したんだとか。
 ちなみに、左右に振ると「好き」、前後に振ると「嫌い」
 結婚すると、留袖を着るでしょ。もう、袖を振っちゃいけません、ということなのよね。

a0108328_21552742.jpg

  娘にどうかなぁ~。派手?地味?















a0108328_21561596.jpg

コートの類は一度も着ていない。
左がみちゆき、右は雨コート
娘の嫁入り衣装として、そのまま持たせようか(そんな局面があればの話だけど)
身長差がかなりあるので、無理か。
[PR]

# by masayama-chan | 2008-01-06 22:02 | Comments(2)

北へ帰る~♪   

 今日は、仕事始め。私には、何ら関係なさそうだけど、そうでもない。
 7時前に、夫は出勤。帰省していた次女も午後の便で札幌へ帰って行った。
 こうして、普段の生活が、また始まる。

 北国へ向う娘を見送るのは、なかなかせつないもの。慣れるということはないみたい。とはいっても、春休み(2月下旬~)には、また帰ってくる(^.^)

 昨日の夜は、正月料理(というほどたいしたものでもないが)にも飽きて、夫と娘の三人で外へ食べに行った。
 目当ての店は閉まっていて、やむなく別の店へ。そこは、う~ん、イマイチだったかなぁ。料理がどうのというより、雰囲気が、なんか寒~い(~_~;)
 
 春休みに帰ってきたら、今度はお洒落なお店においしいものを食べにいこうね。(じゃなく、母親が料理の腕を振るえだよ。ガツン)

a0108328_235259.jpg

   生ハムのサラダ














a0108328_2354629.jpg

   一応、ステーキ














a0108328_2362831.jpg

   デザート
[PR]

# by masayama-chan | 2008-01-04 23:12 | Comments(2)

新年   

(2日の夜になってしまいましたが)明けまして、おめでとうございます。
 今年も、どうぞよろしく~♪

 今日は朝から「箱根駅伝」をダラダラ見て過ごした。まあ、お正月くらい、ダラダラしたっていいじゃない。(お正月だけでもないけどね(^_^;))

 5区、大とトップを争う早稲田の選手が野というのも、偶然の妙だよね。(野さん、俳優の伊原剛志に似てない?似てないか)
 往路優勝の栄冠は早稲田に。やったネ!早稲田とはなんの縁もないけど、なんか嬉しい。それは、たぶん、大方の予想を覆しての結果だったからなんだろうね。順当に勝つより、逆転の勝利の方が、見ている側には、はるかにドラマチックな感動を呼ぶもの。

 ドラマと言えば、ゴールまであと500mというところで棄権した順大の選手にも当てはまる。箱根駅伝の棄権が、どれほどくやしいものか、僭越ながら私にも少しはわかる。その背負うものの重さを思うと、せつない。でも、負けないで欲しい。

 夕方、いつものように犬の散歩に行った。犬の散歩には、盆も正月もない。暗くなった帰り道、通り過ぎようとした病院の2階に明かりが灯っていた。
 お正月も病室で過ごす人がいることを、しみじみ思った。そして、そこで働く人もいる。そういえば、娘も今日は仕事だなぁ。

a0108328_2154235.jpg


年末には、例の巨大なみかん(何だっけ?)が送られてきた。
[PR]

# by masayama-chan | 2008-01-02 21:58 | Comments(4)

今年最後の日   

 ついに、今年最後の日を迎えてしまった。
 おせち料理もテキトーに作ったし、正月準備完了!まあ、一番の正月準備は、おととい札幌から次女が帰ってきたことかな(^^♪
 
 嫌なニュースを聞かない日はない昨今だが、我が家に限っていうなら、今年は大きな出来事もなく、平穏な一年だった。
 平々凡々、といってしまえばそれまでだけど、何が起きてもおかしくない世代としては、健康かつ平穏無事に日々を過ごせたことに、感謝しようではないの。

 ブログ開設(8月)は私にとってはニュースかな?読んでくださった皆さま、本当にありがとう。そして、来年もよろしくね~♪
 それでは皆さま、どうか、よいお年を……。

a0108328_15164421.jpg

 古い(12年前)の干支の置き物を、門の上に置いてみた。
 小さなネズミが かわいいでしょ?











a0108328_15173067.jpg

 実家の庭に群生?している千両をちょっと失敬してきた(タダ)
 こうやってみると、我が家の玄関はずいぶんゴチャゴチャしてるなぁ~。
[PR]

# by masayama-chan | 2007-12-31 15:35 | Comments(8)

備前焼の干支   

 昨日で、大掃除らしきことは終了~♪
 私の手の届く範囲では一応キレイにしたつもり。けど、高いところは知らん。まあ、いいか(^_^;)

 ところで、毎年暮れになると、「備前焼の干支」が、作家(?陶芸家?)から送られてくる。いつからだろう。もう、とっくに一周(12回)した。

 それほど安いものではないと知ってからは、一年のお役目を終えても、とりあえず大事にとってある。
 その前はというと、捨てるのもなんだし、じゃまだし、というわけで外(敷地内)に出して置いた。(放置ともいう)

 長い歳月を雨風に打たれ夏の日差しを浴び、すっかり汚れた動物?たち。たまに倒されて、体が少々欠けようとも、健気に座り続けている。

a0108328_21275096.jpg


 来年の干支、ねずみ













a0108328_21285976.jpg




 今年の干支、いのしし(玄関に飾ってある)










a0108328_21312382.jpg




 外に置いてある干支、手前から、うさぎ、ねずみ、いのしし、うし?
 つけもの石代わりに、いらない?
[PR]

# by masayama-chan | 2007-12-28 21:42 | Comments(2)

「毒蝮三太夫」が、やってきた!   

 昨日、近所のスーパー(○エツ)へ行ったところ、入り口付近で若い女性に、
「もうすぐ始まりますから、どうぞ」
と、声をかけられた。
「エッ、何なの?」と、黒山の人だかりに近づくと、なんと、あの「毒蝮三太夫」がやってきた!

 TBSラジオ「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」の公開生放送なのでした。

 蝮さんを囲む人の輪。「きのうはイブだったけど、何食べたの?」と次から次へと客にマイクを向ける。どんな答えが返ろうと、即座に笑いをとる突っ込み。さすがですね~。
 その口の悪さは、ひとつ間違えば、セクハラ、人権侵害と言われてもおかしくないのに、周りを笑いの渦に包み込んじゃうのは、暖かそうなキャラのせいでしょうか。実のところ、みな彼の毒舌を聞きたがっているんだよね。

 こうしたイベントに集まるのは、おばさん(&超おばさん)が多いとフツー思うでしょ。ところが、意外にもおじさん(&超おじさん)が多かった。おばさんは、この暮れの忙しいときに、それどころじゃないか。
 かくいう私も、さわりだけ聞いて、さっさと買いを済ませて帰ってきた一人。だって、昨日は「年賀状を書く日」だったんだもの。

 a0108328_18103382.jpg

 毒蝮さんは、テレビで拝見する、「毒蝮三太夫そのまんま」でしたよ~(^^♪








a0108328_18105216.jpg 

おじさんが多いでしょ?この輪の中に入るのは、勇気が要ります。
[PR]

# by masayama-chan | 2007-12-26 22:10 | Comments(4)