人気ブログランキング |

惨状!!   

朝起きて階下に降りていくと、先に起きていた夫が和室を指さして、
「大変なことになっている」と言うではないか。
和室に寝ているのは、愛犬チェリー。一昨日から元気がなくて心配していた。

「まさか!」と、心臓が大きく波打つ。
恐る恐る襖をあけると、おぉ、なんという悪臭!何という悲劇的な惨状!
チェリーの檜の小屋が、大量の汚物にまみれていた。それも固形物ならともかく、嘔吐と下痢。汚物が流れてきそう。衝撃的な現場だ。
汚物の上を歩き回るものだから、チェリー本人も糞尿まみれ。おぉ、神さま~。

途方にくれていると、出勤前の娘が、「私、洗うから」とチェリーを抱き上げて浴室に連れて行った。
その間に、小屋を急いで掃除。敷いていたシーツも毛布も全部捨てた。雑巾を何枚も使って小屋の中を幾度も拭いたけど、臭いはなかなか取れない。檜にすっかり沁み込んでしまったみたいだ。

チェリーの症状はまだ落ち着かない。来週には14歳を迎える愛犬に、今後このような事態が増えていくのだろうか。
暗い気持ちに陥りそうになったとき、「親の介護の予行演習だと思えば」と、娘が笑って言う。
その言葉を、そのまま娘に返そう(苦笑)


チェリーを診察する娘。
a0108328_22374624.jpg

by masayama-chan | 2013-12-13 22:41 | Comments(4)

Commented by 紅蓮 at 2013-12-14 16:42 x
たいへんでしたね。
でも、やさしい家族に囲まれて、チェリーはしあわせですね。
実は昨日、姉の家で17年間飼っていたワンコが死にました。最後はおむつ(姉の孫の)をあてて暮らしていたそうです。
朝早く電話があって、ビックリしました。姉のお腹の上に頭をのせて一晩眠ったそうです。
Commented by 紅蓮さんへ(マサ) at 2013-12-15 10:07 x
17歳ですか。思い出がいっぱいですね。しばらくは何をみても思い出してつらいでしょうね。
でも、最期はお姉さまの(お腹の)温かさに包まれて旅立ったのだから、しあわせな犬生であったことでしょう。

チェリーは病院で処方された下痢止めと抗生剤が効いたのか、今度は便秘になってしまいました。
それはそれで心配です。

今日はN子が夜勤なので、これからTラがきます。
チェリーが大変なときでなくてよかったわ。
Commented by としちゃん at 2013-12-15 13:59 x
チェリーちゃん、大変でしたね。
でもお嬢様のような専門家が身近にいてよかったわね。

人間も年をとるけれど、ペットも年をとる。
建築物も機械も備品も年をとる、ということをつくづく痛感します。
Tラちゃんがどんどん発達していくのを見守って援助しているのだから、マサさんは幸せよ。
Commented by としちゃんへ(マサ) at 2013-12-15 22:48 x
今日は娘が夜勤のため、朝からTラを預かっていました。
お昼寝をほとんどしなかったのに、夜もなかなか寝ようとせず先ほどやっと眠りにつきました。ヤレヤレです。

チェリーは、ペットフード以外はサツマイモとリンゴしか与えていないのに、なぜお腹を壊したのでしょう。
娘は、「ストレスに起因することもある。Tラストレスでは?」と言っています。
でも、娘がいてくれて心強いのは確かですね。

<< ホームパーティー 「愛に乱暴」 >>