人気ブログランキング |

納骨   

昨日、浜松の菩提寺から持ってきた父の遺骨を納骨堂に納めた。
菩提寺の住職が、「お父さまの骨壺は大きいから納骨壇に入るかしらん」と心配してくださったが、ちゃんと納まった。

a0108328_16326100.jpg



納骨法要には、叔父(父の末弟)一家も来てくれた。
終わった後は、会食。
法事のお料理にしては、まぁまぁ美味しかった。

a0108328_16322531.jpg


念願だったお墓の引っ越しを終えて、母は心底ほっとした様子だ。
安心しすぎて気が抜けちゃわないか、ちょっと心配ではある。

by masayama-chan | 2016-06-27 16:34 | Comments(2)

Commented by 紅蓮 at 2016-07-05 08:42 x
一段落して、お母様はほっとなさったでしょうね。我が家も夫の方は、義姉たちも共有することになり、いろいろ墓石などかえたりしています。あとは、私の実家の方ですね。まだ時間はあるので、おいおい考えていきます。これからお墓問題は、少子化でますますやっかいになっていくでしょうね。
Commented by masayama-chan at 2016-07-05 22:31
紅蓮さんへ(マサ)

母は、心底ほっとしたようでしたね。
いずれお墓を守るものがいなくなることを心配していましたから。遠方にお墓があることで子供たちに負担をかけていることも気にしていました。
私も一段落ついてほっとしていますが、浜松に行く機会がなくなったのがちょっと寂しいです。

<< 「クリーピー 偽りの隣人」 じゃがいも堀り >>