荻原浩さん   

今月は講演会づいている。

というのも、毎年2月は、生涯学習の一環として市の文化会館でたくさんの講演会が開催される。「樟まつり」という文芸月間である。

(ということを、今回初めて知ったのだが、今年でなんと46回目だそうだ)
                                             
                                        

今週・火曜日は、作家・荻原浩さんの講演を聞いた。
  

a0108328_20063764.jpg
                                        


萩原さんは、一昨年、「海の見える理髪店」で第155回直木賞を受賞した。

それまでにも心に残る素敵な作品をいっぱい書かれていて、授賞のニュースに「いまさら?」と思ったほど。
                                             

荻原さんは、想像どおりの方だった。

穏やかで、ちょっと楽しくて、サービス精神旺盛で、周りを和ませる、作風そのままの癒し系。

話もとてもお上手でした~♪
                                           

荻原さんは、小説に「嘘」は書きたくないという。

えッ?小説はフィクションでしょ?

どういうこと?
                                        

例えばだが、「高原を歩いていると、柵の中に牛が何頭かいた。胸いっぱいに息を吸い込むと、夏草の香りがした」

という文章があったとする。
                                        

「これ、嘘だろう」と荻原さんは言う。

まず鼻につくのは、牛のフンの臭いではないかと。

頭の中だけで文章を紡ぐのではなく、五感を働かせることが大事なのだと。
                                                 

登場人物の名前にも、リアルさを求めるため、名前辞典を手元に置いている。
これには大正元年からの名前ランキングが載っている。

昭和の初めに生まれた女性には、意外と「子」のつく名前が多いそうだ。

知らないと、「カヨ」とか「チヨ」とか付けちゃいそうだよね。
                                             

小さなリアルを積み重ねて、大きな虚構を構築する。

小説とは、そういうものなのかなぁ~。

などなど、ここには書ききれないけれど、いい話がいっぱい聞けました~♪

 

質疑応答の時間。

ぶしつけな印税の質問にもフランクに答えてくれる、気取らない方だった。

写真撮影もOKだったしね。
                                                                         

a0108328_20062118.jpg



PS)

昼間、「フィギュア女子シングルフリー」をLIVEでみた。

宮原知子の演技が終わった瞬間、胸がいっぱいになって涙が出た。

なぜかなぁ~。感動かしら?

誰よりも、優雅で繊細で美しかった。

彼女の恥じらうような控え目な佇まいが、とても好き。

私の中では、宮原が金メダル!!


[PR]

by masayama-chan | 2018-02-23 20:07 | Comments(0)

<< 梅見(度々ですが) 高橋順子さん、「夫・車谷長吉」を語る >>