「運命は踊る」   

昨日は、新宿武蔵野館で「運命は踊る」を観た。(このところ新宿武蔵野館ばっかりだ)

a0108328_15571890.jpg



テルアビブに暮らすミハエルとダフナ夫妻。

ある日、軍の役人がやってきて、夫妻に息子ヨナタンの戦死を知らせる。

ショックのあまり気を失うダフナ。必死に冷静さを装うミハエル。

感情をかみ殺し耐えるミハエルの姿が、痛々しく切迫感に溢れ息苦しいほど。

だが、しばらくして、戦死は誤報だったと分かる。

安堵するダフナとは対照的に、軍の役人の対応に怒りを爆発させるミハエル。

ヨナタンをすぐに帰還させるよう要求するのだった。


一方、息子ヨナタンが任務につく検問所。

ラクダがのんびりと歩き、戦場とは思えないのどかさだ。

ある日、若者たちが乗った車がやって来る。

いつもと変わらぬ取り調べのはずだった……。


ヨナタンを呼び戻すよう要求したミハエルの行動は、理解できる。

愛する息子を危険な場所にもはや置いておけないと思うのは、一度は戦死を告げられた親にしてみれば当然のことではないだろうか。

でも、それが逆に悲劇を呼んだ。


原題は、「フォックストロット」

ダンスのステップのこと。

「前へ前へ、右へ、ストップ。後ろへ後ろへ、左へ、ストップ」

ダンスのステップを踏めば、必ず元の場所に戻ってくる。

踏み出しても、結局スタート地点に戻ってしまうということか。

逃げても、運命からは逃れられないということか。

不条理劇を観ているよう。重い映画だった。



  新宿武蔵野館

a0108328_14421643.jpg


[PR]

by masayama-chan | 2018-10-05 15:58 | 映画三昧 | Comments(4)

Commented by チヒロ at 2018-10-08 13:29 x
マサさん、今、喫茶店で読売拝見しましたよ🙋❤️
おめでとうございます🙆
さすがです🎵 しかも、なっちゃんこと夏井いつき先生の俳句談義!実は、妹が夏井先生主宰のグループで俳句やっており、私もしょっちゅう妹の俳句、先生の評価など読ませてもらっています🙆

マサさんも、俳句いかがですか?きっと、良い句ができますよ🙋❤️
Commented by masayama-chan at 2018-10-08 20:46
チヒロさんへ(マサ)

まぁチヒロさん、あの小さな欄の投稿に気づいてくださるとは、ありがとうございます。
妹さん、夏井先生主宰のグループで俳句やってらっしゃるんですか。
その句をよく読んでいらっしゃるわけだから、チヒロさんの目はだいぶ肥えていることでしょうね。
俳句は、簡単にできても、うまく詠むのは難しいですね。
私は、たぶん才能ないと思います(^^;
Commented by クレオの母 at 2018-10-09 09:05 x
今日のような陽気の朝、窓を開けて、深呼吸をし、その日の予定の場所へ出掛け、楽しく時間を過ごしていると、あっと言う間に日が暮れて、帰り道横切る公園はイチョウの絨毯。漂って来る風に、銀杏の気配。
1日がこうして終わっていきます。

重たい映画も、季節が秋だと、受け入れてしまいますね。

次はどんな映画を鑑賞されるのかしらと、思い描いている、一ファンです。
Commented by masayama-chan at 2018-10-09 20:06
クレオの母さんへ(マサ)

イチョウは、東京都のシンボルマークです。
シンプルなマークは、あちこちで見かけますね。
紅葉するとキレイですが、どうもあの臭いが……。

実は、今日も新宿で映画を観てきたんです(^^;
期待ほどではありませんでした。

<< 放送塔 体育祭 >>