人気ブログランキング |

「12か月の未来図」   

昨日、大手町のY新聞社へ講演を聞きに出かけた。

その帰り、神保町の「岩波ホール」で映画を観た。

上映中の作品は、「12か月の未来図」

心温まる、とてもいい映画だった。

a0108328_20040941.jpg


主人公のフランソワ・フーコーは、パリの名門高校で国語を教えるベテラン教師。

一年の任期でパリ郊外の教育困難中学へ赴任することとなった。

これまで難関校のエリートたちを相手にしていたフーコーだが一転、移民、貧困、学力低下といった問題を抱える生徒たちと向き合うこととなる。

騒々しく、反抗的で、学ぶ意欲などない生徒。

「クラスの半分は役立たずだ」と、教育への熱意を失っている同僚教師。

問題を起こした生徒を退学処分に追いやる学校(中学校なのに!)

だが、フーコー先生は生徒と真剣に向き合い、見限らない、あきらめない。

望んで赴任したわけではないが、学ぶ価値のない生徒など、どこにもいないのだ。

フーコー先生の授業を受けるうち、生徒たちも少しづつ変わり始める。

たぶん彼らは知ったのだ。学ぶことは楽しいことだと。

ラスト、問題児だった生徒セドゥの言葉に、胸が熱くなった。


既視感があった。

高校生のころに観た「いつも心に太陽を」を思い出した。

荒れた高校に赴任した青年教師の話だった。

教師役は、若き日のシドニー・ポワチエ。

当時仲のよかった友だちが彼の大ファンで、階段を一段置きに駆け降りる姿が素敵だと熱く語っていたっけ。

彼女は今どうしているだろう。

話がそれましたね(;^ω^)


エンドロールには、懐かしい曲が流れた。

メリー・ホプキンの「悲しき天使」

哀愁を帯びた曲調が、余韻を深めた。



地下鉄の改札を出て、岩波ホールへ向かう途中の階段。
階段を上がるとき、ちょっとワクワクしますね。

a0108328_20035900.jpg


by masayama-chan | 2019-05-09 20:04 | 映画三昧 | Comments(6)

Commented by チヒロ at 2019-05-10 11:13 x
マサさんも、この映画ご覧になったのですね!
さすがに、マサさんの解説は素晴らしいです💛
シドニー・ポワチエの映画も同様な内容なのですね、多分私は映画そのものは見ていないと思います。(その昔、話題になったのでおぼろげながら知ってはいますが・・)

確かに、映画館は地下鉄から直結で、この石垣みたいな階段が面白いですよね~。

私は、この主人公のファッション(?)が結構好きでしたね。堅い服装ではありますが、セーターの赤い色とか、紺のシャツとかも、(さすがはパリジャン)とか勝手に思って楽しんでました。それに、ビクトル・ユゴーのことが結構良く出てきて、フランス人の誇りなのだろうな(っていうか、原作者のオマージュ?)と思ってみていました。

マサさんと同じ映画見られて嬉しいです!
Commented by masayama-chan at 2019-05-10 21:35
チヒロさんへ(マサ)

まぁ、彼のファッション、イケていたのですね。
私は、服にはちっとも目がいきませんでした。
でも、言われてみればそうかも。固すぎず、砕けすぎず、さりげなくおしゃれだったかも。
同僚の女性教師とはお互い淡い好意を抱きながら、それ以上に発展することもなく、そこがまたフランス映画っぽくてよかったですね。
観終わって、貧困等による教育格差は日本も他人事ではないなぁとも思いました。

とてもいい映画なのに、観客は10人くらい。
もっとたくさんの人に見てほしいなぁ~。

そういえば、連休中、Tラと夫と3人でコナンを観にいったのですが、途中で3人とも爆睡(^^;)
でも寝ていた場面はそれぞれ違うので、3人の記憶を繋ぎ合わせればストーリーは完成するのではと思われます(;^ω^)


外国人労働者が増える



Commented by チヒロ at 2019-05-10 23:06 x
あはは、コナンの方は、皆さん爆睡でしたか😆
でも、映画見ながら寝るのって、けっこう気持ちいいですよね☺️

岩波ホール、お客さんがそんなに少なかったのですか❕それは少なすぎますよね!
私の時はかなり入っていましたよ。連休中のせいかもしれません。あ、でも、観客のほとんどはシニアだったので、連休とか、あまり関係ないですよね😅
Commented by クレオの母 at 2019-05-11 17:40 x
同じ映画をご覧のお二人のお話を伺えて、ラッキーでした。
あら筋からファッションまで、興味深く味わえました。
ありがとうございます。

コナンは、人気の映画のようですね。
私は、テレビのコナンの大ファンです。
そう、土曜日、今日です(•ө•)♡

Commented by masayama-chan at 2019-05-11 21:00
チヒロさんへ(マサ)

そういえば、何年か前、岩波ホールで「家族の灯り」という映画を観たんです。
ジャンヌ・モローとクラウディア・カルディナーレが出演していて、どうしても観たかった。
でも、始まって10分もしないうちに眠りに落ちて、気づいたらエンドロールが流れていました。
あとにも先にも、映画館であんなに寝たのは初めてです(^^;)
でも、映画館で寝るのってほんとに気持ちいいですよね。

コナンはお昼を食べて行ったのが敗因だと思うの。
皆、お腹いっぱいでしたもの(^^)

Commented by masayama-chan at 2019-05-11 21:08
クレオの母さんへ(マサ)

コナンは子供連れだけでなく、若者の姿も目立ちました。
小さな子には、ストーリーがちょっと難しいですよね。
私は見慣れていないので、登場人物がよく判別できず、よって話の内容もイマイチ理解できずでした。というか、寝てたから当然か(;^ω^)
クレオの母さんなら、きっと楽しめたことでしょう。

<< 母の日 連休中の神代植物公園 >>