人気ブログランキング |

言わないことの大切さ   

昨年の春からNHK学園の通信講座で、短歌を受講している。

今日送られてきた季刊誌「短歌春秋」に私の歌が載った。

といっても秀作だからではなく、紙上添削の例題として載ったのである。


a0108328_21150219.jpg


a0108328_21145307.jpg



紙上添削の講師は、「言わないことの大切さ」を指摘する。

「作者が感じたこと、思ったことをそのまま言ってしまうと、一首に膨らみがなくなってしまう。読者に想像を働かせる余地がなくなってしまう」

つまり、「言わないことで読者の想像を膨らませる」と説く。

「読者の種々の読みの中で、どれが作者の意図したとおりの答えか、といったことにはほとんど意味がありません。多くの解釈、鑑賞を許容する幅の広さを持った歌こそ、いい短歌ではないのでしょうか」

気持ちをストレートに詠むのではなく、一歩手前で引く。

う~ん、難しい。


そういえば、一番上の評価「A゜」(5段階評価の5)を、先日初めてもらえた。

小笠原旅行を詠ったものだ。

幾つになっても、「5」の評価は嬉しいものよ~~


by masayama-chan | 2019-07-06 21:15 | Comments(4)

Commented by としちゃん at 2019-07-08 07:58 x
短歌の通信教育を受けていることは、前にもブログで拝見していましたが、ずっと続けていらっしゃるのですね。
添削例に掲載していただいて、良かったですね。
【不思議だ】と思ったままを歌に入れてはいけないのですか。
ふーむ、なかなか難しいですね。
「言う」というように、現実だけを表現したほうがよいのね。
でも、短歌の影響で、マサさんの文も、どんどん研ぎ澄まされていくようですね。
短歌は私にはまったく無理な世界です。
Commented by masayama-chan at 2019-07-08 16:56
としちゃんへ(マサ)

としちゃん、私は短歌のセンスは全くないので学んでもたいして上達はしないと思うけど、提出した歌が添削されて戻ってきたときは、どんな評価がされたかドキドキして、それが楽しみでもあります。

不思議に思ったので不思議とストレートに詠んでしまいましたが、×でしたね。
一歩手前で引くのは、ホントに難しい。奥が深くて悩ましいです。
Commented by クレオの母 at 2019-07-08 20:56 x
お母様との日常を詠まれた歌、しみじみと感じるものがありました。

日曜日、朝、6時からのNHK教育、短歌、ラジオ体操、俳句、私のルーティンです。
人の作品を鑑賞させて頂くのと自分で詠むのとは、全く別で、私も時々書き留めてはみるのですが、、、😅難しいです(?_?)
Commented by masayama-chan at 2019-07-09 21:13
クレオの母さんへ(マサ)

まぁ、クレオの母さん、早起きですこと。
私は、日曜日は「サンデーモーニング」のころ、のそのそ起きだします。
グズグズしていると、あっという間にお昼になってしまいます(^^;)

確かに、鑑賞するのと自ら詠むのとは、別問題ですよね。
私は、短歌の才能は全くなく上達する見込みもありませんが、読売花壇に載るのが密かな夢です。たいそうな夢ですが(;^ω^)
クレオの母さんも、短歌や俳句を楽しんでくださいませ。

<< 合同お誕生日会 「泣くな赤鬼」 >>